ペンタックスK-r はとても優れたカメラだがK-xの時ほどエキサイトしない

dpreviewに、ペンタックスK-r の詳細なレビューが掲載されています。

Pentax K-r Review

  • 6コマ/秒の連写はこのクラスで最も速いものの1つで、連写速度が速いだけでなくバッファーの容量も十分(JPEGで29枚)で、バッファーが一杯になっても、妥当な速度で連写を続けることができる。エントリーレベルのカメラで連写速度重視なら、K-rが有力候補になるはずだ。
  • AF性能はK-xとほとんど同じで、ボディ内モーターを使うキットレンズでは、ライバルと比べると若干遅く作動音も大きいが、その差はわずか。AF精度は明るい場所では正確で問題ないが、暗所やコントラストの低い被写体では遅くなり、しばしば迷うことがある。しかし、これは許容範囲内であり、直接のライバルたちと互角の性能だ。
  • 手ブレ補整は公称4段分の効果だが、実写テストではそれほどの効果はなく、1段分と2段分の間だった。非常に遅いシャッター速度ではもう少し効果が高くなる。
  • 動画はMotion JPEG形式で非常にファイルサイズが大きく時代遅れ。多くのライバルと異なり、ダイレクト録画ボタンがなく、録画の前にモードダイヤルを回転させる必要がある。
  • JPEGでの高感度ノイズは2009年にベストの性能だったK-xとほとんど同じで、全く悪くはないが、2009年とは状況が変わっていて、Kiss X4/X5やNikon D3100のようなライバルもより高解像度のセンサーで同程度の暗所での性能を実現している。RAWではライバルと比べてかなり良い結果で、D3100やα55、Kiss X4などの高解像度のセンサーよりもよりノイズは少ない。
  • K-r のJPEGでの画質はディテールは良好で色再現も好ましいが、RAWでもディテールの増加はほとんどない。高感度は非常に良好だが、K-xの時と比べるとより高画素のライバルに差を縮められている。とは言うものの、K-r はノイズリダクションとディテールの維持のバランスが高感度に至るまでとても良好だ。
  • (画質には)いくつかのネガティブな点もあり、K-r はハイライトが飛びやすく、ハイコントラストのシーンでの露出オーバーの傾向がこのことを更に悪化させている。RAWではある程度緩和されるが、K-r はRAWのヘッドルームが比較的少なく、多くのハイライトのディテールを回復することはできない。ベストの解決方法は、撮影時に2/3EV程度マイナスの露出補正をすることだ。オートホワイトバランスは人工光下では良好とは言えず、曇天でも青みがかる。
  • K-r はとても優れたカメラで、高感度までしっかりした画質とクラス最高の連写性能を実現している。K-r にK-xほどエキサイトしない唯一の理由は、K-r はK-xから多くの基本的な仕様を引き継いでいて、ライバルはK-xのころより進歩しているからだ。K-r 以外のライバルを選択するべきとは言わないが、ライバルが強い現在の状況では2009年時のK-xのようには簡単にK-r を選べない。

 

総合評価は71%とAPS-C機としてはやや低い点数となっていますが、これはライバルと比べてセンサーが1200万画素のままであることや、フルHD動画が採用されていない点などから、レビュアーがエキサイティングではないと感じたためのようです。

確かにK-r にはカラバリを除けばあまり派手な部分はありませんが、要望の多かったスーパーインポーズの追加や、連写速度の向上、液晶やAFの改善など地道なブラッシュアップが図られたなかなか良いカメラではないかと思います。あと、評価の高いK-5の存在もK-r をやや地味に感じさせる一因かもしれませんね。

2011年3月25日 | コメント(14)

コメント(14)

スーパーサブ機として買いました。
α900が3台あるのでリミテッドレンズ用ボディです。
私は保守デザインでもコレは好み♪
ダハミラーでもペンタ形状は一眼レフらしくて
良いです。

無難に改良されたと思いますが、地味な存在ですね。

大型化したことは評価が分かれそうです。
krの機能やサイズを全体的にみると、
kxまでの機種と位置づけが変わったと思います。
既存の入門機と一桁機の中間なんでしょうか。

その下にもっと小型シンプルな廉価機があっても
なかなか面白そうです。
X50みたいな一眼レフを持ってくるか、ミラーレスを持ってくるか?下位セグメントに何も入れず、ペンタックスはAPSサイズの高性能路線を目指すのか?
むしろ今後の出方が気になりますね。


不満を挙げると、塗装が安っぽいことと、シックな色がないこと。カラバリに関しては、どこのメーカーも暗色はあまりやってませんね。一桁機でマルーンやガンメタの渋い奴があったらいいのに。

Krのカラバリでゴールドと濃いブルーのグリップだったかな。
そんな感じのがあって、ぱっとみ百式でしたw
案外krのユーザーさんがおっしゃっているようにX50のような機種もありでしょう。
事実、X50の高感度別の写真がデジカメWatchで掲載されていましたが、結構いけるんですよこれが!!
最近のペンタックスはがんばっていますからね、これからも期待大ですね^^

ミラーレスでカラバリがあったら欲しい

うちのかみさんはリラックマモデルなら買っていいと言うんだがさすがになぁ

カラバリは十分他社との差だと思いますが...いっそのことK-5後継にもカラバリがあったらいいと思うぐらいなんで。そうしたら色が地味でステップアップしない層の人達が買ってくれるかも。

当方、Kーr、Kー5ユーザーです。

Kーrは、卒なくまとまっているカメラという印象でしょうか。
Kー5は評判は良いものの、色々と不具合が多く、
私は交換や修理に何度も出しています。。
また、手ぶれ補正の効き具合ですが、Kー5よりもKーrの方がよく効いている印象を持っています。(グリップがしやすいからかも?)

ネックになるのはファインダーとバッテリーの持ちですが、
トータルバランスで考えると、現在4万円程で手に入るKーrはコストパフォーマンスに優れたカメラと言えるのではないでしょうか。
しかし、ボディサイズがKーxやKーm位に抑えられていたら、
良い意味でKー5との差が開いたのにと思いました。

K-mの改良の改良だから、基本的なスペックで見劣りするのは仕方がないな。画素数や動画なんかはどうでもいいと思うけど、次期モデルではボディの小型軽量化やシャッターの改良(静音化)を望みたい。

K-xの時の衝撃が強すぎましたね
カラバリの衝撃は忘れられない

K-5とK-rってAF性能大きく変わらないのに点数が違いすぎますね。
K-xと全く同じ部分なのに点数が上がったり下がったりとか。(特にファインダーなど)
文章はもっともですが、点数は評価基準のばらつきを感じます。

電源が乾電池と専用電池の両対応というのが画期的だと思います。
この点は興味がない人にとってはどうでもよく、また、逆にデメリットを感じる(専用電池の容量が若干犠牲になっている)人もいるでしょうが、乾電池対応の機種しか買わない私のような人間にはありがたいし、他にない画期的な仕様だと思います。
あと、自分はペンタックスしか使っていないので最近まで知らなかったのですが、他社のエントリ機はボディ内にAFモーターがないんですよね。これに対しK-rはモーター内臓、さらに手振れ補正機能も内蔵して値段も他社のエントリ機と同じというのはなかなか大変な話だと思います。

K-rで少し残念に感じたことは、カラー選択で美しい組み合わせが作りづらい であったように感じます。 少し、日本人の美とは違うものとなったのではないでしょうか。
性能的には優れた正常な進化をしたカメラだけにもったいないですよね。
私的に持っているK-xのオレンジカラーが消えたことは個人的にマイナスとなり購入検討に入らなくなってしまいました。それぐらい、K-xのカラーバリエーションのほうが色の組み合わせがし易かったという事を言いたいだけですけれども。

NECさんの仰るように、K-xの方が良い色が多かったように私も思います。
また多色展開が似合うボディでもあったと思います。

K-rのデザインはスーパーインポーズを入れる上でK-m,K-xのデザインを踏襲できなくなったのでK-5とそろえたのだと思うのですが、カラバリが似合わなくなってしまいましたね。
あとグリップの面積を増やしたのも個人的にはマイナス。



コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年9月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

このブログ記事について

このページは、2011年3月25日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ニコンがAPS-Cのミラーレス機用の交換レンズの特許を申請中」です。

次のブログ記事は「ニコンD5100がカナダに配送されていることを確認?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る