パナソニックLumix G Vario 7-14mmは価格を許容できるなら素晴らしいレンズ

dpreviewにパナソニックLumix G Vario 7-14mm F4の詳細なレビューが掲載されています。

Panasonic Lumix G Vario 7-14mm F4 ASPH lens review

  • AFは無音に近く非常に速い。オリンパスで一番AFが速いM ZD9-18mm F4-5.6と比べても、(7-14mmのほうが)著しく速い
  • MFはAFモーターによって駆動されるフォーカスバイワイヤが採用されていて、感触のフィードバックがないことに少し困惑するが、幸いなことにこのレンズはそれほど頻繁にMFが必要となるようなレンズではない
  • 解像力は中央は素晴らしいが、周辺部にいくにつれて若干悪くなる。望遠側にズームしても解像力は良好に保たれるが、14mmでは明らかに解像力が落ちる。しかし、この14mmでさえ解像力は極めて良好だ
  • 色収差はパナソニックのボディでは自動的に補正されるが、テストに使ったオリンパスのボディでは本当の収差があらわになる。色収差はズーム全域で見られるが特に広角側で目立ち、グリーンとマゼンタの色ズレが見られる
  • 歪曲は自動補正されるので極めて小さい(補正前の状態では7mmで+3.4%の極めて大きいタル型)。我々のテストでは、驚いたことに糸巻き型の歪曲がズーム全域で見られ、最大となるのは14mmで-1.2%だった。このことは、(テストチャートが設置されている)近距離で歪曲を過剰に補正していることを示している
  • 逆光耐性は大きな前玉を持つレンズとしては極めて良好で、太陽を直接画面に入れてもフレアはそれほど目立たない。斜めからの光では画面全体にフレアでることがあるが、このようなケースに遭遇するのは稀だった
  • この価格を許容できるなら、コンパクトで高画質の素晴らしいレンズだ。他に選択肢がなければ遠慮なく推薦していたかもしれないが、今はオリンパスのM ZD9-18mmがより安価で提供されており素晴らしい選択肢だ

 

光学性能はとても優秀で、レンズの大きさや重さを考えると文句のない性能だと思います。高いと言われている価格もオリンパスの7-14mm(フォーサーズ用)と比べれば半額なので、考えようによっては安いかもしれません。

ただ、マイクロフォーサーズらしいコンパクトなシステムを構築したい場合は、より小型軽量のオリンパスM ZD9-18mmもとても魅力的ですね。フィルターが付けられるのも大きいですし。

2010年6月 1日 | コメント(7)

コメント(7)

デジタル補正無しでは歪曲収差も色収差もひどい、ということなので光学性能が優秀、というコメントは違和感があります。

マイクロフォーサーズは全体としてレンズの数はまだまだ少ないものの、こういった安価で使えるレンズがきっちり揃ってるのが強みですね
コンデジからのステップアップ等をターゲットに置きつつも、ハイアマチュアまでが納得出来るシステム展開という形が今のところ成功していると思うので、今後もがんばって欲しいものです

いずれは、小型で持ち歩きが容易なサンニッパとかも出てくるのでしょうか

収差補正をレンズだけ行うという時代は終わったみたいですね。ニコンキヤノンも収差補正をボディとレンズの合わせ技で補正をしていますし。そのような時代に、敢えて、レンズだけで評価をすることの方が違和感があります。

 強みと言えるのかは自信がありませんが、全ての4/3レンズでAFが可能と言う点もあります。AFスピードは、褒められたものではありませんが、安価な名玉ZD40−150等が使えます。

 ボディ内補正に関しては、
「補正無しで同程度の性能の製品作ったら、お値段は倍ですよ♪」と言われてしまえば、受け入れるしかありません。これが、デジタルカメラの世代と言う事なのでしょう。

M.ZD9-18mmは、さらに小型軽量安価だったりしますが…
沈胴式なので使用時には伸びますけども。

M.ZD9-18mmをPana機で使う場合には、ボディのファームアップを行わないと、AF速度、性能に難があることがあります。

 OLYMPUSの沈胴レンズ2本は、費用対効果の観点のみならず、携行性でも優秀です。「カメラバック」じゃない「バック」に入りますから。
 沈胴ギミックは、レンズ内手ブレ補正との相性が良くないのか、パナもソニーも採用していませんね。(コンデジでは、沈胴+レンズで手ブレ補正がありますが)
 正直、NEXのレンズが沈胴式だったら、レンズのサイズでもGF1越えをされて、ヤバい事になっていたんじゃないかと思っています。こちらは、見た目を気にしたのかもしれませんね。

 OLYMPUSのロードマップにも「魚眼」が記載されているので、どんなものが出てくるか、興味があります。

 確かに、厳密に言えば、「優秀な光学性能」ではありませんね。
 この場合、何と名前を付けるべきなのでしょう。
 「補正後は優秀な光学性能」とか?

 カメラ内補正のレンズは、補正の影響か、周辺部の描画性能が落ちる傾向にありますね。
 建築物や、漠然とした風景の撮影には不利ですが、その辺りは、キヤノンのフルサイズ機のテクニックが参考になるかも知れません。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年3月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

このブログ記事について

このページは、2010年6月 1日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ソニーNEX-5は全自動では快適だが、マニュアルではスムーズさに欠ける操作性」です。

次のブログ記事は「ニコンから夏に発表される新型機はFX機とDX機の二機種になる?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る