オリンパスM.ZUIKO DIGITAL ED 75mm F1.8は最高にシャープなレンズ

ePHOTOzineに、オリンパスM.ZUIKO DIGITAL ED 75mm F1.8 のレビューが掲載されています。

Olympus M.Zuiko Digital 75mm f/1.8 Lens Review

  • 重さはわずか305g、全長は69mmしかなく、このレンズは35mmフルサイズやAPS-C用のレンズと比べると、焦点距離や口径の割りに驚くほどコンパクトだ。鏡筒は金属製で非常にハイクオリティだが、意外にも防塵防滴ではない。
  • AFはとても速く正確だ。金属製のフォーカスリングは絹のように滑らかに動き、比較的容易に正確にピントを合わせることができる。フォーカシングで、フィルター枠は回転せず、レンズも伸びない。
  • 解像力は開放から中央は既に素晴らしい解像力(excellent)で、四隅は良好な解像力(good)だ。絞ると、解像力はこのレンズだけの領域(Outstandingの解像力のラインよりも更にずっと上)になる。F2.8からF11までは画面全域で非常にシャープで、解像力に差は見られない。解像力に関しては、このレンズはすこぶる良好だ。
  • 色収差はF2.8よりも絞りを開くと若干高いレベルになり、周辺部では0.9ピクセルを超える。F2.8からF16の間では色収差は0.5ピクセルを下回り、ほとんど問題はないはずだ。
  • 周辺光量落ちは開放でわずか0.8EVで驚くほどよく補正されている。F2.8まで絞れば見た目に均一になる。
  • 歪曲は0.9%の糸巻き型で、これは非常に低いレベルだ。歪曲の形は画面全域で整っているので、後処理での補正は容易。
  • 逆光ではフレア耐性、コントラストの低下への耐性は高い。しかし、それほど必要がないとしても、フードが標準でついてきたらなお良かった。
  • 価格は700ポンド前後で少し高めかもしれないが、このレンズの性能を考えれば、それだけの価値があると同意してくれると思う。
  • このレンズの購入を考えていない人は、このレンズの光学性能がいかに優れているのか確かめてみるのも興味深いかもしれない。このレンズは現在手に入る全てのカメラシステムで最もシャープなレンズで、造りもよく、使っていて楽しいレンズだ。このレンズは確実にツァイスやライカのレンズの対抗馬になり得るレンズだ。

 

このレンズはどこのレビューでも非常に高い評価を受けていますが、このePHOTOzineのレビューでも例外ではないようです。

解像力チャートでは、F2.8まで絞ると、グラフが天井を突き破って更にその上まで伸びているほどで、これほど解像力の高いレンズは珍しいですね。開放付近の倍率色収差だけはそこそこの値のようですが、周辺光量落ちや歪曲も問題なく、ボケ味も良好で、全体として申し分のない高性能レンズという印象です。

2012年11月 7日 | コメント(14)

コメント(14)

このレンズのためにE-M5を購入しましたがほんとに
素晴らしいです。ただ難しいレンズでもありますが。
75mm、60mm macro、45mm、12mmととにかく
素晴らしいですね。
GH3でも早く試したいですね。

m4/3のレンズとしては高価な方ですが、値段以上の写りという感じです。オリンパスのレンズは4/3も含めてコストパフォーマンスが良いですね。

やはり凄いですね。

ユーザーとしては買うべきなのか...
でも150mmの画角は難しいからなあ...

と悩む毎日^^;

これから出る17mmF1.8もこのクオリティーを期待してしまいますね。

気軽に撮影しただけでも「絵になって」しまう凄いレンズだと思います。
オリンパスの謳い文句通り、ポートレートにも最強です。

「F2.8からF11までは画面全域で非常にシャープ」ということは、E-5と松レンズの組み合わせの様に、今後、ボディが相当進化して、そして、本当の意味で真価を発揮するレンズなのかも…

今後、75mmから先の望遠域をどう展開していくのか、次に発売予定されているハイグレードレンズ17mmf1.8は、ソニーのRX1(35mm)やキヤノンの35mmf2.0に対して、どういう特徴で挑むのか(単純な画質比較だけでなく、大きさ、値段、使い勝手なども含め)…今後がますます楽しみになってきました。

ものすごい大絶賛ですね。
焦点距離の関係で後回しかなぁと考えていましたが、手に取ったら欲しくなっちゃうんだろうなぁ。

それにしても、何故Olympusは75mm単をここまで高性能に作ったんですかねえ。

135mm(35mm判)は名玉が多い画角ですが、換算150mmってのはちょっと長いですよね。でも、やはり135mmを意識してる画角なのかな?

前にここで、どなたかが書かれてましたけど、
このレンズはバックフォーカスが短いんですね。
つまりミラーレス用に作られた望遠レンズで、
このまま150mmに拡大してもフルサイズの一眼レフでは使えない。

ミラーレス用に設計することで、望遠レンズも何か設計上の制約が外れたのでしょうか。
もしかしたら、望遠レンズが新時代を迎える前兆かもしれませんね。
他社のミラーレスも含め、楽しみになってきました。

このレンズは、ただでさえフランジバックの短いm4/3で、さらにマウント面よりめり込ませるようなレンズ構成でバックフォーカスを短くしてますね。フランジバックが短いマウントではレンズの高性能化ができないという誤解を一蹴する実例になると思います。

OLYMPUSの撮影講座で、ずっと借りて使ってました(笑)
確かに、楽しかったです^^;

昆虫撮影用に60mmマクロが気になってましたが、このレビューを読んで75mmに中間リングをかませて使いたくなってきました。無限遠と防塵防滴を捨ててでも導入する価値はありそう。
その前にm4/3のボディを買わなくては。(^^;)

撮影会で借りて使ってみましたけど、確かに写りはいいです。
ただ長くて使いにくい。
45mmを愛用してますが、こちらが無難でしょう。

日本のレンズが現役世界一との評価、素直に嬉しいです。
オリンパス大いに見直しました。変な経営問題などはね返して頑張ってほしいです。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2019年
1月 2月 3月 4月 5月 
2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2019年5月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

このブログ記事について

このページは、2012年11月 7日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ソニーが液晶を使って光量調整をするための特許を出願中」です。

次のブログ記事は「パナソニックGHシリーズへのグローバルシャッターの搭載は2年後?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る