Voighlander NOKTON 58mm F1.4 SL II は絞ると実に素晴らしい画質

Photozoneにコシナから発売されているVoigtlander Nokton 58mm F1.4 SL II のフルサイズ機(5D Mark II)でのレビューが掲載されています。

Voigtlander Nokton 58mm f/1.4 SL II - Full Format Review / Test Report

  • 鏡筒の作りは素晴らしい。金属鏡筒のフォーカスリングはほどよく抵抗があって、使う喜びを感じる。フォーカシングで鏡筒は若干伸びるが、前玉は回転しない
  • 歪曲は0.7%のわずかなタル型で、実写ではたいていのケースで問題ない
  • 周辺光量落ちは、F1.4で2.3EVで非常に大きく目立つが、このクラスのレンズとしては悪くはない。周辺光量落ちを穏やかにするには、F2.8まで絞るべき
  • 中央部の解像力はF1.4からとても良い。周辺部もしっかりしているが四隅は比較的甘い(それほど悪くはない)。F2.8まで絞るとかなりよい結果になり、F5.6まで絞ると実に素晴らしい解像力(中央から四隅まですべてexcellent)になる
  • 倍率色収差は0.4ピクセル以下で、非常によく補正されている。軸上色収差はF1.4とF2では非常に目立つが、F2.8では不快ではなくなりF4で解消する
  • ボケ味は開放付近では前ボケは実にスムーズだが、後ボケはいくらか荒々しくなる。ハイライトのボケには独特の輪郭が見られる。これらの問題は絞ると改善し、F2.8ではボケはとても良好になる
  • 開放付近ではコントラストが低く周辺部が甘いが、絞ると実に素晴らしい画質になる。写真によりクラシカルなアプローチをしたいなら、このレンズを選ぶのは価値ある考えかもしれない

 

光学性能は5点満点で3.5点と比較的良好な点数になっています。味を重視したレンズのようなので解像力はそれほど期待できないかなと思っていましたが、絞るとフルサイズでも画面全域で最高レベルという驚きの解像力を示しています。

また、開放付近はかなりソフトな描写のようなので、一つのレンズで開放付近の味のある描写と絞ったときのシャープな描写の両方を味わえそうです。後ボケが少しうるさいのが多少残念な点でしょうか。

2010年5月20日 | コメント(1)

コメント(1)

お久し振りです.以前ペンタックスのビクター身売りの件でコメントした者です.
コシナは今秋,(NOKTON 58mmを含む)フォクトレンダーブランドの全レンズについて,KAマウントの生産を終了しました.
http://www.cosina.co.jp/seihin/voigt/v-lens/sl2/

関連して
「カールツァイス、ペンタックス用ZKマウントレンズを生産終了」
http://dc.watch.impress.co.jp/docs/news/20100924_396079.html
という記事がありました.

確かにペンタックスには趣味性の高い単焦点がそろっていますが,最近のはほとんどがDAレンズです.銀塩カメラを使われている方にとっては(新品)レンズの選択肢が狭まるわけで,寂しいニュースだと思います.
それでは失礼いたします.


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年9月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

このブログ記事について

このページは、2010年5月20日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「サードパーティーのアクセサリーの対応表にソニーα390が記載 [内容更新]」です。

次のブログ記事は「キヤノンが廉価な広角単焦点レンズを準備中?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る