ニコンD3100と4本の新しい交換レンズの写真が掲載

Nikon Rumorsに、ニコンD3100と 85mm F1.4、24-120mm F4などの4本の新しい交換レンズの写真が掲載されています。

First pictures of the Nikon D3100 and the four new lenses
(※リンク先にD3100&交換レンズの写真が掲載されています)

  • これがドイツの写真雑誌"Foto Digital"からスキャンした新しいD3100、そして4本の新しい交換レンズの写真
New button/lever on the Nikon D3100

 (※リンク先にD3100の大きな写真が掲載されています)

  • D3100の写真には新しいボタン/レバーがあるように見える。もしかしたら、ダイレクト録画ボタンだろうか? これまでのニコン機では、最初にライブビューに切り替えてから録画を開始する必要があった

 

D3100の外観はD3000と大きくは変わらない印象ですが、Nikon Rumorsが指摘しているようにシャッターボタンの近くに追加されたボタン(レバー?)が目立っていますね。

交換レンズに関しては、写真が少々不鮮明で一部焦点距離やF値が読み取れない部分がありますが、どうやら噂されていたスペック(55-300 VR、85、24-120 VR、28-300 VR)通りのようです。

2010年8月15日 | コメント(6)

コメント(6)

これはボタンではなく、明らかにレバーでしょう。

パナソニックGシリーズとかを見て、ニコンも、
エントリー機だからって全部メニューに入れちゃえば
いいってもんじゃない、と悟ったんだと思いますよ。

おそらくドライブモード切り替えじゃないでしょうか。
連写/単写/セルフタイマーがワンタッチで変えられる。。
AFモードや露出モードよりも優先順位が高い気が
します。

僕はレバーは生が好きですが。。

管理人様

こんにちは
一挙に3本のVRレンズしかもFXレンズも充実するんですね。
これは、D3100の発表の後に続くFX機も期待されます。

4本のレンズ,そんなに大きなサイズではなさそうで安心しました。

今さらですが、85mm F1.4GにはEDレンズが使用されないんですね。

動画切り替えのレバーではないかと。

55-300の最短撮影距離はどのくらいになるのでしょう。
PENTAXのは特に55mm側でもうちょっと寄れれば、と思うことが多いので気になります。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年9月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

このブログ記事について

このページは、2010年8月15日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「キヤノンが8月26日の記者発表会の招待状を配布中」です。

次のブログ記事は「キヤノンEOS 3Dは高感度性能を重視したカメラになる?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る