タムロンSP24-70 mm f/2.8 Di VC USDは手ブレ補正は魅力的だがライバルに遅れを取っている点も多い

LensTipに、タムロンSP24-70mm F2.8 Di VC USDのレビューが掲載されています。

Tamron SP 24-70 mm f/2.8 Di VC USD

  • フォーカスリングは1cmの幅で、このクラスのレンズでは最も狭いが、適度な重さがありスムーズに回転するので、使い勝手は申し分ない。 フォーカスリングの回転角はおよそ110度。
  • ズームリングはズーム全域で程度な重さがあり、スムーズに回転する。ズーミングで鏡筒は3センチ以上伸びる。
  • 手ブレ補正の効果は3EVに達しており、これはとてもよい結果だ。
  • 解像力テストは1Ds Mark IIIでRAWで行った。基準となる解像力は30-32lpmmだ。
  • 中央は、広角端では開放から40lpmm前後の非常に良い値で、少し絞ると42lpmmに達する。中間域(45mm)では大きな問題があり、開放では(25lpmm前後で)実用的とは言いがたい。しかし、幸いなことに絞れば大きく改善し、F4では36lpmmのとても良好な解像力になる。望遠端開放では広角端ほど素晴らしくはないが、34lpmmの良好な値で問題はなく、絞れば更に改善する。
  • APS-Cの周辺部は中間域(45mm)以外では良好だが、45mm開放は22lpmmで甘い。フルサイズの周辺部はF2.8とF4は(ズーム全域で)いくらか問題があり、シャープな画像を得たければF5.6まで絞ったほうがいい。
  • ニコン24-70mm F2.8との比較では、広角側は両者が並んでベストだが、ニコンは顕著な落ち込みも見られず、望遠側も良好だ。キヤノン24-70mm(旧型)との比較では、多くの部分でタムロンが優っているが、タムロンが弱い中間域ではキヤノンが優っている。
  • 倍率色収差は、広角端の開放付近でのみ顕著だが、幸いなことにその他の條件では問題ない。
  • 歪曲は広角端ではAPS-Cでも-2.47%のタル型でとても大きく、フルサイズでは-4.78%のタル型で更に深刻だ。歪曲は大きいだけでなく、陣笠状の形をしている。
  • 周辺光量落ちはフルサイズでは24mm開放で61%(-2.70EV)で、ライバルよりも大きい。絞っても改善は遅く、F4では44%(-1.65EV)の高い値で、これはニコン24-70mm F2.8の開放よりも大きい値だ。F5.6まで絞ると32%(-1.11EV)に改善するが、それ以上絞ってもほとんど改善しない。
  • フレアやゴーストは全ての絞りや焦点距離の組み合わせで見られ、特に太陽が画面周辺部にある場合によく現れる。
  • AFは超音波モーターでほとんど無音だ。AF速度は素晴らしく全く問題はない。AF精度は50Dと1D Mark III では前ピンや後ピンの傾向は見られず、調整をする必要はなかった。スタジオではAFを外したの4%以下で、これは素晴らしい結果だ。
  • タムロンは純正よりも安いがシグマよりは高価で、この価格は廉価ではない。タムロンの強みは手ブレ補正と、周辺部の比較的良好な解像力だが、多くの点(中央の解像力、歪曲、周辺光量落ち、球面収差)でライバルに遅れを取っており、高価な純正だけでなく小型で安価なシグマにも負けているのは問題がある。見込み客の興味を引きたいなら、もっと魅力的な価格にする必要があるだろう。

 

光学性能は解像力は良好ですが、周辺光量落ちと歪曲は少し気になるレベルかもしれませんね。とは言え、このクラスの唯一の手ブレ補正はとても魅力的ですね。結論では価格の高さが指摘されていますが、手ブレ補正が付いて純正の半額なので、コストパフォーマンスは悪くないと思います。

2012年7月12日 | コメント(11)

コメント(11)

簡易ですが防滴と手ぶれ補正もついて10万円ならいいと思います。

レンズ構成図をみるとXLDレンズではなくLDが3つなんですね。
後群のレンズにXLDを1つでも入れたら中央の解像もよくなったんじゃないでしょうか。
せっかくの新開発レンズですがいまのところ70-300mmにだけこのXLDレンズが使われているようですね。
といっても、私には十分きれいに見えますが。

このレンズを実際に使っていますが、確かに周辺光量落ちは、ファインダーからも分かります。
但し、ニコンでヴィネットコントロールをオンにしておくと、撮影画像は全く問題ありません。
あまり絞っても改善されないみたいですので、ニコンユーザーの方は、割り切って考えて良いのでは?と思います。

解像度も評価にあるような印象はありません。被写体にもよるかもしれませんが、自分にとっては、周辺は解像度よりボケの形やつながりの方が重要なので、その点は満足しています。

逆光特性については、確かにナノクリのようにはいきませんが、ナノクリだってフレアーは起きるから、要は撮り方でカバー出来ると思います。

一番の問題は、大きさと重さです。撮影のときは、逆にボディとのバランスもよく、安定するのですが、カメラバッグで結構、場所をとるので、このレンズを使うシチュエーションの時は、他に捨てる機材を悩みます。

知り合いの業者が購入していたので何本か試させてもらいまらいましたが、癖が強いです。
画自体の癖は、シグマほどあっさりでもなく、キヤノンほどねっとりでもなく、ニコンっぽいしっとりした感じで好印象だったのですが、歪みがちょっと…。ファインダーをのぞいていて、歪み&光量落ちが分かるのはきついです。
後処理しようにも記事にあるように陣笠型、しかも個体によって微妙に違うようです。

このサイズに手ぶれ補正の光学系を押し込むためにかなり無理がある設計になっているように感じました。

ただ、価格は魅力的です。安い標準ズームを探しているユーザーには良いかもしれません。この値段だと純正の中古が買えてしまうので、手ぶれ補正が必要ない&標準保証が不要なら純正中古を推しますが。

ニコン24-70を使っていますが、タムロンで今の価格では手ぶれ補正がついているとはいえ選びにくいのではないでしょうか。
安い・手ぶれという理由で選ぶなら、ニコンの場合、新しくでたばかりのAF-S NIKKOR 24-85mm f/3.5-4.5G ED VRを買いボケがほしいならプラスで50mm f1.8(もしくは85mmf1.8)を買ってもタムロン24-70と同じぐらいの予算でいけるので、タムロンのこのレンズはやはりもう少し安くなってほしいです。
f2.8標準ズームがガシガシ使える金額で出ていたら、ニコン24-70を持っていてもほしくなりそうです。

ニコン純正を使っていますが、タムロンの評価が高いので気になっていました。画質面では、純正の方が上のようで安心。まっ、価格が違いますけどね。

このレンズの事はphotozone_deのレンズレビューの内容が一番参考になるような・・・
フルサイズ用手ぶれ補正機能付きレンズはこれとEF24-105Lが価格拮抗で比較が面白いですね。
どこかにもう日本語のレポート掲載されてるのかな?

ニコンの24-70を使ってますが、
純正とちょっと劣る性能なら、
D800の便利用に欲しいかったのですが
レビューの評価は厳しそうですね。
24-85、28-300、24-120と比べると
あんまり魅力的に感じないな。

6-7万円なら悩むけど、今の値段はないかな。

このレンズはいいですよ。タムロンには安い28-75があるんだから、先のレンズと併売しながら、純正にはない手ぶれ防止高級レンズというカテゴリーで堂々勝負です。手ぶれ防止があれば機動力を増すのでスナップで重宝します。がんばれタムロン!!!

手ブレ補正をどれだけ重要視するかによって、本レンズの評価は大きく異なる気がします。
三脚前提で風景撮りをされる方からすれば、手ブレ補正いらないから究極の画質をということになり、本レンズの評価が低くなるのも分かります。
私は街歩きスナップ、人物撮りが主で三脚を使わないので、手ブレ補正搭載が実にありがたいです。
「A09に手ブレ補正搭載で安価に」という選択肢もあったかもしれませんが、今後のことを考えるとこれ以上の高画素化についていけなかったはず。
値段はどうでしょう。手ブレ補正なしのシグマが7〜8万円ですから、そう高い気もしません。

レビューによって評価が分かれる、というか値段「高い」と
lenstipでは辛口な傾向だったかも。。。

photozoneやdigitalpictureでは中心が特に解像という印象ですかね。
Tamronの利点は軸上色収差が少なく、望遠側で後ボケが柔らかいとか。
純正レンズと違う点になりそうな予感です。

これから出るCanonさんの24-70、驚きのMTFですが、無事あの仕様で
量産できて且つ像面収差が無いなら、このレンズと違う方向、風景等、
三脚立ててカッチリ撮るときに良さそうですね。

このレンズデビューしたばかりなので、¥100000~¥110000位のプライスなら、妥当だと思います。
シグマの24-70が¥90000位ですから、手ぶれのことを考慮すれば悪くないですよ。

ニコン24-70を使っているから、買い替えはありませんが、
この調子で、24-105-F4とか、24-120-F4を¥80000位で作ってもらえると嬉しいです。

もちろん、タムロンだけじゃなくて、シグマでも、トキナーでもOKです。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年9月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

このブログ記事について

このページは、2012年7月12日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「キヤノンがDOレンズ(回折光学素子)を採用した600mm F5.6と800mm F5.6の特許を出願中」です。

次のブログ記事は「キヤノンのミラーレス機は18MPのAPS-Cセンサーと可動式モニターを採用?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る