タムロンが年内を目処にEマウント用の高倍率ズームの新製品を投入

日経産業新聞に、タムロンのミラーレス向け交換レンズ参入に関する記事が掲載されています。

タムロン、「ミラーレス」向け交換レンズに参入

  • 交換レンズ大手のタムロンは、一眼レフから鏡など一部の光学部品を省いた「ミラーレス」タイプのデジタル一眼カメラ向けの交換レンズ事業に参入する。年内をメドに、ソニーが展開するミラーレスデジカメ向けに小型・高倍率ズームレンズの新製品を投入する。

    一眼レフに比べて本体やレンズを小型・軽量化できるミラーレスデジカメは国内を中心に人気が高まっている。交換レンズの種類が増えることで、市場拡大にも弾みが付きそうだ。

 

タムロンは以前からミラーレス機用の交換レンズの開発を示唆していましたが、どうやら今年中にEマウント用の交換レンズを発売するようですね。

レンズの詳細なスペック等は不明ですが、「小型・高倍率ズームレンズ」となっているので、18-270mm PZDのEマウント版のようなレンズでしょうか。

ライバルのシグマもCP+でEマウント用の30mm F2.8を参考出品していたので、これからEマウントの交換レンズは賑やかになりそうですね。

----------------------------------------------------
この情報は中村◯◯さんに教えていただきました。ありがとうございました。

2011年8月11日 | コメント(35)

コメント(35)

純正のラインナップを考えるとサードパーティーに頑張って貰いたいですね。NEX7に合わせて登場を待ち望んでいます。

個人的にはミラーレスには高倍率ズームよりも、小型軽量な35mm換算で35-70mmF2.8マクロズームといったレンズが欲しい。
パンケーキの単焦点レンズよりちょっとだけ便利で、標準キットズームよりちょっとだけ小さくて明るくて寄れる奴。
一眼レフ向けには絶対出ないような中途半端なスペックですが、構えて撮らないミラーレスだと使い勝手いいんじゃないかと思うのですが…

高倍率ズームは(いわゆる)ミラーレス機の良さをスポイルしてしまうので普及するかは疑わしいですね。

明るい標準ズームのコンパクトなヤツなら大歓迎です。

とうとうタムロンもミラーレスに参入ですか
しかもキラータイトルの高倍率ズームを持ってくるとは

自社レンズが優れるマイクロに対し
サードの取り込みで対応するソニー

以前こういう展開をゲーム業界で見たような

ソニーとタムロンは密接な関係がありますから、当然っちゃー当然ですね。
もっと他社が参入してくれないとイマイチ盛り上がらない。

高倍率ズームはボディ考えたら余程小型化しないと使い辛いので、何か技術的ブレイクスルーがあるとおもしろいですね。

高倍率はどうかなと思ったけど、色んなレンズで使いたいのでSONYと被らないのを出してくれるなら歓迎すべき。
なのかな。

規格参入時のコメントを見ると、タムロンが一番やる気があるように見えました。
しかし、CP+ではシグマの方が先にモックを展示、タムロンはアダプターを噛ましてごまかしただけで、シグマが先にレンズを発表するのかと思いきや…。
ここに来てまたまた逆転ですか。

ソニー純正の高倍率ズームは高価で大きく、重いので、小型・軽量の高倍率ズームは結構需要がありそうですね。

タムロンには60mmF2マクロのEマウント版も作ってもらいたいです。
あのレンズがアダプター無しで使えれば、Eマウントも悪くないと思えるのだけど…。

タムロンのEマウント用レンズは予想どうり発売日は今年中で高倍率ズームレンズでした。
ペンタックスのAPS-Cのミラーレスカメラ用のシグマやタムロンなどのレンズは発売されるのでしょうか。

レンズの選択肢が増えることは歓迎です。
あとはコシナがMF専用でいいからパンケーキレンズを……難しいかな。

私も中望遠マクロ希望です(笑)。30マクロでは生き物は難しいですからね。タムロンには90マクロと70-300,シグマには8-16などを出して頂けると。
純正も含めて2012年中には結構レンズが揃いそうですね。

Eマウントのレンズが増える事は嬉しいですね。
これからもどんどん増えていって欲しいです。

ただ、気になるのですが
おそらくNEXユーザーの大半がライト層だと思うのですが
果たしてそういった人たちのどれくらいがサードパーティの存在を知っているのか。
当然なのかもしれませんが、NEXのパンフレットを見ても純正品しか載っていませんし。
雑誌やネットで知識を得るか、店内を隅々見て各社のパンフレットや現物を見ないと
タムロンやらシグマなんて知らないままなのでは…?
実は僕もα350買っても、カメラに詳しい人に教えてもらうまで名前も知りませんでした。

そう考えると今さら言うまでもなく、やはり純正品が増えるのが一番ですし
メーカー側のパンフレットにサードパーティ製レンズの紹介があっても良いのじゃないか
と思ったりします。

人それぞれですけれと、高倍率ズームレンズより広角ズームレンズがほしい。

あ、Eマウントなら当然レンズ内手ブレ補正つけていいんですよね!?
これは朗報です。

 単に現行のAマウント用16-270mmをEマウントに変えるために 後ろを伸ばしただけのAマウントより大きな(長い)レンズだったりして...

いいですね!
私は望遠ズームメインに、建物とか撮れるワイドズーム希望ですね。
今のカメラも10~20使ってます!SONYロードマップだと、早くて来年なので困ってましたが、だしてくれないかな?

SONY好きさん

>メーカー側のパンフレットにサードパーティ製レンズの紹介があっても良いのじゃないか
と思ったりします。

確かフォーサーズのレンズカタログにはオリンパスだけではなく、パナソニックやシグマのレンズも記載されていたように思います。

ソニーもサードパーティー製のレンズをカタログに載せるべきでしょう。
これからミラーレスカメラの規格は増えるでしょうし、その中で生き残るには、しっかりとしたレンズラインアップの確保が必要だと思います。

タムロン得意の高倍率ズームが来るのは当然の流れなのでしょうが、コンパクトなボディにアンバランスな大砲を付けてまで使おうとは思いません。それとも大砲とは呼ばせない驚きの小型軽量に仕上げられてくるのでしょうか?

>ねぎま さん

私も高倍率より低倍率小型ズームが欲しいですね
標準ズームは大きくてせっかくの小型ボディーが生きてませんから
ただ、私の場合は換算28~60程度がいいですけれど

パナのみたいな優秀なパンケーキを作ってくれるだけで買いなんですがね。。。

今までのAマウント用はわざわざVC省いてたのが残念でした。
VC付きでしたら大歓迎ですね♪

Ilford FP4さん

>単に現行のAマウント用16-270mmをEマウントに変えるために 後ろを伸ばしただけのAマウントより大きな(長い)レンズだったりして...

その可能性も否定できませんね。
しかし、タムロンの18-270mmF3.5-6.3であれば、純正のE18-200mmF3.5-6.3よりコンパクトでズームレンジも広いので、決して需要がないわけではないと思います。
しかし、出来れば専用設計でよりコンパクトにして出してほしいですね。

高倍率ズームの次は、中望遠マクロと大口径標準ズームを出してくれれば文句なしです。
ソニーは再来年にならないと絶対に出さないでしょうから。

>ソニーもサードパーティー製のレンズをカタログに載せるべきでしょう。

それをやっちゃうと、中国製マウントアダプターや
サムヤンなど韓国製のレンズまでやるべきかという
議論になります

またソニー発行のカタログに載るということは、
ソニーが責任を持ってトラブルをサポートすると
ユーザーに誤解される恐れもあります

マイクロ4/3カメラはセンサーサイズでふんぎれなかったので、今度出るNEX7の購入を検討していましたが、SONYのレンズは高価なので躊躇していました。
このニュースは私にとって大変ありがたい話で、NEX7の発売が待ち遠しくなりました。

ファインダー内蔵のNEX-7やNEX-5Nに外付けEVFが用意されたので、高倍率ズームの需要も見込まれると判断されたのではないでしょうか?
と言う以上に、ソニーのNEXシリーズのラインナップが揃ってから動こうとしていたのかもしれませんね。

しかし、シグマは参考出品は早かったけれども・・・
どうなんでしょうね、Eマウント用の開発は進んでるんでしょうか??

>ソニーもサードパーティー製のレンズをカタログに載せるべきでしょう。
SONYはSONYでもソニーエリクソンのサイトの方はサードパーティ製のパージもあるのでWeb上では可能ではないかと思ってますね。Eマウントサイトでも立ち上げてくれて、サイバーショットページみたいにいろいろな使い方紹介とかしてくれると盛り上がるでしょうけどね・・

まぁ、確かにソニーの製品カタログに他社製品をのっけるには多少問題もあるようですが、それよりも、システムのボリュームをアピールしないと生き残れないと思います。
幸いEマウントはオープン規格になったので、サードパーティー製レンズでAFが利かないとか、絞り羽が動かないというトラブルは防げると思いますので。

ところで、シグマの30mmF2.8はどうなったのでしょうね。
CP+で純正と被る焦点距離だとわかったので、開発をし直しているのかも。
F2.8だとインパクトに欠けますからね。

どれくらいコンパクトに仕上げてくれるんでしょう。
大きいなら無用ですが、ペンタのパンケーキ並の小ささのレンズが出るなら焦点距離に関わらず興味あります。

〉ねぎまさん
そのスペックでは現行の標準ズームより遥かに大きく重くなるのは間違いありません。
大口径ズームを求めるなら光学系の小型化は限界があります。

そもそも現行の標準ズームのような小レンズですら大きいと言われてしまうのがNEXの不幸というか、ボディを小さく作りすぎたツケというか…

ズーム系に力を入れているタムロンよりも、明るい単焦点に熱心なシグマの参入に期待したいですね。

ただ、シグマはこれまで使った全てのレンズで大幅なピント位置のずれがあり、購入後の調整の手間を考えると少し気持ちがなえてしまいます。

やはり純正がしっかりして、その上でサードパーティーから製品が出てくるのが理想でしょうか。現状ではガジェットマニア向けのボディ(NEX-7のこと)が出るに過ぎず、レンズが貧弱な点は以前と変わりませんから。

タコ~ルさんの
>現状ではガジェットマニア向けのボディ(NEX-7のこと)が出るに過ぎず、レンズが貧弱な点は以前と変わりませんから。

すごく的を得ていると思います。
カメラで一番大事なのはレンズだと思いますから。

>レンズが貧弱な点は以前と変わりませんから。
いちおうZeissの単焦点や望遠ズームも同時期に出る予定じゃありませんでしたっけ?
全く改善しないような表現は語弊があるかと

この1年間、Eマウントが非常に貧弱な状態であったことは確かですが、来年にかけて少しずつ改善していくと思いますよ

NEX7の登場以後が本当のEマウントのスタートになるのかもしれませんね

高倍率も良いですが、伝家の宝刀、90mmマクロを出してくれたら狂喜乱舞します。

マイクロ含む4/3のカタログにオリンパスやパナが載ってるのは
4/3マウントがオープン規格だからじゃないでしょうか。
手元のオリンパスカタログにはオリンパスしか載ってませんでしたし、シグマとかが引っくるめて載ってるのは4/3規格のカタログでした。
ややこしい^^;

で、今回Eマウントも晴れてオープン規格になったので
NDA締結した範囲とかでまとめて載せたカタログが
いずれ出てくるんじゃないでしょうか?

それから管理人さんへ~
sonyのHPに、『RGBWの4画素を使ったデジタルカメラ用液晶』の記事が載っていました。
http://www.sony.co.jp/SonyInfo/News/Press/201108/11-086/
ご参考までに。

>550Aさん
情報ありがとうございます。

タコ~ルさん

>シグマはこれまで使った全てのレンズで大幅なピント位置のずれがあり、購入後の調整の手間を考えると少し気持ちがなえてしまいます。

位相差AFならピンずれはしますが、コントラストAFのNEXではピンずれの心配はないと思います。ピントが合わないとすれば壊れているレベルで、ピントに関しては基本的にメンテナンスフリーです。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2019年
1月 2月 3月 4月 5月 
2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2019年5月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

このブログ記事について

このページは、2011年8月11日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「パナソニックが極めてコンパクトな望遠ズーム(45-175mm)を準備中?」です。

次のブログ記事は「キヤノンの2012年のデジタル一眼に採用される技術に関する噂」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る