ソニーE50mm F1.8 OSSは高性能なレンズだが色収差が目立つ

SLRGearに、ソニーE50mm F1.8 OSS (SEL50F18)のレビューが掲載されています。

Sony E 50mm f/1.8 OSS SEL50F18 (Tested) 

  • E50mm F1.8 はシャープなレンズだが、開放からシャープなわけではなく、開放では全体にいくらか甘い。絞るに従って改善し、F2.8では顕著に良くなり、F4ではほぼ隅々までかなりシャープになる。最高の解像力を得るためにはF8まで絞る必要があるが、実際の撮影では、F2.8は別として、F4からF8で解像力にそれほど大きな違いは感じないだろう。回折の影響はF11から現れる。
  • 倍率色収差は、特に開放付近では驚くほど抑えられているが、絞るとハイコントラストの部分に目立つようになる。
  • 開放でチャートの隅の部分に赤の色ズレが見られるが、これは軸上色収差によるもので、絞れば減少する。この赤の色ズレは、ハイコントラストな被写体では画面の中央でも見られる。これはコントラストの高い被写体では問題があるが、階調が緩やかに変わる被写体なら問題は少ない。
  • 周辺光量落ちは、開放で1/3EV前後のわずかな値。絞ると周辺光量落ちは、無視してよい値になる。
  • 歪曲はごくわずかな糸巻き型だ。
  • AFはとても静かで、フルタイムマニュアルフォーカスが可能だ。フィルター取付枠はフォーカシングで回転しない。最大撮影場率は0.16倍で、マクロ撮影向きのレンズではない。
  • 手ブレ補正は公称4段分だが、テストではむしろ2.5段分に近かった。
  • ソニーの50mm F1.8 SAM(+LA-EA1マウントアダプタ)と比べると、開放付近ではE50mm F1.8が優れているものの極めてよく似た性能だ。
  • シグマの50mm F1.4 EX DG HSM(+LA-EA1マウントアダプタ)と比べると、シグマはE50mmよりも目に付くほどのよい結果は得られていないように見える。
  • E50mm F1.8 OSSは高性能なレンズで、唯一、開放付近で色収差(軸上色収差)が目立つのが欠点だ。その場合でも、問題になるかどうかは被写体によるので、それほど顕著に目立たないかもしれない。

 

サンプルを見ると、開放付近では少しソフトな描写ですが、ポートレートでは返って雰囲気が出ていいかもしれませんね。絞ると非常にシャープになるので、風景の切り取りなどにも問題なく使えそうです。

あと、軸上色収差の問題が指摘されていますが、これはテストチャートでは確かに目立つようですが、普通の被写体のサンプルを見る限りではあまり問題はなさそうですね。

2012年6月24日 | コメント(8)

コメント(8)

個人的には、キットレンズの座を18-55から奪いました。
価格を考えると良いレンズです、間違いなく。

E16とE18-55がこのクオリティだったらNEXに対する評価も大きく変わっていたでしょうね。

いくつかのサンプルを見た限りでは、Aマウントの50mm二本と比べてぼけがやわらかいように見受けられました。
雰囲気のある描写をする良いレンズかなと個人的には思います。

私が試したEマウントの数本の中では、このレンズは最高です。
(2番目はシグマ19mmF2.8)
ツアイス24mmF1.8よりずっと良い。(試したツアイスは片ボケ。)
E50mmF1.8、オススメです。
ポートレートならF2.8、風景ならF5.6に絞れば充分シャープ。
ボケがすごくキレイ。
しかも安い。

このレンズは買い、ですね!NEXのレンズ全てがこのクオリティだったらなぁ

NEX-7なら、このレンズの色収差は目立ちませんよ。
たしかNEX-7には色収差補正機能があったような。

素晴らしいレンズです。m4/3の45/1.8も安価で良く写りますが、E50/1.8の方が絞りが効いて使いこなし甲斐がありますね。人物、スナップ、風景と何でもいけます。

キットのズームとパンケーキがいまいちだったのでもっぱらこのレンズが付きっぱなしなっていますね。
ムービーなどもF1.8のおかげで深度の浅い所謂一眼ムービー的な絵が手軽に撮れるのいいですね。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2019年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 
2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2019年9月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

このブログ記事について

このページは、2012年6月24日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「トキナーAT-X 17-35 F4 PRO FXは開放付近は甘いが絞れば非常にシャープになレンズ」です。

次のブログ記事は「ペンタックスK-30の自由作例&スタジオで撮影されたサンプルが掲載」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る