キヤノンEF70-300mm F4-5.6L ISは画面全域に渡って高解像力なレンズ

Photo Reviewに、キヤノンEF70-300mm F4-5.6L IS USMのレビューが掲載されています。

Canon EF 70-300mm f4-5.6 L IS USM Lens

  • 鏡筒はとてもしっかりとした作りで、クオリティはL レンズに期待した通りのもの。このレンズは(バランス的に)EOS 5Dにとてもよくマッチした。エントリーモデル(Kiss)には大きすぎるが、40Dでも良好なバランスで60Dや7Dなどの大き目のEOSでも同様だろう。
  • ズームリングとフォーカスリングはスムーズに動く。AFはリングUSMモーターのおかげで、静かで非常に速い。ISは極めてよく効き、ファインダー像がよく止まる。私は70mmで1/8秒、300mmで1/20秒のシャッターを切ることができた。
  • 我々がテストした範囲(環境のため200mmより上の焦点距離はテストできなかった)では、このレンズはズーム全域で強力な光学性能を示している。解像力が最高になるのは、開放から1~2段絞ったところ。解像力は予想を超える値で、また、画面全域で比較的均一な画質を示している。(※テスト機はEOS 5D)
  • 色収差は全ての絞り値・ズーム域で一様に非常に少なく、ほとんど無視して良い値。テスト撮影では、色ずれの兆候は見られなかった。周辺光量落ちは絞り開放ではズーム全域で目立つ。しかし、大部分は2段絞るまでに解消する。
  • ボケは開放付近では、スムーズでそして非常に魅力的だ。歪曲は最小限で、70mmでわずかなタル型の歪曲が見られるのみ。300mmでは歪曲は見られない。逆光ではフレアによるコントラスト低下がほとんどなく、(逆光耐性は)概ねとても良好。
  • 頑丈な作りで、AFが速く画面全域に渡って高解像力なズームが欲しい人に向いている。コンパクトで軽量はズームが欲しい人には向かない。

 

望遠ズームは望遠端で一番画質が落ちることが多いので、300mmでの解像力テストが行われていないのが残念ですが、70mm~200mmまでの解像力はとても良好で、色収差も非常に少ないので、光学性能には期待してもよさそうです。ただ、周辺光量落ちはフルサイズではかなり目立つようですね。

同じPhotoReviewにタムロン70-300mm VCのレビューも掲載されていますが、こちらはテスト機がセンサーサイズも画素数も異なるD3100なので、解像力を直接比較するのは難しそうですね(グラフではキヤノンのほうが少し高い値を示してはいますが・・・)。ただ、色収差は明らかにキヤノンのほうが少ないようです。

2010年11月25日 | コメント(3)

コメント(3)

200mm以上の焦点距離でテストできなかったとか意味不明ですが(笑 このレンズ
買いました。最テレ端でも文句なしのコントラストとシャープネスですよ。難点はやはり
重さと鏡筒の太さでしょうかねぇ。手持ちのバッグには間仕切りちょっと工夫したら
なんとか収まりましたがね。全長はこのクラスのレンズとしては平均的なのでそれほど
バッグを選ぶことにはならなそう。

5Dとか使っていて望遠側が長めレンズが欲しいと感じているような人には良さそうですね。まあ70-200F4とかを持っている人は新型エクステンダーとの比較で悩まれるのでしょうね。何にせよ色んな選択肢があるのはいいと思うので非L70‐300のリニューアルもお願いしたいです。お金に余裕の無い人がタムロンに流れるのを防ぐためにも作るべきでしょう。

管理人です。
 
レンズの話題からかなり外れてしまいましたので、
申し訳ありませんが、一旦コメントをリセットさせていただきました。
 
ご意見や温かいメッセージを寄せていただいた皆様ありがとうございました。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年9月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

このブログ記事について

このページは、2010年11月25日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ソニーα900の新しいファームウェアが来週末に発表される?」です。

次のブログ記事は「キヤノンのDIGIC Vや交換レンズに関するいくつかの噂が掲載」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る