パナソニックがLUMIX DMC-GH2を正式に発表

パナソニックが新型マイクロフォーサーズ機「LUMIX DMC-GH2」を正式発表しました。

デジタルカメラ LUMIX DMC-GH2/GH2H/GH2Kを発売

  • マイクロフォーサーズマウントのレンズ交換式デジタル一眼カメラ「DMC-GH2/GH2H/GH2K」を 10月29日より発売
  • 世界最速の約0.1秒AFを実現。AFは最大23点、顔認識、追尾AF
  • 有効1605万画素マルチアスペクト対応高速LIVE MOSセンサー
  • VenusエンジンFHDを採用
  • ノイズリダクション性能の向上を図り、ISO12800での撮影が可能
  • インテリジェントDレンジコントロール
  • 新・超解像技術
  • 連写は5コマ/秒(メカシャッター連写)、40コマ/秒(電子シャッター)
  • ファインダーは視野率100%、倍率1.42倍、新開発153万ドット相当マルチワイドLVF
  • 3型46万画素タッチパネル式可動式液晶パネル
  • 動画は1920×1080のフルHD、新開発LIVE MOSセンサーによる60コマ/秒のなめらかなフルハイビジョン動画撮影が可能
  • 3Dレンズ対応
  • 価格はオープン

 

ここのところずっと噂が流れていたパナソニックGH2がついに正式発表されました。スペックは直前にリークしていたものとほぼ同一で、EVFもより解像度が高い新型になっていますね(噂にあったエプソン製の156万ドットではないようですが・・・)。

外観は以前とあまり変わっていませんが、内部はセンサー、画像処理エンジン、EVFなどすべてが新しくなっていてかなり期待できそうです。世界最速をうたうGH2のコントラストAFとライバルα55の位相差AFとの対決が楽しみです。

ただ、グローバルシャッターに関しては何も触れられていないので、今回のセンサーでは採用されていないということなんでしょうか。

2010年9月21日 | コメント(15)

コメント(15)

シルバーのカラーリングが、ちょっと面白いですね。
グッと来てしまいました。

正常進化とも言えるし、つまらないとも言えますね。
何も革新的な物がない…

OLYMPUSに期待出来なくなった今後を担って行って欲しいですね…
フォーサーズから移行しようそうしよう。

コシナ以降新規参入のないなかで、いまいち覇気のないパートナーを尻目にひとり気を吐くパナソニック、といったところ。

ボディ材質ですが、dpreviewによるとプラとの事ですね。 G2に比べ背が高いとの事、EVFの違いによるのでしょうか。 G2に比べ丸みが強調され愛嬌のあるフォルムになった気がします。 高速AFに磨きがかかりましたね、素晴らしい。 付属のRAW現像ソフトSILKYPIX DS SEがバージョン4じゃないのが地味に寂しいです。(汗)

やっぱりあれはできなかったんですね…

ボディはプラでしたか。残念です。
そろそろ明るい標準HDズームもほしいですね。

アルティミクロンじゃないっぽいですね。
かなりスペックは近いですが、カラーブレイク半減
なだけでアルティミクロンならなくなるはずですし。
シェア100%だと独占禁止法に触りそうなので、パナが独自技術で対抗して
もらうのは歓迎です。

センサー出力が秒間60コマといっても出力が60iだと意味ないのでは?

あとビットレートが24Pで24Mbps、60iで17Mbpsなのはなんででしょう?60iで24Mbpsにして欲しかった。
業務用のが売れなくなるからでしょうか

ビットレートは再生機器との互換性の絡み(統一規格、自社製品仕様)などがありそうですね。 それこそメーカー保証外の改造ファームウェアの世界であれば、GH1以上に自由度がありそうですけどね。

GH2もSILKYPIX DS SE仕様ですか・・・

パナソニックはいい加減SILKYPIXをやめて、独自の画像設定、映像処理をrawに反映させる事のできるオリジナルソフトを開発すべきですね。

古参のカメラメーカーに追いつけ追い越せと頑張って、実際に成果もあげてきているのですから ここらで現像結果にもこだわって欲しいです。

連写撮影中のライブビューは3コマ/秒でしたね
G2よりちょっとだけ早くなりました
地味にこの辺をソニーと競ってほしいです

新しいEVFに注目してます。
G1が出たとき購入を踏みとどまらせた部分のひとつがEVFの見え方だったので。

EVF、AF速度、解像度をはじめ、高感度特性、連射速度、タッチパネル、動画性能、果ては内蔵フラッシュのGNにいたるまで、進化してない部分を探すほうが大変です
喜んで乗り換えます

今回の機種発表はワクワクだらけですね。
私もやはりグローバルシャッター導入が一番期待したところなので、今回それについて触れられていないのは残念です。
しかしパナソニックのm3/4システムにはまだまだのびしろがあるようですし、堅実な進化にも好感が持てますので、これからも期待していきたいと思います。
ボディーはプラのようですが充分強くて軽いのでプラも悪くないと思います。シボ加工で高級感も出ていて良いです。
デザイン面で欲を言えば、グリップをもう少し大きくしてほしい。(もしくは縦位置グリップを作ってほしい)
あと、ステレオマイクをもっと目立たなくして、レンズをオールブラックにして高級感を出してくれたらいいなと思います。
現状でG1でも満足な画を得られているので買い換えは無いですが、余裕があればですが、欲しいと思える進化は素直に嬉しくおもっています。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年3月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

このブログ記事について

このページは、2010年9月21日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「リコーがGXR用のレンズユニット「A12 28mm F2.5」を発表」です。

次のブログ記事は「パナソニックが14mm F2.5、100-300mm F4-5.6、12.5mm F12を発表」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る