オリンパスM.ZUIKO DIGITAL 9-18mm F4-5.6は他に並ぶものの無い携帯性

dpreviewにオリンパスM.ZUIKO DIGITAL 9-18mm F4-5.6のレビューが掲載されています。

Olympus M ZD 9-18mm F4-5.6 lens review

  • 解像力は中央は概ねとても高いが、四隅は開放では甘い。しかし、甘い範囲は極めて小さいので、実写ではほとんど問題にならないだろう。1段絞れば、四隅の甘さはなくなり極めてシャープになる
  • 倍率色収差は極めて大きく、広角側では周辺部で強い赤/シアンの色ズレが見られる。色収差は絞っても大きくは変わらない
  • 歪曲はソフトウェアで補正されているが、それでも9mmで1.4%と少し大き目の値(※補正前のデータでは4.7%のタル型)。これは、実写でもしかすると目に付くかもしれないが、14mmまでズームすれば、ほとんど解消する
  • 逆光耐性は良好で、フードなしでも時々フレアが見られる程度。問題になるのは、強い光源が正面に入っているか、斜めから前玉を直撃する場合のみ
  • 顕著な周辺光量落ちはない。ボケ味は特に魅力的とは言えない。AFは静かで速く、動画撮影時にAF音でサウンドが損なわれない。鏡筒の作りはしっかりしているが、特別によくはない。
  • フォーサーズ用の9-18mmと比べると、差はほとんどなく、ほとんど同じような性能
  • 9-18mmは魅力的な小さなレンズで、いつでも持ち歩くことができる。箱型スタイルのマイクロフォーサーズボディと素晴らしくよくマッチし、他に並ぶものの無い携帯性を得られる。風景と旅行用のレンズとしてとりわけ魅力的だ

 

超広角ズームで重さ155g・全長49.5mmというのは、驚異的な携帯性ですね。解像力はそれほど高くはないですが、必要十分な性能だと思います。色収差が大きいのがウィークポイントですが、この大きさ・重さを考えると、多少の欠点などは吹き飛んでしまいますね。

2010年4月16日 | コメント(4)

コメント(4)

4/3, u4/3といえば小型・軽量機ですが、メーカのうたい文句は、もっぱらボディに関してですよね。

でも、センサーサイズが小さいとボディよりもレンズの小型化・軽量化に貢献度が大きいです。
35mmでこの画角のズームをつくるとなかなかの重さでしょう

とくに、動画が今後普及していく中でこれは大きい武器だと思います。

http://olympus-imaging.jp/product/dslr/mlens/9-18_40-56/sample/index.html

オリンパスのサイトでもサンプルが掲載されています。
指摘されている
>解像力は中央は概ねとても高いが、四隅は開放では甘い。
>倍率色収差は極めて大きく、広角側では周辺部で強い赤/シアンの色ズレが見られる。
この2点は、上記サイトの掲載サンプルでも確認可能かと。

私はパナの7-14を買ってしまいましたが
携帯性、フィルターがつけられる、値段などを
考えると、どうしても換算14㎜まで欲しいのでなければ
こちらのほうが良いかもしれませんね

Capture One 5 PROで倍率色収差は消せるから小型軽量の方が魅力的かな、俺にとっては。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2019年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 
2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2019年9月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

このブログ記事について

このページは、2010年4月16日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「キヤノンEF14-24mm F2.8Lが今年中に登場する?」です。

次のブログ記事は「ニコンが1600万画素機を含む3機種のデジタル一眼を計画中?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る