ニコンD5100は画質は素晴らしいが操作性に問題あり

dpreviewに、ニコンD5100の詳細なレビューが掲載されています。

Nikon D5100 In-depth Review

  • 解像力テストの結果は、D7000とほとんど同じ性能で、これは同じセンサーを使っていることを考えると驚きはない。ダイナミックレンジは標準の設定でおよそ9EVで、直接のライバル(α55やKiss X5)と同等の値。
  • ISO800までの低感度のJPEGではKiss X5やα55とほとんど同じような性能だが、Kiss X5の18MPセンサーが若干ディテールに優れている。ISO1600ではKiss X5、α55と同程度だが、ISO3200では差がつきはじめ、ISO6400ではD5100がこのクラスで最高の性能だ。RAWでもノイズとディテールの点でライバルとほとんど同レベルだが、解像力が一番高いのはKiss X5。しかし、α55、D5100、Kiss X5は事実上は同レベルだ。
  • (画質のまとめ)画質は明らかにD5100の切り札で、より安い価格で上位モデルのD7000と同等のクオリティを実現している。D7000では、いくつかのシチュエーションで悩まされた露出オーバーの問題は見られなかった。低感度の画質はこのクラス最高レベルのライバルと互角だが、高感度ではこれまでAPS-C機で見てきた中で最高レベル。ノイズレベルは極めて低く、デフォルトの設定でノイズリダクションはディテールを保存しながら色ノイズを上手くコントロールしている。
  • 位相差AFは非常に早く、3Dトラッキングは動く被写体にも極めてよく追従する。キットレンズ(18-55)でのAF速度は完璧に許容範囲内だが、目を見張るほどの速さではない。コントラストAFは高精度で、他の多くの一眼レフと比べて比較的高速。GH2と張りあうことはできないが、EOS 1100D/600D(Kiss X50、X5)よりもずっと速い。ライブビューではシャッターラグがおよそ0.5秒あるので、状況によっては問題がある。
  • 動画のクオリティはD3100、D7000と同等で、動きはスムーズで暗所でのノイズも少なく、良好な画質。内蔵マイクは、静かな場所では操作音を拾うが、気楽な撮影では十分に許容範囲。他のデジタル一眼同様、カメラをパンしたときにはローリングシャッター効果が見られる。動画中のAFは条件付きの合格で、ピントの迷いは顕著に改善しているが、NEXやGシリーズのAFには遠く及ばない。
  • 使い勝手の面では、ISOボタンがないのが問題で、感度はもっと簡単に変えられるようにするべき。D5100はD3100の奇妙なライブビューの動作を受け継いでおり、ライブビューモードに入ると絞りがロックされてしまう。また、ライブビューでマニュアルモードにすると、露出表示がされなくなってしまう現象も起きる。
  • 更に残念なのはD3100で使い勝手のよかったライブビューと録画用のモードスイッチが無くなってしまったことで、D5100ではシャッターボタンの横に録画ボタンが配置されたが、これはD3100より不適切な場所にあるだけでなく、お気に入りだったD3100のドライブモードスイッチに取って変わってしまっている。 
  • D5100は疑い無くこのクラスで最も競争力のある製品の1つで、動画とスチルの画質は素晴らしい。横開きのモニタは、三脚使用時にD5000よりもかなり使いやすくなった。懸案事項は、ほとんどが、D5100の芳しくない操作系の配置に関することだ。可動式モニタを除けば、D5100の操作性は、D3100よりもよくなっているとは思えない。とはいえ、D5100は実によい働きをするカメラで、初心者に優しい機能を持ち、性能の割りに比較的財布に優しい価格だ。しかし、D5100の操作性は、初めてデジタル一眼を買う人が上達していくためには、Kiss X5ほど融通が効かないかもしれない。

 

総合評価は76%とKiss X5(77%)とほとんど同じ点数になっています。画質に関しては基本的にD7000と同等で、申し分ない高い評価となっていますが、操作性の面ではD3100よりもむしろ使い勝手が悪くなっているという評価で、ここで少し点数を引かれてしまっているようです。

ただ、ライブビューや動画撮影時の挙動に関しては、ファームアップでの改善が期待できるかもしれませんね。

2011年5月 1日 | コメント(7)

コメント(7)

感度はKiss X5、α55との比較で「ISO3200では差がつきはじめ、ISO6400ではD5100がこのクラスで最高の性能」


「位相差AFは非常に早く、コントラストAFは高精度でKiss X50、X5よりもずっと速い」


この価格帯の一眼では、
秒10コマその他の革新機能性を選ぶか、堅実に画質を選ぶか、マーケティングイメージで選ぶか、の3択ですが、
もしコンテストに例えれば、3位は確定で、個性の異なる二者による1位争い、という感じですかね。


同じ横開きバリアンの60Dも今までのEOSシリーズと違ってボタン配置に苦労してるようなのでD5100も操作性に少し難有りでもおかしくはないと思います。ただ、改善の余地はあると思うので次バリアン機を出す時に期待します。

しかしD5000といいD5100といい、性能はとても堅実のようですね。
自分はD5000使いですが羨ましい限りです…丸っこいデザイン以外は(笑)

>>D5100はD3100の奇妙なライブビューの動作を受け継いでおり、ライブビューモードに入ると絞りがロックされてしまう。

あれ?NikonはLVでのシュミレーションは出来ないはずだけれど。何を今さら言ってるのかな?(P,Aモードの露出補正だけはかのうだけれど)

え? ライブビューだと絞り変更できないの…?

デザインそんなに気になるかねぇ。
正直前の型も結構酷かったし、だったら小さいほうが良くない?このクラスに文句言うのも…。このクラスが広い層に売れることで儲けが出るんだし。
それよりファインダーとボディ内AFモーター無しなんか改善してほしい…。

コマンドダイヤルが一つしかないカメラがありえないですね。
ダイヤルが一つしかないのが操作性を悪化させてると思います。
初級機にも中級機や上級機のようにメインとサブのダイヤルをつけてほしいですねぇ。

ダイアルが二個あって便利なのはマニュアル露出くらいじゃないのかなぁ。
個人的には絞りリングが使える方が便利だけど。
一眼レフも高級コンデジみたいにマウント部分にダイアルつけてくんないかな。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年3月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

このブログ記事について

このページは、2011年5月 1日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「Conurus社が電子接点を持つEFレンズ-NEXのマウントアダプターを開発中」です。

次のブログ記事は「パナソニックLumixG 14mm F2.5 ASPHはコンパクトさが魅力のレンズ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る