Zeiss Distagon T* 25mm F2.8は周辺部の解像力が低く推薦できないレンズ

Photozoneにツァイス Distagon T* 25mm F2.8のフルサイズ機(EOS 5D Mark II)によるレビューが掲載されています。

Zeiss ZF Distagon T* 25mm f/2.8 (on Canon EOS) - Lab Test / Review

  • 総金属性の鏡筒は見事な作り。フォーカスリングは並外れてよい感触だが、フォーカス時に鏡筒が伸びる
  • 歪曲は1.8%の穏やかなタル型で、このクラスの単焦点レンズとしては平均的
  • 周辺光量落ちは極めて大きく、開放で2.4EVで、ほとんどのシーンで目に付くだろう。F4まで絞っても周辺光量落ちは1.4EVでまだとても目立つ。しかし、F5.6以上に絞ればそれほど顕著ではなくなる。フルサイズでの周辺光量落ちは、ツァイスのZシリーズの弱点のようだ
  • 中央部の解像力はF2.8からF8まで素晴らしい性能だが、周辺部と四隅の解像力は絞りを開いているときはかなり甘い。F5.6まで絞ると周辺部も"よい(good)"のレベルになるが、F11まで絞らないとおおむね"とても良い(very good)"のレベルにはならない。これは、単焦点レンズとしては(解像力が上がるのが)とても遅く、解像力はそれほどよくない。このレンズの解像力にはがっかりした
  • 色収差は0.7ピクセル前後の低い値で、問題ない
  • APS-C機でのテストでは極めて良好な性能だったが、フルサイズでは関心しない性能だ。解像力はこのような高価な単焦点レンズとしては平均以下の性能で、絞りを開きぎみにした時の周辺部の画質は極めて悪い。残念ながら推薦できない

 

光学性能は5点満点で2点で、高価な単焦点レンズとしては驚くほど低い評価になっています。確かにMTFを見る限りでは周辺部の解像力はかなり低く、高価なレンズであることを考えるとこの評価もやむを得ないのかなという印象です。

先日、Photozoneのレビューが出たDistagon 35mm F2もそうでしたが、ZシリーズのDistagonはAPS-Cでは素晴らしい性能を発揮するものの、フルサイズでのレビューでは少々苦戦気味といった感じになっていますね。

2010年4月 8日 | コメント(3)

コメント(3)

このレンズは光学系の変更が予定されているらしいですが
それでどう変わるかすこし気になりますね

カリっと剃刀のように・・・といわれるツァイスにも欠点持ちのレンズがあるのですね。意外です。租が見えるようになったのも、画素数等のデジタル周りの進化によるものが大きいのでしょうね。

ところでunknownさんの仰るとおり、実際に外とかへ持ち出して撮るとどんな感じになるのでしょうかね。個人的には特にポートレートでの写りが気になります。高いレンズだけあってネット上のサンプルも少なく、また私自身も一生手にすることはないと思うので尚更気になります。

このレンズの醍醐味は近接撮影と遠近を利用した撮影にあり、パンフォーカスしたような全面カリっとといったような絵には向いていないかもしれませんね。

万人受けするというよりも、レンズの癖を楽しむ人向けで25mmは他のDistagonシリーズとはひと味違った楽しみ方が人気につながっているのではないでしょうか。

数値評価はレンズの性能尺度であって実写の味の評価とは異なると思います。
本来、レンズの癖をどう活かすか撮影者の感性と腕によるところであって、レンズ性能を数値データで写真を語る時代に少々残念でなりません。
デジタル化の弊害とでもいうべきでしょうか。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2019年
1月 2月 3月 4月 5月 
2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2019年5月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

このブログ記事について

このページは、2010年4月 8日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「シグマ17-70mm F2.8-4 OSは旧型よりも目に見えてシャープ」です。

次のブログ記事は「パナソニックのセンサーロードマップなど、いくつかの小ネタが掲載」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る