αマウントのレンズは順次改訂されるので今は買わないほうがいい?

Sony Alpha Rumorsにα700後継機や交換レンズに関するDavid Kilpatrick氏による噂話&予測が掲載されています。

David Kilpatrick "predictions"

  • αマウントの教祖的存在としてよく知られているDavid Kilpatric氏が、次のようないくつかの噂と予測を投稿している
     
    • 来年に(交換レンズが)改訂されることを確信しているので、現在のαマウントのレンズを買わないほうがいい
    • α7xx(α750?)は1080i の動画機能とNEX5/3とまったく同じセンサーを搭載するだろう。α7xxにはクイックAFライブビューは搭載されず、MFチェックライブビューにNEX5と同じコントラストAFが組み込まれる。光学ファインダーはα700と同程度で、ボディ内手ブレ補正が搭載されるだろう
    • 新型の16-80mmはSSMを搭載し、全体的な作りのクオリティが向上する。このレンズはNEX(+αアダプター)と完全な互換性を持つだろう
    • 11-18mmと18-200mmの2本のレンズも改訂される。11-18mmは10-24mm SAMに、18-250mmは18-270mm SAM OSSに置き換えられる。また、ソニーがタムロン(のラインナップ)に忠実なら、75-300mmもSSMとOSSを搭載した70-300mm F4-5.6に置き換えられるだろう。私は60mm F2マクロのソニー版も出ると思っている

 

どの程度の信憑性があるのかはわかりませんが、このような予測をされると、ソニーユーザーの方は交換レンズを買いにくくなりそうですね。これらの交換レンズの改訂は、コントラストAFや動画への対応が目的でしょうか。

それから、α700後継機のスペックに関してはいたってまともな予測(噂?)になっていて、この通りのスペックで発表されてもおかしくはないと思います。ただ、これだけだと少し物足りないので、何か一つくらい大きなサプライズがあるといいですね。

2010年5月24日 | コメント(10)

コメント(10)

 やっぱりαマウントは改良ですか~。予言の範囲ですが。

 でも、そこそこ出揃うのに時間が相当かかりますよね。それまで物欲と不意なお金が入ったら、我慢できないかも。

 新型の16-80mmSSMって、カール・ツァイス?

 αとEのコンパチブル・レンズって技術的に問題なく出来るのですか?

もしライブビュー時のAF性能がNEX5と同程度になるならば、α750?は一眼レフとしては最高性能のコントラストAFになるという事ではないでしょうか。
ライブビューは非常に高い頻度で使うので、もしそうだとすれば魅力的な選択肢になりますね。
ただ、光学ファインダーの方はα700並みだとすると、今のライバルと比較すると倍率、視野率ともに苦しいでしょう。この辺にもサプライズを期待します。

アンジェニュー28-70f2.6が使えなくなったら痛いな。

さっき、オークションで70-300SSM落札したのに・・・。

 ある意味、今年は我慢の年で、来年はウレシい悲鳴の年になるかもですね。

あれっ、α700後継機って、てっきりペリクルミラー搭載機になると思っていたのに・・・
コントラスト検出方式のAFじゃ、位相差検出に叶わないでしょう。
何より、ライブビューで撮影する時には、AFはNEXと同じになるのでは魅力がないと思うのですが。。。
デジタル一眼でも、ライブビューで撮影することは多いと思うので。

中級機はでない。ミラーレスはαレンズとの相性イマイチそしてここにきてレンズまでも・・・乗り換えようかな

家電屋さんだからでしょうかレンズもボディも中々ロードマップ出さないですね。

次々と機種は投入するけど現在のユーザーに魅力的なものより新規ユーザーの開拓ばかり。

今年いっぱい我慢して状況に変化がないようなら来年にはカメラメーカーの「システム」に乗り換えたいです。

ニコンやキヤノンがロードマップを発表しているのでしょうか? 家電屋のパナはレンズについて発表してますが。

http://www.dyxum.com/dforum/nex-cameras-announced-part2_topic62795_post702185.html#702185

SAM/SSMならE-αマウントアダプターでAFが動いたとの報告です。
期待しましょう。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年3月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

このブログ記事について

このページは、2010年5月24日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「シグマ85mm F1.4 EX DG HSMは6月末に発売される?」です。

次のブログ記事は「フォーサーズはハイエンドモデルが中心になり今後エントリーモデルは開発されない?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る