ニコンAF-S 50mm F1.8Gは旧型と比べて周辺部の解像力とボケ味が改善している

photozoneに、ニコンAF-S NIKKOR 50mm F1.8Gのフルサイズ機(D3X)によるレビューが掲載されています。

Nikkor AF-S 50mm f/1.8 G (FX) - Review / Test Report

  • 鏡筒はハイクオリティなプラスチック製で、造りはとてもしっかりとしている。フォーカスリングはわずかな重さがありスムーズに回転するが、残念なことに若干の遊びがあり、回転の方向を変えると数ミリの間、フォーカスユニットが移動しない。これは精密なピント合わせではイライラするかもしれない。
  • ピント合わせでレンズの全長は変わらないが、真のインナーフォーカスではないので内部の鏡筒は動く。前玉は回転しないので偏光フィルターの使用は容易。超音波モーターによるAFは非常に静かだが、AF速度は50mm F1.4G同様それほど速くはない。しかし、AFは日常の使用では、ほとんどの被写体で十分な速度だ。
  • 歪曲は1.4%前後の中程度の大きさのタル型で、単焦点レンズとしては予想よりも大きい。しかし、歪曲は大口径の標準レンズとしては標準的で、周辺部に直線的な被写体を入れなければ目立たない。
  • 周辺光量落ちは、開放で1.5EV前後で、絞れば改善し、F2.8以上では特に周辺光量落ちが目立ちやすい被写体を除いて問題はなくなる。
  • 中央の解像力は開放からとても良い値(very good)だが、いくらかコントラストが不足している。F2.8以上に絞ると中央は素晴らしい値(excellent)に達するが、F11以上では回折の影響で解像力が落ちる。周辺部はテストしたほとんど絞り値でとても良い値(very good)で、F5.6では素晴らしい値(excellent)になる。四隅は周辺部よりも若干低い値で、開放では良い値(good)で、F2.8以上では、とても良い値(very good)になる。このレンズは絞るといくらかフォーカスシフトが見られる。
  • 倍率色収差は、1~1.4ピクセルで中程度の大きさ。色収差は開放では最も小さく、絞るに従って少しずつ大きくなる。これはフルサイズのテストとしては良い結果で、ほとんどの被写体では問題はない。軸上色収差(ボケの色付き)は、開放付近では非常に目立つ。
  • ボケは二線ボケの傾向があり、後ボケは若干うるさいが、少し絞ると、全体的な印象は少しよくなる。ハイライトの形は開放では口径食の影響が見られ完璧ではなく、絞ると絞りの多角形の形が見られる。しかし、ハイライトの縁取りは極めて少ない。
  • フルサイズでも画面の大部分でシャープで、とてもしっかりとした性能のレンズだ。周辺光量落ちは標準的で、倍率色収差と歪曲は中程度。ボケは卓越してはいないが、このクラスとしてはとても良好だ。旧型の50mm F1.8Dと比べると、新型は周辺部の解像力が向上し、ボケ味もよくなっているが、大きさと重さが増している。

 

光学性能は5点満点で3.5点と、まずまずの評価となっています。旧型の50mm 1.8Dと比べると周辺部と四隅の解像力がかなり向上しているので、風景などの撮影では新型のほうが使いやすそうですね。

兄貴分の50mm F1.4Gと光学性能は同等の評価となっているので、F1.4の明るさにこだわりがなければ、安価で軽量なF1.8Gを選ぶのもいいかもしれませんね。

2011年5月30日 | コメント(10)

コメント(10)

このレンズ期待してたんですけど、旧型と比較してかなり歪曲増えましたね…。残念ながら今回はパスになりそうです。

35mm F2.0 のリニューアルはないかなぁ……

50mm F1.8G も もっと小さくなってくれるといいんだが。

kkfさんと同じで35mm F2.0のリニューアルを望んでいます。私にとって50mmが少し狭いのと。50mmが他メーカー含め溢れているように思います。

私は85mm F1.8のリニューアル(円形絞り)を期待しています。
高くて重いレンズが嫌なので。。。

私も35mm F2のリニューアルに期待しています。
儲けが薄いのか、並単のリニューアルにはどこも消極的ですね。
シグマから35mm F1.4が出る方が早かったりして……。

35mm/f1.8gの再来とはなりませんでしたか。
価格を抑えたぶん、設計に余裕を持たせられなかったんでしょうね。
もっともこのレンズをAPS-C機で使えば、35mm/1.8G並の星4つ相当の写りは普通にしちゃうんでしょうね。

さすが、ニコン。
買うかどうかは、じっくり考えます。

Nikonで触ってきました。
思ってるより質感も操作性も良かったです。
試写はしなかったので、画質はわかりませんが。
価格も安価ですし、1本持っていても良いですね。
売れると思いますよ。

御殿場のアウトレットで店員さんに35mmf/2Gについて聞いたところ、充分可能性はあると言われました。

AiAF50mmF1.8Dは、半逆光など、特定の条件で絞りこむとスポットフレアが出るという欠点がありました。
大型ストロボ、輝度の高い白バックでも、それほど絞らなくてもスポットフレアが出ました。
大口径レンズを使用するおおよその条件では問題ありませんでしたが、
私は結構気になりました。
そういった面でもリニューアルの価値はあると思います。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年9月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

このブログ記事について

このページは、2011年5月30日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「NEX-C3の発表は6月8日発表、6月24日発売?」です。

次のブログ記事は「ペンタックスDA40mm F2.8 Limitedはとても調和の取れた光学性能」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る