タムロンSP AF60mm F2 Di II Macroは光学性能は非の打ち所がないがAFが弱点

LentsTipに、タムロンSP AF 60mm F2 Di II LD Macroのレビューが掲載されています。

Tamron SP AF 60 mm f/2.0 Di II LD (IF) Macro 1:1 - lens review

  • 鏡筒は滑らかなプラスチック製。フォーカスリングリングは残念ながら完璧にはほど遠く、わずかに回転させたときにしばしばピントの位置が動かないことがある。このような動きの悪さは、精密なピント合わせをする時に非常にイライラする。また、残念なことに今日のマクロレンズではポピュラーな、フォーカスリミッターが用意されていない。
  • 中央の解像力は、絞り開放でほとんど40lpmmに届いており、良好な結果だ。F2.8に絞ると49lpmmで、同じ絞り値のキヤノンのEF100mm F2.8L マクロよりも解像力は高い。F4とF5.6ではタムロンは51-52lpmmで、キヤノンとの差は誤差の範囲。
  • 周辺部の解像力は絞り開放で34lpmmに達し、十分に実用的な画質。加えて、絞れば急速に改善する。このレンズは、多くのAPS-C(DX)用のライバルよりも優秀で、中央も周辺部も素晴らしい解像力を楽しむことができる。また、小さなチャートを使って近距離(1mよりもずっと近い距離)での解像力も測定したが、全く違いはなく誤差の範囲内だった。
  • 倍率色収差は絞り開放で最も大きくなる(0.08%)が、良好に補整されていて全く問題はない。絞れば倍率色収差は改善する。軸上色収差は2枚のLDレンズによって非常に良く補整されている。
  • 周辺光量落ちはF2で38%(-1.38EV)で開放でのみ目立つ。F2.8に絞ると16%(-0.51EV)に改善し、F4では8%で完全に気にならない大きさになる。周辺光量落ちはAPS-C用のライバルよりも明らかに優れている。
  • 歪曲は-0.49%のタル型で、このクラスでは最も大きいが、実写ではほとんど気にならない。
  • 逆光耐性は、単焦点で手ブレ補正未搭載のレンズとしては複雑な構成のレンズなので、問題があると予想していたが、驚くほどよかった。
  • AFは超音波モーターではないので作動音があるが、特別にうるさくはない。AF速度はかなり遅く、フォーカスリミッターがないので余計にそう感じる。無限遠から最短までは2秒ほどかかる。AF精度はテストでは14%ピントをはずしており、褒められない。
  • すべての絞り値で画面全域がシャープで、色収差も少なく、光学性能は非の打ち所が無い。問題はAFがライバルに遅れを取っていることで、AFはノイジーで、遅く、精度も並みだ。

 

光学性能は非常に優秀なレンズですが、AFが少々足を引っ張っているようですね。最近ではタムロンもUSDやPZDなどの新しいAFモーターを採用しているので、このレンズの後継機ではAF性能の改善を期待したいところです。

2011年3月26日 | コメント(5)

コメント(5)

ニコンのAF-S60mmF2.8マイクロを使っていますが、
タムロンのF2マクロは気になっていました。
写りはいいようですね。
さすがに同じ焦点距離のマクロをふたつ揃える財力はありませんが、
今からAPS-Cを買うユーザーでしたら
明るい単焦点&マクロ兼用として買うのも十分アリですね。
Wキットレンズとこのレンズがあれば、
入門用としてはほぼ完璧な気がします。

このレンズをα550につけて使っていますが、確かに写りは抜群です!
でも、、、AFは全くと言っていいほど合いません。。。(+_+)
自分的にはMFレンズです。
でもマクロはMFで合わせる事が多いので大きな問題とは思ってません。
ライブビューができるカメラとの組み合わせがお勧めですね。

ボケ綺麗ですよ(^_-)

このレンズ、カタログの作例を見て一目惚れしたんですが、フォーカスレンジリミッターが無いことやAマウントの先行きが不安なこと、また近い内にUSDまたはPZD仕様でリニューアルされる可能性もあるのでなかなか手が出せません。

でも価格を考えると非常にコストパフォーマンスの良いレンズですね。

このレンズをα55で使っています。

マクロ使用時は、「をいをい」状態で、ピントがどこかに行ってしまいます。

ちょっと動いただけで、AF使うと、マクロ中なのに無限遠まで飛んでいってしまい、ピント警告状態で止まってしまいます。

確かに、せめて、マクロ中か、通常撮影中かのリミッターは欲しいですね。

マクロとポートレートに使っていますが、写りは抜群です。

EFマウントの本レンズを使ってます。
AFも確かにアテにならんのですが、MFの操作性もいまいちです。
ひっかかりがあり、微細なピント合わせをしようとすると若干イラつくことも。
写りに関しては、ボケの形状が周辺でレモン型になるのが若干残念ですが、それ以外は良好。
焦点距離的にも換算100mm弱(キヤノンなので)と、使いやすい長さで、コンパクトとはいえないまでも小型なのでとりあえず持ち出すかレンズの一つです。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年3月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

このブログ記事について

このページは、2011年3月26日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ソニーが超高解像度センサーを搭載した謎のカメラを準備中?」です。

次のブログ記事は「ソニーT* 24-70mm F2.8 ZA SSMは中央は素晴らしい解像力だが四隅が甘い」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る