ペンタックスK-5のスペックに関する噂の訂正版が掲載

1001 Noisy Camerasに、ペンタックスK-5のスペックに関する噂が訂正されたという情報が掲載されています。

Revised Pentax K-5 rumors at the PFFs say 11 AF pts, improved low-light AF

  • ペンタックスK-5のリーク情報については既にお伝えしたが、この噂の内容が修正されている。ペンタックスフォーラムの管理人が信用できるソースから受け取った訂正版の噂によると、K-5は11点のAF測距点で、以前噂にあった18点ではない。また、連写速度は7-8コマ/秒になるとも言っている。しかし、重要な見所は、K-7で不満点の一つだった暗所でのAF性能が改善されるということだ。

 

K-5のAFユニットは645Dと同じSAFOX IX+ということだったので、測距点が18点という前回の噂は確かに不自然なような気もします。ただ、AFユニットがSAFOX IX+に換装されて、暗所のAF性能も改善されるということなので、いずれにしてもK-7からAF性能がアップすることは間違いなさそうです。

また、連写速度は、以前、当サイトの読者の方(いただいたK-r の情報は的中でした!)からいただいたK-5の情報でも7コマ/秒となっていたので、7コマ/秒が正解かもしれません。

それから、別の話題ですがK-rumorsにK-r のコレジャナイロボモデルの写真が掲載されています。[追記] コメントでご指摘いただいた通り、コレジャナイロボモデルはすでに発表済みだったようですね。

2010年9月13日 | コメント(11)

コメント(11)

連射はそれほど使わないから、コマ数は別にかまいませんけど、最低感度ISO50とか、カスタムAF-Cモードは間違いであってほしくないですね~。

K-7ではAF-Cの性能がいまいちだったので、キヤノン並に改善されていたらうれしいのですが・・・。

個人的には暗所AFの性能が最大の問題点だったのでそこが改善されているのなら手放しで喜びたい。
この冬はカムコーダーを買い換える予定なので、手に入れられるのは1年近く先になるのだが。

AF-Cの性能改善は嬉しいですね。
もう一つの期待は高感度性能です。体育館内のスポーツイベントで60-250mmF4を使って躊躇無くせめて1/250でシャッターが切れればいいなと。ISO1600の画質が今のK-7のISO800程度であって欲しい。

発表が近くなり(?)多くの方が期待しているんだと思います。
自分のもその一人ですが、ある意味何でもできちゃう様になっちゃうとペンタらしさも無くなっているんだろうなぁって感じもあり、複雑です。
高感度で見た目奇麗に撮れてもC,N社のカメラと同じようになっちゃうのは...。
動画はあまり期待しません。AF-Cの性能にもとんでもない飛躍は望みません。
『あぁ、やっぱりこういう絵作りはペンタックスだよなぁ』っていえる機種の発表を望んでます。

コレジャナイロボモデルは今回もザリガニワークスがデザインしたらしいですが、PENTAXからはオーダーが来ていないというプレゼンが発表会で、RS1000の着せ替えの発表の席上、ザリガニワークスからあったらしいです。

なので、たぶん、すぐには用意されないと思われます。

PENTAX のAF は少し暗くなっただけで、パフォーマンスが非常に落ちます。使っていて非常に具合の悪い所の1つです。
測距点の選択の幅も少し狭い様な気がします。
K-5 も結局11点にとどまる様で、少し期待外れです。但し、AF 性能がかなり高いと言われる645D のユニットを使う様なのでそれなりに期待しても良いかと思います。
K-7 は結局がっかりな部分も多かったので、K-5 にはそれなりには頑張って頂かないとなりません。

風景撮りのペンタックスという位置づけはメーカーが一番理解しているでしょうから、その点の絵作りもぬかりないでしょう。
弱点だった連射やAFを改善してきたので、不満もほとんどなくなりそうです。

汎用的でないのが、ペンタックスらしさでもありますが。

かなり期待してただけに残念です。
結局、あれもこれも修正されて、k-7とあんまり変わらない仕様になって

「欲しかったのはコレジャナ~イ!!」

にならない事を切に祈ります。

鉄道・レース写真の世界では殆どのユーザーがキヤノンとニコン。
AF-Cが二強に迫る事期待しています。

K−7はコントラスト強すぎてポートレートに使えないカメラだったので、K−5にはK−x並にポートレートにも使えるカメラになってほしいです。
これで赤や白が出たらうれしいです。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年3月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

このブログ記事について

このページは、2010年9月13日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ニコンD7000はD90とD300Sの中間に位置するカメラ?」です。

次のブログ記事は「キヤノンがミラーレス機「EIS 60」を開発中?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る