ペンタックスK-30はコストパフォーマンス抜群のカメラ

ePHOTOzineに、ペンタックスK-30のレビューが掲載されています。

Pentax K-30 Digital SLR Review

  • ボディは安心感のある頑丈な造りで、しっかりとした手応えを感じる。SDカードの取り出しは、いくらかやり難いが慣れれば問題はない。光学ファインダーは明るくクリアだ。
  • バッテリーライフはCIPA規格で410枚で、実写では(フラッシュ無しで)600枚以上撮影することができた。K-30はオプションの単三バッテリーホルダーで、単三電池に対応する。
  • OVF使用時はAF速度は非常に速いが、ライブビューでは顕著に遅くなるので、静物以外ではライブビューでの撮影は避けたほうがよい。またライブビューでは、フォーカスの迷いのため作動音がずっとうるさく感じられる。起動時間は極めて早く、撮影から次の撮影までの待ち時間も優秀だ。
  • 色再現はとても良好で、肌色のトーンはとりわけ素晴らしい。ディテールも良好だ。露出とAFは信頼できる。手ブレ補正は1/10秒程度まで、シャープな画像が得られる。
  • ノイズはISO100から400までは非常に少ない。ISO800と1600ではノイズがまとわり付き始める。ISO3200ではノイズはより顕著になり、ISO6400ではノイズのザラつきが更に顕著になるが、(カラーチャートの)薄い色はまだ極めてクリーンだ。ISO12800ではノイズが著しく目立ち、これが使える最高感度だと判断する人もいるかもしれない。ISO25600はノイズは盛大だが、色乗りはまだ良好だ。
  • オートホワイトバランスは、白熱灯下では暖色になるが、プリセットではずっと自然な結果が得られる。また、蛍光灯下では若干アンバー(琥珀色)に傾くが、プリセットではより自然になる。
  • 動画機能はK-01と同じで、マニュアルモードでは録画中にシャッタースピードやISOが調整できる。ホワイトバランスは録画前にセットできるが、録画中はセットできない。手ブレ補正は手持ちの動画撮影でとても効果的だ。
  • K-30はコンパクトなボディに多くの機能を満載している。価格は599ポンドで、防塵防滴の一眼レフとしては素晴らしいコストパフォーマンスだ。画質は色もダイナミックレンジも素晴らしく、適切なレンズを使えばディテールも良好。K-rからのアップグレードや、防塵防滴のカメラを探している人には素晴らしい選択肢だ。
  • 良い点: 素晴らしい色、DNG形式に対応していること、ノイズが少ない、防塵防滴、手ブレ補正、6コマ/秒の連写、改善された動画、アダプターで単三電池が使用可能、ライブビューでフォーカスピーキングが使用可能、防塵防滴の一眼レフとしては安価。
  • 悪い点: HDMI端子・マイク端子が無い、メモリーカードが取り出しにくい、ライブビューのAFが遅い。

 

K-30は奇抜な新機能こそありませんが、視野率100%のファインダーや防塵防滴、2ダイヤルの採用など、カメラとしての基本的な部分を磨きあげた、中級機のようなコンセプトのエントリーモデルですね。画質は色乗りがよく、ローパスが薄いためかK-5よりも切れ味が鋭い印象です。

2012年7月28日 | コメント(27)

コメント(27)

PentaxはK30の上級機のフォーマットをどうするんでしょうね。
K30がこんなに完成度が高いと、APS-Cで差別化するのはかなり大変じゃないかと。
私は現在K-5を使っていますが、もはやAPS-Cフォーマットでは、相当なブレークスルーが無いと食指が動かないんですよね。
レンズがないとか色々問題はあるでしょうが、FAが使えますから、とりあえず出せばいいのに。
実際、645Dもレンズの新製品は1種類しかないのに出してきたし、それでもなんとかなっているように思います。

スペック、コスパは良いんですけどね。どこまで値崩れに耐えられるんでしょう。K-rは3万円代半ばで後継機不在で生産中止しましたし。

あと、K-30は既存技術、部材なので、フォトキナでどれだけ新要素を提示できるか、レンズを順調に発売できるかが鍵です。
既存ユーザーの辛抱に対する義理をはたしてないし、前向きに考えられる結果をまだ示せてないと考えます。

鳥撮りに特化したために、500/4や600/4のないペンタから
ニコンに移行しました。

でも、*istDからK-5まで9年間使い続けたペンタには今でも
相当に愛着があり、余裕さえあればペンタ+ニコンの2マウ
ントにしたいとも思っています。

K-30は素晴らしいけれど、トータルで見てK-5を超えては
いないような気がするので、フルサイズへの布石かなと
興味深く見守っています。

φ( ̄▽ ̄*) 記事を書かれた方は誰なのかしら?
PENTAXの魅力を良~~~~くご存知で素晴らしいわぁ♪

メモリーカードの取り出しをチェックするところなどは
PENTAX機を熟知しているエキスパートねん⌒☆

その方が色ノリをベタ褒めするのだから
PENTAXユーザーが納得できるボディみたいですね
ペンリコの今後の開発、よい方向に進んでいる感じ
安心して待ちましょう。。。色々と(* ̄◇ ̄*) ぐふぅ

 SPFが大好きさんの意見、私も分かります。APS-Cは熟成期に入り、これ以上のシステムアップがどうなるのか正直想像がつきません。k-30は確かに良い機種だと思いますが、やはりAPS-Cだけでは今後難しいかなと思います。
 そういえば、パナも新フォーマット出すみたいですよね?ニコン・キヤノンも廉価版フルを出すという事ですし、技術が進んで、小型軽量のフルが市場のメインとなった場合、APS-Cだけのペンタは正直辛いものになるのでは?と思います。645Dは風景や静物専門で、一般ユーザーが使用するカメラのフォーマットとしては高くて重すぎると思います。ペンタもAPS-Cからユーザーが無理なくステップアップできる新たなフォーマット(35mm)が必要になると思います。いまからでも、35mmを内包できるDFAレンズの充実が急務ではと思います。

メインにNikonを使いNEXとm4/3にも手を出しているので買えませんがK-5とK-30はとても魅力的なボディです。
いや、手を出してみたいです。
レンズの選択も幅は狭くても他社ユーザーを採り込めれる要素は満載なので今後の展開に期待しています。

K300が出てくるか
K-5s
K-3  ??
が出てくるか

★16-50
★50-135
がリニューアルされるのか

DC採用が増えるのか?

 これらが キモ でしょうね。

レンズ性能でAFが制限されてますから。
撮れる絵自体は、APS-C最高とみんなわかっています。
 問題はレンズでしょう。
これさえクリアできればあとは7DやD7000を超える
 本体が必要になるでしょう。

k-5ユーザーは買い替えは不要ということでしょうかね。
K20DやK100とか古い機種の方には良いのかも??

kissX6iとかに比べれば値段とスペックを見ても
大いに魅力的ではありますが
量販店に来た何も知らない入門者の人には
やっぱりX6iを勧められるのでしょうかね・・・

K30も素晴らしいけど私にはグリップが小さすぎて・・・早くフルサイズ出ないかなぁ。Z1のグリップが私の手にはドンピシャでした。FA☆のサンニッパと600/f4は中国のペンタックスサイトにまだ出ていますよ。

ライブビューが遅いと言われてますが、
SONY以外で比較すればかなり早いと思いますけどねぇ?

ライブビューのAFが遅いと書いてありますがK30よりライブビュー時のAFが速い一眼レフってどれでしょうかね。
C社やN社より遥かに速いと思うのですが。

OVF使用時に比してLV時のAFが遅いとしか言ってないですね。
他機種は引き合いに出されていませんよ。

現状のどの一眼レフのLV時のAFに対しても通用する、一般的な情報です。

K-30のライブビューが遅いなら、他の「一眼レフ」は全滅ですね。
位相差AFに比べると遅い、と書いてあるなら分かるんですけど。

K-30のみならずK-5もコストパフォーマンス抜群のカメラですよ。
Bodyの割にFA Lensがちとお高い・・・ orz

さすがは名機K-5のスペックをほぼ踏襲強化した機種ですよね。
単焦点中心になるレンズ群さえ問題なければ割りと他者に勧められるボディだと思います。

折角の防塵防滴なのだから、ダストリダクションはDRではなくK-5と同じくDR2にしてほしかった。DR2だったら買ったのに!

>PentaxはK30の上級機のフォーマットをどうするんでしょうね。
>K30がこんなに完成度が高いと、APS-Cで差別化するのはかなり大変じゃないかと。

K-30は素晴らしいカメラですが、各所でそれなりに機能や性能を落としているので、K-5後継機も確実にAPS-Cでしょう。それで良いと思います。

他メーカーも驚くほどの史上最強のAPS-Cで来て欲しいですね^^

K-5後継はSONYの2400万画素APS-Cセンサーなんじゃないでしょうかね。
K-5はステイン問題で買いもらしてしまったので期待しています。
K-30は右肩液晶が無いので見送りです。
アサカメの記事によると、この攻撃的なデザインは一代限りだそうで、
惜しいですね。

2400万画素で来るとしたら、今のコマ速で14bitだと、画素処理エンジンの大幅UPもしくはデュアルですかね。

K-5後継機の話もちらほら出ておりますが、フルサイズをやたら期待する声も多いですが、APSCで間違いないでしょう。645Dと微妙に食い合う物を出す合理的理由が見付かり難いですし、中盤を出しているメーカーからするとフルサイズと騒いでみてもたかだか35mmという事ですから…。
K-30の実機を触ってみた所、K-5に取って代われる物とは思えませんが、K-5後継機に課せられている課題は大きいと思います。
ボディの事以外に、レンズ、その他周辺機器についても大きな課題を沢山抱えているというのが、PENTAXの現状だと思いますが、何処か呑気な空気を漂わせている様にしか見えず、この先が危ぶまれます。

K-30のライブビュー時のAF速度はとても速いと思います。もちろんレンズの種類によりますが、標準ズームの18-55mm使用時はとても速いと思います。明るい場所でのライブビュー時のAF速度は、明るい場所での光学ファインダー時のAF速度より少し遅いのですが、近い速さと感じました。
K-01ではAFを近くに合わせた後遠くに合わせると、フォーカスが必ず遠回りするので最短の場合より遅いのですが、K-30は60cm位までの距離に合わせた後は最短で合います。しかし、60~200cm位の距離に合わせた後遠くに合わせるとフォーカスが必ず遠回りするので、遅くなります。ペンタックスの今後の商品はこの様な事がおこらない様に、開発して頂きたいと思います。
それ以外の場合の明るい場所でのライブビュー時のAF速度は速いと思います。これからの機種は更に速くして頂きたいと思います。

ニコン&キャノン使いの私から見ればペンタのライブAFは比較にならないほど早くうらやましいですよ。
ただ中身の真面目さに対して、あのガンダム的デザインは合わない気がするので、同じ中身で従来デザインのものと2本立てに出来たらいいと思います。

反則技使用のα使いの自分も、ペンタのコントラストAFには「おおっ!」と思いましたね。オリンパスE-P1くらいの速度は出てる気がしました。

ニコン/キャノンは・・・はじめて一眼レフ(ニコンD90)を買った知人に「すごい遅いんだけど、壊れてるのかなあこれ・・・」と相談されたことがあります・・・(苦笑)。

NikonとPentaxの2マウント体制ですが、K-30に限らずPentaxの位相差AFはAUTO11でもほとんどの場合中央1点にしか合焦しないのは何故なのでしょう? これでは動体にピントを合わせるのが大変だと思います。 アルゴリズムの違いかもしれませんがNikonやCanonの入門機のほうがよほど使いやすい。 購入層のビギナーに親指AFを求めても使いこなせないのではないでしょうか? 
このようなカタログ数値に表れない性能がクリアされれば価格以上のスペックはとても魅力的なのですが。

これで、静粛性とゴミ取りが改善されてたら、手放しで褒めるんですけどね…
JPEGの画の爽快さ、CTE、カラバリなど、初心者の方にカメラの楽しさを知ってもらうのにペンタ機はある意味最適と思うんですけど…。静粛性、初期精度、品質、レンズラインナップ、周辺機器など、細かい点でペンタはすこしづつ苦労するので勧められないんですよね。本当に惜しくて、リコー体制下で挽回して欲しいところです。

AFがニコキャノ並みに強力になれば買ってもいいかなと思いますね。ペンタックスの画質がとても良いのは分かってます。

K-30単体で見ればコストパフォーマンスが高い気がしますし、
量販店で何度も何度も触ってますが、本当に良いカメラだと思います。
DA18-55 WR程度のレンズでさえ、K-m/K-7より撮れる気がします。
ただ、レンズを含めて考える場合、エントリー層~という位置づけ
価格的にファミリーユースの一眼レフとして見るとEOS Kissを凌駕する
大きなメリットや特徴は少ないかなぁ。
AFがAFがと良く言われるし、自分もK-7とDA300/シグマ50-500と
100-300 F4でお手軽野鳥撮影やりますが、そういう動体以外にも
バカ親写真の類が本当に歩留まり悪い(悪かった?)です。
K-5は早々に手放したのでわかりませんが、K-m/K-7と嫁のK-rで
DA50-200/DA55-300という普及価格帯レンズは騒音を撒き散らす上に
動きまわる子供が被写体だと、かなりピントを外すことが多いですね。
早々にAF動作を諦めてくれたら(最初からMF使えという話もある)、
AF諦めモードなる設定があればQSFでの操作に直ぐに移行できるのに
そんな事も思うわけです。
AF動作音というより騒音も実に不愉快です。
なんでもDA ☆、FA/DA Limitedを使えばいい写真が撮れる、
それなら他社機材と比べて利点が無いわけですし、普及価格帯レンズの
質を数段高めてくれたらと思ってます。
DA60-250はK-5と共に手放しましたが、嫁にシグマ100-300 F4
あるいは50-500、DA300使えとは言えません。
DA50-200/DA55-300がDCモーターで少し静かになって、
AFが潔くキッパリ、さっぱり諦めるような設定でもあればMFへの移行も
楽で少しばかりストレス無くなるかなと思います。

そもそもペンタ機材の良さは設定を詰めて撮ること、あるいはMFを含めて
撮り手が手間をかけて撮影してこそ良さがわかる面があります。
この辺、エントリー層~をターゲットにする場合、お手軽や万能という面と
少し反するわけですが、長く使って撮り手の技術が向上すると
苦になる場面も減っていくように思います。
ただただAFがぁ、なんていう層を相手にしたところでキヤノンやニコンの
お手軽で手堅い機材と比較できるものでもないと思います。
また、そういう層はペンタの良さをしゃぶり尽くすとは思いにくい。

ほどほどの価格でそこそこ期待より良い写りのレンズも昨今では
他社の低価格単焦点の登場でペンタの十八番とも呼べません。
そういう点で、カメラボディのパフォーマンスが高くてもトータルで見れば
そんなにお得じゃないという面が少しあるように思います。

DA560 F5.6、SDM対応 x1.4テレコンの登場があるようなら、
そしてK-5後継が出ることがあれば、EOS 40D程度の
AF性能であって欲しい。そんな事を思います。
それならシグマ50-500を手放して手にしたいと思います。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2019年
1月 2月 3月 
2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2019年3月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

このブログ記事について

このページは、2012年7月28日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「オリンパスE-7は2013年の下半期に登場?」です。

次のブログ記事は「ソニーのハイエンドNEXの登場は2013年?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る