キヤノンがEF8-15mm F4LフィッシュアイやEF70-300mm F4-5.6L ISなど4本の交換レンズとエクステンダーを発表

キヤノンが4本のEFレンズと、2つのエクステンダーを正式に発表しました。

世界初の本格的フィッシュアイズームレンズなどEOSシリーズ用交換レンズの新製品6機種を発売

  • キヤノンは、一眼レフカメラEOSシリーズ用交換レンズの新製品として、世界で初めて全周180度から対角線180度までの画角をカバーする本格的フィッシュアイズームレンズ"EF8-15mm F4L フィッシュアイ USM"など6機種を11月より順次発売。
  • EF8-15mm F4L フィッシュアイ USM 価格(税別)15万円 (発売日:2011年1月)
  • EF300mm F2.8L IS II USM 価格(税別)75万円 (発売日:2010年12月)
  • EF400mm F2.8L IS II USM 価格(税別)125万円 (発売日:2010年12月)
  • エクステンダー EF1.4×III 価格(税別)5万5,000円 (発売日:2010年12月)
  • エクステンダー EF2×III 価格(税別)5万5,000円 (発売日:2010年12月)
  • EF70-300mm F4-5.6L IS USM 価格(税別)15万8,000円 (発売日:2010年11月)

 

EF8-15mm F4L はかなり面白そうなレンズですね。EF70-300mm F4-5.6L USMもこのクラスでは初期のEF100-300mm F5.6L以来、久々の"L"の復活で楽しみなレンズです(価格は少々高いですが・・・)。

ただ、これですべてだとすると、噂に上がっていたEF24-70mm F2.8L IS、50mm F1.4 II 等のレンズが1本もリリースされなかったのは残念ですね。

2010年8月26日 | コメント(24)

コメント(24)

なんかもうLレンズしか出す気無いんでしょうか?

サンニッパ・ヨンニッパのリニューアルは歓迎します。
ただ、70-300ばかり3本も揃えて、リニューアル希望の多い100-400やそれ以外の単焦点がほったらかしなのが残念です。

もはや素人やハイアマ程度が手を出すレベルでは…

管理人さんが仰るように、より多くのユーザーが
楽しみにしているレンズが無かったのが残念です…

APS-Hで使える魚眼が出るのはうれしいですねぇ。
簡単に手の出る価格ではありませんでしたが…。

フルサイズは本格派なカメラですから、レンズもそれ相応が必要でしょう。

う~ん、ちょっと期待はずれ・・。
ライバルメーカーに負けない出し方に徹底しているような気がしますね。
もう少しユーザー目線で考えてもいいと思うのですが・・・。(泣)
私たちは写真を撮るために機材を期待しているのに。
ただ、EF8-15mm F4L フィッシュアイ USMだけは面白そうなレンズだと思いました。 

円周から対角までのズームって間の部分いらないじゃんって思ったけど、よく考えたらAPS-HやAPS-Cでも180°対角として使う為なんだよね。
でもズームロック機能でも無いと使いにくいだろうなぁ。

サンニッパ欲しいけど、値段がなぁ・・・

EF 35mm F1.8 USM、本気で期待してました。
個人的には、欲しいの1本も無くて残念!

Lレンズ以外はレンズメーカーにお任せってとこでしょうか
レンズメーカーのレンズもいいものがいっぱいありますからアマチュアはそちらでいいんじゃないってとこでしょうか
70-300がタムロンとかぶりますので比較が楽しみです

防塵防滴となるとLレンズしか選択肢ないんだよね。

だからLレンズのリリースは嬉しい。

特に魚眼。

今回の長玉はフードの取り付け部が変わったようですね。フードの取り付けねじ部が必ず色ハゲする仕組みだったのが改良されたようです。ニコンの長玉と比べてキャノン製の欠点は塗装が弱いことやこのフード取り付け部の色ハゲでした。ニコン製は10年前のレンズでも新品に見えるのに、私のキャノンの白レンズは2年前に購入したのにハゲチョロケです。このようなアマチュアの物への愛着も大事にしてくれるようになったのならうれしい限りです。

今月発表された各社のレンズや新ボディは、
向いている方向もそれぞれ違っており、カブっている所が少ない感じで面白いですね。

買わない、もとい買えないだろうけれども面白そうなレンズが出ましたね。今回非Lが出てないですが、私は次に期待をしております。しかしもう何年非L且非EFーSレンズが出ていないのかと・・

この中で手が出そうなのは70-300と8-15FEくらいですかね・・・
でも魚眼レンズって買ってみたは良いものの、じき使用頻度がほぼなくなる
レンズの典型だと思ってるし、経済的には許してもその辺二の足踏んでしまいますねぇ。

EXTENDER EF1.4×IIIだけは、すごく興味がわきます。それ以外は…。

今回も、APS-Cサイズで50ミリ相当となる単焦点標準レンズは発売されないようですね…。

ボディー側では高画素化と高感度化が進化しているので、70-300の暗くても高精度なレンズというコンセプトは従来70-200F2.8を使っていた層の新たな選択肢になりそう。

魚眼ズームとは恐れ入りました。今回の発表の中では一番のサプライズでしょうか?(60Dのいきなりキャッシュバックというのもある意味サプライズではありますが…)

EFフィッシュアイがL化となるとやはり50F1.4あたりもLになってしまうのでしょうか?何気にキャッシュバックのリストに入っているのも気になりますね。

もしかして1Ds Mark IVの発表にあわせてリニューアルとか…?

70-300Lは若干意味不明です。DOレンズの後継なのかもしれませんが、70-200 F4Lのユーザーにとってはあまり有り難みが無いような...。2.8L IIのユーザーに取っては意義があるかもしれませんが。

Lレンズを右から左に次ぐ次と買える程裕福ではないので、さしあたり24 1.4L II目指して貯金します。

一気に4本のレンズ、しかも全てフルサイズ用とはキヤノンも遂に本腰を上げてきましたね。
今年は兎に角、既に定評のある望遠を徹底強化させようと言うことでしょう。
フィッシュアイズームはトキナくらいしか知りませんが、5D Mark IIで使えば、相当楽しそうなレンズになりそうですね^^
あとは、標準の24-70mm, ニコンの14-24mmに対抗するような広角が5D3と同時発売されれば完璧ですね。

ヨンニッパのMTFもすごいと思いましたが、ヨンニッパⅡは更にすごいですね。
http://cweb.canon.jp/ef/lineup/super-tele/ef400-f28l-is-ii/spec.html

管理人さんへ
どうも延期になったようですね。
http://dc.watch.impress.co.jp/docs/news/20101101_404009.html

こちらは発売するそうです。
http://dc.watch.impress.co.jp/docs/news/20101101_403999.html

>雪島さん
情報ありがとうございます。その他のレンズの開発に影響しないといいですね。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年9月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

このブログ記事について

このページは、2010年8月26日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「キヤノンEOS 60Dを正式に発表」です。

次のブログ記事は「ソニー E 18-55mm F3.5-5.6 (NEX用)はしっかりとした性能のキットレンズ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る