ペンタックスがDA★25-350mm F3.3-5.6の特許を出願中

エンジニアの嗜みに、ペンタックスDA★25-350mm F3.3-5.6の特許に関する情報が掲載されています。

・Pentax DA*25-350mm F3.3-5.6ED [IF] SDM(※引用元サイトは閉鎖されています)

  • ペンタックスが13倍のズームレンズ25-350mm F3.3-5.6に関する特許を出願中。バランスの取れた高倍率ズームで光学性能が優れているため、今年の運動会で大活躍しそう。
  • HOYAは、以前、特許を出願した25-350mm F3.5-5.6を直ぐには製品発表せず、光学性能をより一層追求しているよう。
  • 性能は望遠側で球面収差によってハロが僅かに発生、広角側で歪曲が少々目立つ程度。高倍率ズームであることを考えれば、かなりの高性能。

 

最近ではタムロンの18-270mmを初めとして、各社とも高倍率ズームに力をいれていますが、ペンタックスのDA★25-350mmは他社にはないスペックで、とても面白そうなレンズですね。光学性能は18-200クラスのズームよりもかなり優秀なようなので、画質と利便性をある程度両立することができそうです。

DA12-24mm F4や、以前、ペンタックスが特許を出願していたDA12-35mmと組み合わせれば、2本で幅広いズーム域をカバーできて使い勝手がよさそうですね。

2011年1月14日 | コメント(12)

コメント(12)

望遠側350mmの★レンズ...
これ出ちゃうと、★60-250下取り出して欲しくなりそうだけど、SDMなのかな。

広角で欲張るのをやめて
画質で勝負というなら実に意欲的!!
噂の12-35とセットで使えとそういうことですね?

狂信的なフルサイズ信者だったはずなのに
アサペンから目が離せない・・・

この手のレンズにしては望遠端が比較的明るいのも良いですね。

超広角側の通しレンズもラインナップして欲しいです。
DA★8-16mm F2.8ED。

公開特許情報の分析は面白いですが、
DAとかスターとかlimitedとか
実際の商品名まで書かれている訳ではないので
発売可能性も名前も、あくまでも予想ということで捉えるといいですかね。

えがみさんのBlogにこういうレンズ名をタイトルにした情報が載ると
海外のPentax Forum掲示板などに
「こういう名のレンズの噂があるんだって!」という反響が
見受けられる。

気が早いよ、、、、

> きんぴら さん

「パテント文献の要約」は「blockquote(引用)内」に書き、「私(えがみ)の推測ほか」と隔てていますが、Web技術ってあまり使われていないのですね…(´・ω・`)
昔、価格.comの掲示板でもWRやVRといったスペックが話題になり、私は窮したものです。

starやSDMで修飾しないと箔が付きませんし、記事タイトル(製品名のネーミング)はブロガーの役得だと思っています。
かつてNikkor85/1.4の特許も、光学系が手振れ補正に対応している為、AF-S VRと私は書きましたが、いざ製品発表されてみるとVR無しだったので、ネーミングもなかなか難しいものです。

記事は注意事項を追記しました。

フルサイズ換算で37.5-525mmてことは広角域でもそれほど困らないですね。

タムロンの18-250持っているんですが便利なようで、なんか撮ってて楽しくないのでお蔵入りです。

Kr,K5と動体のくいつきが良くなったのでスポーツ撮影を一本で て時にも役立ちそうです。

12-35と供に発売が楽しみです。

ズーム比が13倍とのことですが?14倍ではないのでしょうか?いずれにしても350ミリまで有ればかなり購入希望です。

運動会向けズームってのは言い得て妙だなぁ。
スターとかである必要性あるのかな?って疑問が湧くけれど。

25.7-340で約13倍ですか。
スターかどうか知らないけれど、
発売時には25-350を名乗るんですね。
ちょっと損した気分かもしれない。

55-300の後継ですかね。
DA25-350mmED AL[IF]DC WRとかになるんじゃないのかなぁ。

いまいちピンとこないなぁ。
シグマの50-500くらい思い切ってくれればいいのに。


それより20mm前後のF1.4画角90ぐらいのが欲しい。
多分需要無いんだろうなぁ・・・。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年3月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

このブログ記事について

このページは、2011年1月14日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「パナソニックの12-50mm F2.5-3.3には2倍の効果を持つ新型の手ブレ補正が採用される?」です。

次のブログ記事は「ソニーのシニアマネージャーのインタビューが掲載」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る