ソニーがフォトキナで2本のズームレンズを発表する?

Sony Alpha Rumorsに、ソニーの新しい交換レンズに関する噂が掲載されています。

(SR3) New 16-50mm f/2.8 SAM and 10-20mm G lenses soon!

  • あるソースからの情報によると、ソニーは次の二本のレンズをフォトキナで発表するということだ

    - 16-50mm F2.8 SAM
    - 10-20mm G このレンズは現行のDT11-18mm F4.5-5.6を置き換える
  • 我々はまだ別のソースによる噂の確認を必要としている

 

確定的な情報ではないようですが、ソニーがフォトキナで2本のAPS-C用(?)ズームレンズを発表する可能性があるようですね。タムロンに同じスペックのレンズは存在していないので、これらのレンズは、ソニーのオリジナルになる可能性が高そうです。

16-50mmはF2.8の大口径ですが、SSMでないところを見るとある程度リーズナブルなレンズになるんでしょうかね。また、10-20mmは"G"ということなので描写性能に期待したいとろこです。

2010年8月10日 | コメント(8)

コメント(8)

ソニーの超広角が、シグマの超広角に勝てるかが気になります!
シグマもかなりいいもの出してますからね。
風景で空を入れる時とか10ミリ使うの好きなんで、描写によっては候補ですね。
ちなみにAPSCですよね?Gでフルサイズ行けないのは初?!
今後のラインナップにもよるんですが、次の買い増しはフルサイズも有りかなと考えてるんで、そこも気になりますねぇ。。。

16-50mm2.8通し・・・SIGMAの17-50mmF2.8を検討してるところだったから、ものすごく気になりますね。安価なら今後の新型α用キットレンズになるか?
しかし、10-20mmGはフィルター装着可能ならいいですね。SIGMAの8-16mmはフィルター装着不可だったんで、購入を見送りました。風景メインのボクにとってC-PLが使えないレンズなんて有り得なかった。

 16-50mm F2.8 SAMは、高速AFの性能を最大限に発揮するための標準レンズと妄想。

16-50mmF2.8はDT付かないんですかね、丁度、SIGMAタムロンの同等品を購入検討してたので、フォトキナまで待ってみるのもアリですね。
上級機種のキットレンズとして出すとしたら、ボディセットで買いたいな。

>風景メインのボクにとってC-PLが使えないレンズなんて有り得なかった。

超広角でC-PL使うと片効きがひどいことになるような。
フィルター装着可のほうが有難いのは同意なんですが。

>c3poさん
確かに片効きは気になりますが、その辺は100%効かせるんじゃなくて、50%とか気にならない程度に調整して使ってます。
PLもですが、保護フィルターさえ付けれないのが不安なんですよね。

以前に噂にあった
「ソニーは来年以降レンズをリニューアルしていくので今は買わない方が良い」みたいなのって、
これらの事だったんでしょうかね?

来年にしてはちょっと早い気もするけど、
新機種の動画対応に合わせてレンズをリニューアルするというのは、全体的にレンズの設計の古いαなら無理のない話だとも思いますし。

ちなみに僕はシグマの10-20mmでPLフィルターを使ってましたよ。
確かに片効きになりますけど、強調したい部分に使えれば良いわけですし。
といいつつも、
あのくらいの大きさのフィルター径になると装脱着もPLフィルターの操作も大変で、
結局使わなくなっちゃいました。

ミノルタ時代からのレンズはさすがに古くなったし
ボディ内モーターは正直廃止したいでしょうし、
なにより動画対応なら駆動系の刷新は避けられない。
SONY銘普及レンズSAM
Zeiss銘、G銘の上位レンズSSM
こういう感じでいいかと。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年9月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

このブログ記事について

このページは、2010年8月10日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「キヤノンEOS 60Dは動画に最適化されたカメラになる?」です。

次のブログ記事は「タムロンSP70-300mm F4-5.6 Di VC USDの発売が決定」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る