ソニー E 18-55mm F3.5-5.6 (NEX用)はしっかりとした性能のキットレンズ

Photozoneに、ソニーのE 18-55mm F3.5-5.6 (NEX用)のレビューが掲載されています。

Sony E 18-55mm f/3.5-5.6 (Sony NEX) - Review / Lens Test Report

  • キットズームは安価なプラスチック製で作りが悪いレンズが多いが、このレンズは例外で、マグネシウム合金による鏡筒はしっかりとした作り。このタイプのレンズとしてはズーミングによる繰り出しは大きい。前玉は回転しないので偏光フィルターの使用は容易
  • AFは基本的にノイズレスで、AF性能は極めて良好。手ブレ補正はパナソニックのOISよりも良好でキヤノンやニコンと互角のように見える
  • 歪曲は18mmでは、4%の相当に大きなタル型。24mmでは歪曲はないが、35mmでは2.1%の中程度の糸巻き型、55mmでは1%の弱い糸巻き型
  • 周辺光量落ちは絞りにかかわらず一定なので、自動補正が働いているのではないかと推測している。周辺光量落ちは0.7EV前後で場面によっては目に付くが、通常は心配ない
  • 中央の解像力は、開放からF8まで概ね"素晴らしい(excellent)"値。周辺部と四隅は"良い(good)"と"とても良い(very good)"の解像力の間にバリアがあり、ズーム全域でこの値を超えることができない
  • 倍率色収差はソニーのレンズの弱点で、18mmと35mmでは中間の絞り値で色収差が(最大2.76ピクセルで)非常に目立ち、容易に目に付く。24mmと55mmではあまり問題はない
  • このレンズはとてもしっかりととした性能のキットレンズだ。倍率色収差が非常に大きいという欠点はあるものの、画面全域でシャープで中央は特にシャープだ。金属製の鏡筒はキットレンズでは他になく、店頭で他のシステムと比較する際の差別要因になるだろう

 

光学性能は5点満点で3.5点と、キットレンズとしては良好な評価となっています。同じNEX用の16mm F2.8はPhotozoneでかなり酷評されていましたが、こちらは問題ないようですね。

それから、以前、他のレビューでこのレンズは「手ブレ補正の効果が非常に弱い」というテスト結果が出ていましたが、Photozoneのコメント(ニコン、キヤノンと同等の効果)を見る限りでは、手ブレ補正に特に問題はなさそうですね。

2010年8月26日 | コメント(7)

コメント(7)

 αマウントの18mm-55mmも御誉めいただいてましたが、それをブラッシュアップしてEマウントにしたのかな~?

 このレンズはソニーの十八番になったかも。

α55、33の18-55キットレンズも気になっています。
同じような性能なら嬉しいのですが・・・。

α33/55を先日ソニービルで触ってきましたが、NEXのキットレンズは16mmも18-55mmもリングがかなり滑らかなのに対して、α33/55に付いてたSAL1855はズームリングがどうにもつっかかり気味なんですよね。
Eマウントハンディカムも触って来たのですが、18-200mmもリングの動きは滑らかでした。
こういう細かい点からもEマウントの性格があらわれてる様な気がしました。
画質だけで言えばSAL1855の方に軍配が上がると思います。

正直、キットレンズの18-55は各社完成された感があり、相応にいい写りはします。外れレンズの方が少ないような。
問題はその先があるかどうかですね。マクロレンズくらいは出さないと。

以前のキットレンズ、18-70mmはなんであんなイマイチだったんだろう…。

2本の18-55mmを試しました。2本とも、同様でした。
広角側は(16mmF2.8と比べて)比較的マシですが、
周辺で倍率色収差が派手に出てます。しかも片ボケあり。

28mmで一番良くなります。f5.6で周辺まで、まあまあ良好。

35mmより望遠側では周辺の劣化がひどく、55mmでは最悪です。
周辺は流れてしまっています。
(良像部分は16mmF2.8よりも狭い。)
望遠側はf11まで絞っても四隅はダメです。

どの焦点距離でも開放から中央だけはシャープです。

結局、16mmF2.8と丙丁つけがたいダメレンズでしたので、
小さい16mmのほうばっかし使っております。

キットレンズは、悪くはないけどもう一声だ。
そう感じたので、アダプターでY/C専用化してます。
NEXはせっかくの性能を、専用レンズがスポイルしていて
ちょっと勿体ないですね。
高品位な上位レンズを用意するか、αアダプターをAF化し
生かすべきです。

まあ、18-200の販売タイミングを見ると、NEXで初めて
レンズ交換式カメラを買った人たちのステップアップ速度
に合わせて、年末か年初にレンズが出るんでしょうね。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年3月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

このブログ記事について

このページは、2010年8月26日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「キヤノンがEF8-15mm F4LフィッシュアイやEF70-300mm F4-5.6L ISなど4本の交換レンズとエクステンダーを発表」です。

次のブログ記事は「ニコンがフォトキナまでにD90後継機に加えて、新しいスピードライトと交換レンズを発表?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る