タムロンAF18-270mm F3.5-6.3 Di II VCはメカの作りとAFが弱点

LensTip.comにタムロンAF18-270mm F3.5-6.3 Di II VCのレビューが掲載されています。

Tamron AF 18-270 mm f/3.5-6.3 Di II VC LD Asph. (IF) MACRO - lens review

  • ズームリングには少し不満がある。ズームリングの感触は18-40mmではゆるく、40mmからは抵抗が強くなり、270mmでは再びゆるくなる。ズームがゆるい焦点域では、自重落下が見られる。フォーカスリングも幅は広いが、少々ゆるい
  • 手ブレ補正は、実測で何の問題もなく3段分の効果があり、時には3段分以上の効果がある。この結果は賞賛に値する
  • 中央部の解像力は驚くようなものではないが、万能レンズとしてはしっかりとした値。18-50mmではニコンの18-200mmに若干劣るが、100mmでは同等になり、200mmではニコンよりも少しよくなる。200mmは実用的だが、270mmは絞って使うか非常用として扱うべき
  • 周辺部の解像力は、開放付近ではニコンの18-200に遅れを取るが、広角側の焦点距離ではしっかりした値。50mm、100mm、200mmではニコンよりも良好な解像力。周辺部は全体的にニコンよりも良好。270mmは中央部と同様で非常用として扱ったほうがいい
  • 色収差は、ズーム中間域(50-100mm)では0.04%でニコン18-200より二回りほど小さいが、200mmでは0.11%で同等になる。270mmでは0.15%と色収差は非常に大きい
  • 歪曲はワイド端で-5.74%のタル型で褒められたものではない。歪曲はこのクラスではタムロン18-270VCが最も大きい
  • 周辺光量落ちはワイド端開放で38%(-1.4EV)で、ニコンやシグマのライバルとほぼ同じレベル。周辺光量落ちは、旧型のタムロン18-200mmよりも著しく悪くなっている
  • 複雑なレンズ構成にもかかわらず、このレンズは逆光には強く、フレア・ゴーストは発生しにくい
  • AFはノイズレスとは言えないが、気に障るような音ではない。AF速度はスケールによるテストでは2秒以上かかっており、良好な結果ではない。AFはチャートの位置は変えていないにもかかわらず、毎回ピント位置が異なるのが目視で確認できる。AFを外したのは16%で、AFはタムロンの最も弱い点の一つ。幸いにも後ピンや前ピンの傾向はなかった
  • 光学性能はズーム域や絞り値によってライバルよりも良い場合も悪い場合もある。望遠端はライバルに遅れを取っているが、広角側ではアドバンテージがある。手ブレ補正はタムロンの強みで、シグマよりも明らかに優れている。機械的な作りはよくはなく、この点ではライバルに明らかに負けており、AF性能に関しても同じことが言える

 

光学性能は高倍率ズームとしてはまずまずの評価ですが、機械的な作りと、AFの問題が指摘されているのが少々気になるところです。とはいえ、手ブレ補正の効果は抜群で、実売価格もこのクラスでは一番安いので、ライバルと比べると一長一短といった感じでしょうか。

2010年7月18日 | コメント(2)

コメント(2)

スレ違いだけど・・
タムロンさん、お願いだからA09に手ブレ補正を付けてくれ~!

1年半使っていますが、まさにレポートの指摘通りです。3代続けてTamronの高倍率を使用してきましたが、B003はAFが悲しくなるほど遅く不正確ですね。VCの効果が抜群なだけに惜しいです・・・ リニューアルの情報も出ていますが、EOS7Dとの組み合わせに、ひさしぶりにCanon純正レンズに回帰しようかと思っています。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2019年
1月 2月 3月 4月 5月 
2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2019年5月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

このブログ記事について

このページは、2010年7月18日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「富士フイルムが7月21日にFinePixの新モデルを発表?」です。

次のブログ記事は「キヤノンの新製品発表に関する噂が掲載」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る