シグマAF 8-16mm F4.5-5.6 DC HSMは驚くほど素晴らしい解像力

photozoneに、シグマAF8-16mm F4.5-5.6 DC HSM のD7000によるレビューが掲載されています。

Sigma AF 8-16mm f/4.5-5.6 DC HSM (DX) - Review / Lab Test Report

  • 鏡筒の大部分はしっかりと組み立てられた金属製のパーツからなり、クオリティは非常に高い。ズームリングとフォーカスリングはスムーズで快適。レンズの全長は、ズームやピントにかかわらず常に一定だが、内側のチューブはズーミングで若干動く。AFは高速で、作動音は無音に近い。シングルショットAFでは、フルタイムマニュアルフォーカスが可能。
  • 歪曲は8mmでは極めて大きいタル型(-3.05%)だが、超広角ズームでは標準的な値。よいニュースは、12mmから上の焦点距離では、顕著な歪曲が認められないことだ。とはいえ、まだ若干画面が波打っている。
  • 周辺光量落ちは8mm開放時に最も大きくなり(-1.65EV)、許容範囲内に抑えるにはF8まで絞るのが望ましい。8mm以外の焦点距離(12mm、16mm)では、周辺光量落ちは8mmほどには目立たないが、8mm同様若干絞ったほうが良い。超広角なので、通常よりも周辺光量落ちが大きいことに驚きはない。
  • 解像力は8mmが最も良く、中央は開放から素晴らしい値(excellent)で、周辺部と四隅がとても良好な値(very good)でこれを追っている。画面全域で均一な解像力を求めるなら、F8が最も調和が取れている。12mmと16mmでは中央は8mmほど素晴らしくはないが、全体的な特徴はここでも同様。このレンズは、解像力テストでは驚くほど素晴らしい結果だ。
  • 倍率色収差は平均1ピクセル前後で、ピクセル等倍で見れば気付くが、プリントでは問題はない。倍率色収差はこれまでのシグマの超広角レンズでは問題だったが、このレンズはズーム全域で倍率色収差がとても良好に補整されている。
  • このレンズは、開放からズーム全域で非常にシャープなレンズで、倍率色収差もとてもよく補整されている。超広角レンズしては、素晴らしい出来栄えだ。8mmでは歪曲は目立つが、これはこのクラスでは普通のことで、12mmではライバルよりも歪曲は少ない。周辺光量落ちは一番大きな問題だが、このような極端な広角では避けられないもので、絞るのがよい考えだ。フィルターが使えないことが気に入らない人もいるかもしれないが、レンズの出来はとても良い。価格は性能や仕様を考えると非常に魅力的だ。大いに推薦!

 

光学性能は5点満点で4点と、かなり高い評価となっています。8mmスタートという極端な超広角ズームですが、ズーム倍率を低く抑えたことやFLDの採用が功を奏したのか、絞り開放からズーム全域で抜群の解像力ですね。

フィルターが使用できないのが少々残念な点ですが、絞り開放からこれだけ性能の良い超広角レンズもあまり無いので、超広角ズームを狙っている方には有力候補になりそうです。

2011年5月17日 | コメント(5)

コメント(5)

先日Kマウントのアウトレットが安く出回った時に購入しましたが、撮影してみて素晴らしい解像感に驚きました。APS-Cの超広角はコレ一択でしょう。4万円台後半でしたが、正直激安だと思います・・・

価格.comでもこのレンズは波打つような独特のうねりが在ると指摘されていましたね。
APS-Cユーザーにとって、この画角を必要とする人には唯一の存在ですが、
それでも保護フィルターが使えないのは精神衛生的に良く無いらしく
常用とするなら10-20クラスを勧める人が多いです。

このレンズを予約して買った先輩ユーザーは大抵満足していますが、
「他の人にはお勧めできない」と言う意見が多いですね。

NEX-5にこのレンズを取り付けてステディカム撮影していますが、
大変満足しています。

この8-16mmはAPS-Cでは唯一無二の画角のレンズでしかも見事な解像力のレンズですね。
ただ「素人さんにはお薦めできない」画角とレンズのデッパリだし、歪曲も(12-24EXDGとは違って)大きいです。

ホントに良いレンズです
この描写であの値段
他の画角にも拡げてほしいパフォーマンスですね


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年3月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

このブログ記事について

このページは、2011年5月17日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「NEX用の30mmマクロといくつかの交換レンズに関する噂が掲載」です。

次のブログ記事は「ソニーの新しい交換レンズやアクセサリーの製品コードが掲載」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る