シグマ12-24mm F4.5-5.6 II DG HSMは旧型から改善されているが期待していたほどではない

LensTipに、シグマの超広角ズーム「12-24mm F4.5-5.6 II DG HSM」のレビューが掲載されています。

Sigma 12-24 mm f/4.5-5.6 II DG HSM

  • ズームリングは適度な重さがあり、スムーズに回転する。フォーカスリングも適度な重さがありスムーズ。回転角は135度で、正確なピント合わせが可能だ。 
  • 解像力テストは、ニコンD3XでRAWで行った。中央の解像力は、旧型と対照的にどの焦点距離でも開放からしっかりしているが、絞った際にあまり解像力が上がらない点は残念だ。絞ったときの最高の解像力は、旧型と同程度のレベル。
  • 周辺部の解像力はAPS-Cでは、ズーム全域で基準となる値(30-31lpmm)にとても近いレベルだが、旧型からの改善は見られない。フルサイズでは絞った後でさえ、(どの条件でも)基準値には達せず、ここでは価格を考慮に入れると平均かそれ以下の結果だ。
  • 軸上色収差の補正は完璧ではないが、深度が深いので大きな色付きは見られない。倍率色収差は、問題が大きかった旧型と比べると明確な改善が見られるが、ワイド端では0.20%と非常に大きく、完璧というにはほど遠い。
  • 歪曲はAPS-Cでは12mmで-0.45%、24mmで1.57%で、旧型よりも若干悪くなっているが、画角を考えればとても良好な結果だ。フルサイズではワイド端では-2.67%の顕著なタル型、望遠端で2.13%の目に付くレベルの糸巻き型で、問題がある。重要なことは、歪曲が(後処理で補正がしにくい)陣笠状であることだ。
  • 周辺光量落ちは、APS-Cでは12mm開放で41%(-1.54EV)、18mm開放では37%(-1.34EV)、24mm開放では31%で、あまり良好な性能とは言えない。フルサイズでは12mm開放で59%(-2.59EV)、18mm開放で52%(-2.10EV)、24mm開放で45%(-1.72EV)で、周辺光量落ちは相当に大きな問題だ。
  • 逆光耐性は、サンプルで見られるように実に大きな問題だ。フレアは、全焦点距離でどのような絞り値でも発生する。
  • AFはノイズレスでかなり速い。最短から無限遠までは0.5-0.7秒の好結果。深度が非常に深いのでAF精度のテストはほとんど不要だが、スタジオ内では全くAFのミスは発生しなかった。また、前ピンや後ピンの傾向も無かった。
  • 魚眼以外でこのような広い画角が必要なら、このレンズが唯一の選択肢だ。旧型に比べると性能は改善しているが、改善の度合いはあなたが期待していたほど大きくはないだろう。多くのニコンユーザーは、もう少しお金を出して、画角は少し狭いが光学性能はずっと優れているニッコールの14-24mm F2.8を買うかもしれない。

 

光学性能は旧型に比べると全体的に一回り良くなっているようですが、歪曲だけは旧型のほうが良く補正されているようなので、用途によっては必ずしも新型が良いとは言えないかもしれませんね。

光学性能はニコンの14-24mm F2.8には及ばないようですが、シグマはずっとリーズナブルな価格で、しかもフルサイズ用の広角ズームとしては唯一12mmスタートなので、これはこれで十分魅力的なレンズではないかと思います。

2012年1月30日 | コメント(5)

コメント(5)

同社DCレンズの8-16mm使ってますが、やはりフルサイズ対応となると画角と画質の向上は難しいんですね。
私は、こういった他社にはない挑戦的な姿勢は好きです。
これからもビックリするようなスペックのレンズに期待したいですね。

私は旧型を使っていますが、それはもう天使でも降臨したかと思う程(笑)強烈なゴーストもフレアも出ますけど、何よりフルサイズ対応超広角ズームという存在自体に価値があると思っています。

APS-Cで使っても換算18-36相当ってのは使い勝手が良いです。

キヤノンフルサイズで12-24mm(旧)、ペンタックスAPS-Cで8-16mmを使っていますが、8-16mmの素晴らしさから12-24mm(新)には期待していたのですが、評判は色々で、8-16mmをAPS-Cで使うようにはいかないのでしょうかね?
導入するか、いっそボディごとニコンに鞍替えか、迷いっぱなしです。

シグマには限界ギリギリで無理せず、12ミリを単焦点で出して欲しい。これ熱烈な要望です。

歪曲性能の良さに限って言えば、旧12-24は新型のみならず、N社やC社の14-24、16-35、『神レンズ』の誉れも高いO社の7-14さえも凌駕する性能で、建築写真にも使えるレベルでした。
その自分的には最大のよさが今回スポイルされたのは、とっても残念でした。
旧12-24は『歪曲神ズーム』として、伝説になるんじゃないかな。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2019年
1月 2月 3月 
2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2019年3月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

このブログ記事について

このページは、2012年1月30日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「キヤノンがCP+で発表するのは新型Kiss(Kiss X6?)のみ?」です。

次のブログ記事は「キヤノンEOS 5D Mark III は2月には発表されない?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る