ツァイスDistagon T* 21mm F2.8は価格以外に欠点が無いレンズ

Phoblographerに、ツァイスDistagon T* 21mm F2.8 ZEのレビューが掲載されています。

Review: Zeiss 21mm f2.8 (Canon EF Mount)

  • フィルター枠は82mmで、フードは15mm F2.8と同じように固定式だ。このレンズは1ポンドをわずかに超える重さで若干重く大きい。鏡筒は他の全てのツァイスレンズ同様に総金属製だ。
  • フォーカスリングは大きく、距離目盛り、被写界深度目盛りがある。(EOSでは)ピント合わせでは、シャッターを半押しにしながらフォーカスリングを回すことで、(フォーカスエイドで)合焦の確認をすることができる。多くの場合は合焦しているが、たまに外すこともある。
  • このレンズは、これまでに使ったこのクラスのレンズの中で最もシャープなレンズの1つで、膨大なディテールが得られる。このレンズはシャープなだけでなく、Webで "マイクロコントラスト" と呼ばれている、ちょっとした魔法が追加されている。ツァイスのレンズの多くにはこれがあり、ピントがあった被写体を更に浮かび上がらせる。色再現は非常に正確だ。コントラストは高いが、全体としてとても素敵に見える。
  • ボケ味は天下一品だ。歪曲は、画面の四隅付近を除けば、かなり抑えられている。周辺光量落ちは、開放では目に付くが、F4まで絞ればほとんど解消する。逆光耐性は多くの状況でしっかりと抑制されている。
  • このレンズは、これまでこのサイトでテストした中でベストの広角レンズだ。解像力、色再現、コントラスト、鏡筒のクオリティは素晴らしく、価格が高いことを除いて本当に欠点が無いレンズだ。

 

サンプルは縮小画像なので解像力はよくわかりませんが、レビューを読む限りではかなり期待できそうなレンズですね。このクラスの純正レンズは古いレンズばかりなので、とにかく高性能な超広角レンズが欲しいユーザーには良い選択肢になりそうです。店頭価格は10万円台半ばなので、F値を考えるとかなり高いですが、アマチュアに手が届かないというほどではないですね。

2012年12月10日 | コメント(6)

コメント(6)

21mmはつけっぱなしにしておくレンズではないんで、この重さはちょっと致命的かと。自分はバッグに入れる気にならないと思います。。。

お久し振りです.

> フードは15mm F2.8と同じように固定式だ。

Phoblographerでは修正されていますが,Distagon T* 2.8/21のフードは取り外しでき,逆さ付けも可能です.因みにフードはDistagon T* 3.5/18と共用です.
ZKをAPS-C機で愛用しています.大変良いレンズですが,ほんの少し逆光に弱いのが玉に瑕です.
それでは失礼いたします.

このレンズ使ってます。

17-40/F4Lと同等の大きさ、重さはそれ以上です。そこまでしてでも、このレンズを使って撮りたいと思ってしまいます。

藤八さんも触れているとおりで、逆光が弱点です。色収差を含む、収差補正はきわめて高いレベルに達していると言えるでしょう。17-40と違って最周辺部の像面湾曲も抑えられています。

フィルタースレッドが前玉に比して大型(φ82mm)ですが、そのおかげで角形フィルタがケラレなく使えます。

気軽に持ち出せるサイズではありませんが、ここぞと言うときに持ち出すと決して期待を裏切らないレンズです。
単なるカリカリシャープじゃないところが気に入ってます。

広角では評判のレンズのようですね。

ただ画角やらMFであることなどなど、、、、考えると
tse24も考えたくなるところかもしれません。

ただ、広角でボケの評価を高くしているのは意外です。

21mm付けっぱなしは、50や35でも狭いと感じるので
トリミングOKであればとてもいい選択かと個人的にはおもいます。。。
惜しむらくは、、、軽ければ、十分普段使用アリですね。。。

「ここぞ」というときにものすごい能力を発揮するレンズですが普段持ち歩かないので...そこらへんが問題点ですかね。それでも、買ってよかったと思うレンズではあるのですが、これを持っていくなら、NEX-5NにVoigtlanderUltraWideHeliar12mmf5.6付けてでいいやって思ってしまったりするので。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2019年
1月 2月 3月 4月 5月 
2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2019年5月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

このブログ記事について

このページは、2012年12月10日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「キヤノンEOS 6Dは素晴らしい高感度性能」です。

次のブログ記事は「キヤノンが液晶を使って視野率100%のOVFを小型化する特許を出願中」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る