Zeiss Distagon T* 28mm F2は解像力は非常に高いが像面湾曲が目立つ

PhotozoneにツァイスのDistagon T* 28mm F2のフルサイズ機(5D Mark II)によるレビューが掲載されています。

Zeiss ZF (ZE) Distagon T* 28mm f/2 (on Canon EOS) - Lab Test / Review

  • 鏡筒は総金属性で素晴らしいクオリティ。フォーカスリングの感触は格別に良好。リアフォーカスを採用していて前玉は回転しないが、近接撮影時にはレンズが伸びる
  • 歪曲は1.8%の穏やかなタル型
  • 周辺光量落ちは、F2で2.4EVで極めて大きく、大部分のシーンで目に付くだろう。F2.8まで絞っても1.6EVで周辺光量落ちはまだ目立つが、F4以上ではそれほど深刻ではなくなる
  • 中央の解像力は開放から素晴らしい値。周辺部と四隅は開放でとても良い(very good)のレベルだが、この絞り値では像面湾曲の影響が大きい。F5.6まで絞ると、画面全域で最高(excellent)レベルの解像力に達する
  • 倍率色収差は、1ピクセル前後の比較的低い値。ピクセル等倍では色収差が見えるかもしれないが、プリントでは問題ない
  • T* 25mm F2.8は関心しない性能だったが、T* 28mm F2は25mmと異なって良好なクオリティだ。T* 35mmと比べても若干優れている。解像力は開放から非常に高いが、F2~F2.8では像面湾曲の影響で場面によっては周辺部がピンぼけになるかもしれない。開放付近での周辺光量落ちは大きな欠点。高価なレンズだが、価格相応のレベルの性能だ

 

光学性能は5点満点で3.5点で、まずまずの評価となっています。解像力は大口径の広角レンズとしては驚くほど高いですが、像面の湾曲が大きいのが玉にキズのようです。また、周辺光量落ちが非常に大きいのは、他のDistagonと共通のウィークポイントですね。

2010年4月14日 | コメント(0)


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2019年
1月 2月 3月 
2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2019年3月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

このブログ記事について

このページは、2010年4月14日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ソニーのミラーレス機は4月18日に発表される?」です。

次のブログ記事は「キヤノンからEOS 60D、1Ds Mark IV、5本の交換レンズが発表される?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る