オリンパスM.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F4-F5.6はライバル(パナ45-200mm)とほぼ同程度の性能

SLRGearに、オリンパスM.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F4-F5.6のレビューが掲載されています。

Olympus 40-150mm f/4-5.6 ED M.Zuiko Digital (Tested)

  • ワイド端では開放からかなりシャープだが、左右で解像力が異なっている。焦点距離によって解像力の甘い位置が変わってくるので、これを偏芯と推測するのは適切ではない。絞ると若干解像力は向上し、右側以外はかなりシャープになる。F5.6とF8では基本的に良好な解像力だ。
  • ズーム中間域(49-70mm)は最も性能が良く、左端を除けば開放から良好な性能。F5.6まで絞れば非常にシャープになり、回折の影響が現れるF11までは素晴らしい性能だ。ズームの望遠側(100-150mm)では、解像力は良好だが、よりワイド側ほどの解像力ではない。100mmではF8でかなりシャープになるが、150mmではベストのF8でも100mmほどシャープにはならない。
  • 色収差はワイド端(40mm)で目立ち、ハイコントラストの部分でいくらかマゼンタとブルーの色ずれが見られる。中間域では色収差は良好に補整され、望遠端でも色収差はわずかに見られるのみ。
  • 周辺光量落ちは、最も大きくなる150mm F5.6で1/3EVで問題はない。歪曲は70mmまでは若干のタル型で、70-150mmでは糸巻き型。70mmでは歪曲は基本的にない。
  • AFは非常に速く、無限遠から最短まで1秒未満。前玉は回転しないので、偏光フィルターの使用は容易。MFはフライバイワイヤ(モーター駆動)で、MFに向いた設計とは言えないが、液晶モニタの等倍表示によって正確なピント合わせが可能。
  • フォーサーズ用の40-150mmと比較すると、フォーサーズ用のほうがシャープだが、色収差は目立つ。パナソニックの45-200mmと比較すると、ほぼ同程度の性能。
  • 40-100mmまでは素晴らしい性能で、150mmでは平均的な性能。14-42mmのキットレンズを補う望遠レンズを探しているユーザーは、このレンズ以外は探さなくてもいい。

 

これだけ軽量・コンパクトなレンズで、この写りならかなり満足できそうです。望遠端だけは少し甘くなりますが、これはこのクラスの他の望遠ズームでも同様なので問題はないと思います。このレンズを9-18mmと14-42mm と組み合わせれば、まったく苦にならない重さで幅広いズーム域をカバーできますね。

2011年3月18日 | コメント(1)

コメント(1)

フライバイワイヤ?!驚いて元ページを読んでみると、

>The ring is a fly-by-wire design, controlling focus electronically, so there are no hard stops at either the infinity or close-focus ends.

あらホントだ。

オリンパスはフォーカスバイワイヤって言ってると思うんだけどねぇ。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年3月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

このブログ記事について

このページは、2011年3月18日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ソニーNEX-7はミノルタのDimage A2によく似たデザインになる?」です。

次のブログ記事は「EOS Kiss X5とX50のDxO Markのスコアが掲載」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る