シグマの30mm F2.8はEマウントだけでなくm4/3マウントも用意される?

43rumorsに、シグマの30mm F2.8がマイクロフォーサーズ用のマウントでも発売されるという情報が掲載されています。

(FT5) This is the new 30mm f/2.8 Sigma lens for Micro Four Thirds!

  • 43rumorsの読者がシグマのマイクロフォーサーズ用レンズの最初のプロトタイプを発見した。このレンズは30mm F2.8だ。このレンズは数ヶ月前から展示されていたものだが、(以前は)ソニーEマウントとのみ記載されていた。

    現在、シグマはマイクロフォーサーズマウントを追加することを選択したように見える。私の記憶が正しければ、このレンズはマクロレンズだ。このレンズの価格や発売日などに関する情報はない。

 

写真には確かに「Sony E et Micro Quatre Tiers(ソニーEとマイクロフォーサーズ)」と記載されているので、シグマがm4/3マウントの30mm F2.8を用意する可能性は高そうですね。

ただ、Eマウントと共用ということになると、m4/3用のレンズとしては少し大柄なレンズになってしまうかもしれませんね(光学系がAPS-C用なので周辺部の画質がよくなるというメリットもありますが・・・)。

 

sigma30mmf28-500.jpg

2011年10月10日 | コメント(10)

コメント(10)


をを、

マイクロフォーサーズはマクロレンズを持っておらず、
どうしようか考えていたところです。

素直にパナを買おうかと思っていましたが、
少し待ってみよう。

M4/3のレンズにOSは付くのでしょうか?
付かないならパナボディにはツライですね。

でかくなるのは確定ですね……
フルサイズ流用と思われる4/3用のレンズ群が一部の
製品を除いて評価がアレだったように思うので、周辺
解像もあまり過剰に期待しないほうがいいと思います

あと、ある程度絞らないとピーク性能が発揮できない
4/3ぽくないレンズが多かったように思います
安マクロを出してくれるのは大賛成なんですが……

>>きまじめさん
OSは入れて欲しいですね
自分はオリユーザーだけれど、つけたほうがいいと思います
でかいのは我慢するので、OS入り望遠短焦点とか出して欲しい

光学系がAPS-C用だからといってm4/3で周辺部の画質がよくなるかといったらそんなことはないです。

m4/3は電子補正をすることが大前提になっているマウントですので、補正の効かないレンズメーカー製レンズの進出は難しいと思っています。
コシナのような電子補正をかけない状態でのMTFの向上を一番の主義においてるレンズはいいですが、AFレンズでは大きさと価格の折り合いともあり成功しないと思います。

裾野が広がるのか、山が高くなるのか分かりませんが、
層が厚くなるのは良いですね。

ソニーもマイクロフォーサーズも、さすがに電子補正関係の
情報は渡さないでしょう。ミラーレス一眼の売れ方から見て
必要十分なレンズラインナップさえあればあとはボディの
性能やデザインが優先されるようなので。

個人的には、シグマとタムロンはライセンス料を
払っていない状況から脱却して、ゲームソフトのように
カメラメーカーとソフトメーカーがイーブンの関係に
なるよう改善されるべきだと思います。

Eマウントも、NEX-5N以降は電子補正になっていくようですね。

英語わからんのですが
メイン記事のラインアップって4/3のラインナップなんでしょうか?同じラインナップでEマウントもでるのかもしれませんが・・
希望してたタイプのはないですね・・・(どちらにしても)

あとはタムロンかな?

電子補正前提で小型化や低コスト化を図っている現状のミラーレスレンズ市場では、
その恩恵を受けられないレンズメーカーはOEM供給などが現実解かなと思います。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2019年
1月 2月 3月 4月 5月 
2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2019年5月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

このブログ記事について

このページは、2011年10月10日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ペンタックスの次の新製品発表は来年1月になる?」です。

次のブログ記事は「ニコンの70-200mm F4の特許とFX用レンズの特許に関するまとめが掲載」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る