キヤノンEOS 60D&EF16-50mm F4L ISの噂が掲載

Canon RumorsとNorthlight Imagesに、EOS 60Dと新しいEFレンズに関する噂が掲載されています。

60D Flip Screen Saga [CR2] (Canon Rumors)

  • 非常に良い情報源が60Dの発表が間近に迫っていると言っている
  • 60Dには可動式液晶モニタが採用されるということだ。今のところ、60Dのスペックに関する情報はこれだけだ

New lenses? the Rumours...  (Northlight Images)

  • EF16-50mm F4L H-ISのテストが行われているという情報を受け取った。このレンズはEF17-40mm F4Lを置き換えるもので、動画モードで効果的に機能するハイブリッドISが付き、16-35mm F2.8L II と比べてとてもシャープだと言われている

 

最近では、60Dの噂は何やらオオカミ少年状態になっていて、信じてよいものやら困ってしまいますが、今回の噂はいつもよりも信憑性が高いソースということなので、少しだけ期待してみたいと思います。

それから、以前にCanon Rumorsで噂が流れていたEF16-50mm F4Lですが、今度はNorthlight Imagesからも噂が流れてきました。この噂は希望的観測(?)のような気もしますが、もし事実だとしたらとても楽しみです。

2010年7月25日 | コメント(11)

コメント(11)

EOS60Dは、難しいですよね。
上位モデルの出来がよく、値段がこなれてきているし、下位モデルも発売から時間があまり経っていない。
値段も10万以内で、小型化・連射・動画+サプライズが要求される。
あり得ないけど、ボディ手振れ補正付なら即買い。画素数ダウンでも高評価。
CFでサプライズが可動液晶ならスルーします。

Kiss×4から7Dに至る路線の中間地点という60Dの立ち位置は、あまりにも狭いですね。60Dからは、異色路線を打ち出すしか手がないのでは?

二桁Dは今後動画メインの機種になるかもね(笑)
これなら7DやKissとの住み分けもできるだろうし

いっそ Kiss がミラーレスAPS-Cになったり… するわけないですね ^^ ;

7Dがかなり気に入ってるので、よほどコンパクトとかでないと物欲わかないです。

画素数ダウン(14M程度?)で高感度性能重視、AFは7Dと同じ、連写性能も7Dと同等、視野率98%、簡易防塵防滴、バリアングル液晶、GPS付きだったら売れると思う。

管理人さん、こんばんは。

いつもすばやい情報ありがとうございます。

そろそろというか、やっとというか少しでも信憑性のある
噂が出ただけでもいいかなと。
もう60Dには待たされて疲れてきましたよ(笑)。

こうなったら以前も似たようなことを書きましたが、
キスX4がキスX5になってもX6になっても追いつかないよう
にしておかないとと思います。

もう買う側は、あと1年たったらキスX4はX5になって・・・
って思うでしょうから。

X4は初心者むけのkissブランドとしては高機能すぎると思う。
KISS F後継をX5として、
X4と50Dの中間を60Dにしたらいいのでは?

メモリー容量のUPも期待します。128M+64M

60D待ちくたびれました。

X4と7Dの中間という立ち位置だけを気にしたモデルでは
魅力は薄いと思います。

個人的にはG11の時のような画素落しを期待します。
今までの噂のほとんどが18メガなので、
すでに諦めかけていますが。。

情報が少しリークし、極度の物欲で
毎晩眠れない日々を送りたいです。

いつも楽しく拝見させていただいています。
長らく10Dを使用してきましたが、だいぶへたれてきましたので60Dの発表を心待ちにしています。

以前の噂でAPS-H機のことがありましたので、60DがAPS-HでEF16-50mm F4L ISを標準レンズとして出すのかなと思いました。

しかし長年の二桁Dユーザーに配慮して、EF-sレンズも装着可能でクロップ機能も開発する必要がありますね。
私は10DなのでEF-sレンズは持っていませんが。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2019年
1月 2月 3月 4月 5月 
2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2019年5月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

このブログ記事について

このページは、2010年7月25日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「フォトキナまでに発表されるニコンの新製品に関する噂」です。

次のブログ記事は「ツァイス Planar T* 50mm F1.4はフルサイズでは周辺部の解像力がウィークポイント」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る