シグマ8-16mm F4.5-5.6 DC HSMは絞り開放から素晴らしい解像力

SLR Gearにシグマ 8-16mm F4.5-5.6 DC HSMのレビューが掲載されています。

Sigma 8-16mm f/4.5-5.6 DC HSM (tested)

  • このような超広角レンズとしては、8-16mmは素晴らしい解像力を見せている。8mmでは開放から中央は1 blur unit(※像の不鮮明さを表す数値で小さいほど優秀)、周辺部は1.5 blur unit。絞ってもそれほど改善せず、F5.6でもわずかに解像力が向上するだけ。14-16mmでも広角端と同様に素晴らしい解像力。10-13mmでは、周辺部が開放で2 blur unitでわずかに解像力が落ちるが、それでも素晴らしい値
  • 倍率色収差は広角端ではごくわずかだが、望遠側にズームすると大きくなる。14-16mmの開放だけは色収差が目立つが、他の条件ではあまり目立たない
  • 周辺光量落ちは、8mm F1.4で最も大きく、周辺部は3/4EV暗くなる。平均すると1/2EVから1/3EVの間程度
  • 歪曲は、広角側で1.4%のタル型で顕著だが、超広角レンズとしては驚くようなものではない。13mmではごくわずかなタル型になり、望遠側では-0.25%のわずかな糸巻き型になる
  • AFは高速で静か。無限遠から最短までにかかる時間は1秒未満だ。AF後にフォーカスリングを回転することで常にMFが可能。最大撮影倍率は0.13倍でマクロ性能はよくない
  • キヤノンEF-S 10-22mm F3.5-4.5と比較すると、解像力はシグマが上で、色収差もシグマが若干優れている。歪曲はキヤノンが小さい。キヤノンは2004年の発売でいくぶん古くなっている
  • ニコンのAF-S DX10-24mm F3.5-4.5Gと比較すると、ニコンは全域でシャープだが、シグマのようなカリカリにシャープなレベルには達しない。色収差はシグマと同じか、ニコンが若干優れている。周辺光量落ちと歪曲は同等
  • タムロン10-24mm F3.5-4.5 Di II と比較すると、タムロンは多少解像力に問題がある焦点距離がある。シグマが得意な色収差でもタムロンは問題がある。周辺光量落ちは同等で、歪曲はタムロンが若干良好

 

このレンズはPhotozoneのレビューでもズバ抜けた高解像力を示していましたが、ここでも同様に開放から1 blur unit(周辺部1.5 blur unit)という超広角ズームとは思えないほどの素晴らしい解像力を示しています。倍率色収差も非常によく補正されていて、APS-C用の広角ズームとしてはトップレベルの性能と言ってよさそうです。

ライバルと比べるとフィルターが付けられないという欠点がありますが、この光学性能と8mmスタートの画角はそれを補って余りあるものがありそうです。

あと補足ですが、歪曲と周辺光量落ちの数値はPhotozoneなどの他のレビューと基準が違うようなので、直接比較しないほうがいいと思います。

2010年8月29日 | コメント(0)


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年9月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

このブログ記事について

このページは、2010年8月29日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「9月8日に中級機以上の新型デジタル一眼が発表される?」です。

次のブログ記事は「ソニーα850とα900がディスコン?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る