オリンパスM.Zuiko Digital 17mm F1.8は極めてシャープなレンズ

ePHOTOzineに、オリンパスM.ZUIKO DIGITAL 17mm F1.8のレビューが掲載されています。

Olympus M.Zuiko Digital ED 17mm f/1.8 Lens Review

  • 鏡筒はとてもしっかりした造りで、F1.8の明るさにもかかわらず、このレンズはわずか120グラムの重さしかない。鏡筒の仕上げは素晴らしく、ハイクオリティな印象を受ける。残念なことにこのレンズは防塵防滴ではない。
  • AFは速く正確で、ほぼ無音だ。フォーカスリングは絹のようにスムーズで、比較的容易にピントを合わせることができる。フォーカシングでは、フィルター枠は回転せず、レンズも繰り出さない。
  • 解像力は、中央は開放から既に際立った値(outstanding)に近く、隅は良い(good)のレベルだ。絞ると画面全体で改善し、ピークのF4とF5.6では、画面全域で際立った解像力(outstanding)になる。
  • サンプルでは中央の解像力は開放から素晴らしく、絞ったときは画面全体が驚くほどの解像力になる。7枚羽根の円形絞りで、ボケ味も好ましい。
  • 色収差はこのタイプのレンズとしては大き目だが、1ピクセルは下回っているので、周辺部のコントラストの高い被写体を除けば、それほど問題はないはずだ。
  • 周辺光量落ちは開放で1.58EVで、F1.8の大口径レンズとしては、まずまずよく補正されている。F4まで絞ると見た目に均一になる。
  • 歪曲は広角レンズとしては珍しく糸巻き型(0.439%)だ。歪曲はとても小さいので、特に歪曲が目立つ被写体以外では問題は全くないはずだ。歪曲の形は画面全域で整っているので、後処理での補正は容易。
  • 逆光では、明るい光源が隅かその外側にあると、赤く霞み掛かることがある。このレンズはZEROコーティングが採用されており、フレア耐性は極めて高い。
  • 17mm F1.8はプレミアム価格かもしれないが、このレンズの光学系はそれだけの価値がある。このレンズの解像力はとても価値のあるもので、多くのマイクロフォーサーズユーザーに愛用されるはずだ。
  • 良い点: 極めてシャープ、素晴らしい造り、軽量コンパクト、コストパフォーマンスが良好。
  • 悪い点: 防塵防滴ではない。

 

このレンズはレビューによって少し評価が割れていまいたが、このePHOTOzineのレビューでは非常に高い評価ですね。解像力は開放から良好で、絞ると隅々まで非常に高い解像力になるので、かなり優秀という印象です。価格は国内では4万円台前半なので、プレミアム価格というほどでもないですね。

2013年3月 3日 | コメント(4)

コメント(4)

グラフ見るとF5.6での解像力は凄いですね。
パナソニックの20mmの最高解像度F2~4と同じくらい(周辺部は17mmが凌いでる)になってます。
17mmのルックスと画角が好きなら20mmを選ぶ理由はなさそうですね。
しかしなんでこんなに評価が分かれるんでしょうか・・・

サンプルを見ても今ひとつ自分では判断できかねています。


このレンズは持っていますが、
使い始めは、ズームとほとんど変わらないし
見た目以外は、正直はずれだっと思ってました。
(m4/3はom-dの標準レンズとしてパナ12-35mm f1.8を使用)

しかし、最近無理して使っていたらよく雰囲気をうつしてくれてる
と思えるようになってきました。
ペンタックスでいうところのFA43 みたいな感じ
FA31、FA77の影に隠れているが実はすごいやつ。
17mm 1.8は良い買い物でした。

このレンズ使うボディによって描写力が変わるのですかね?
自分のμ4/3機(全てパナ)では開放が甘すぎて写真は結局パナ20mmに落ち着きました…。
でも動画では重宝しています。ほんとにAF音静かですからね!

レンズの評価とかをしているブログでたまに見かける「オリンパスレンズは個体差がデカイ」が如実にでちゃってるモデルなんですかね。
「前レンズのぐらつきが起きやすい」のも最近のオリンパスレンズの特徴とか見ましたね・・・実際どうなのかは私みたいな素人には分かりませんが。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2019年
1月 2月 3月 4月 5月 
2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2019年5月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

このブログ記事について

このページは、2013年3月 3日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ライカM(type240)のサンプル画像が掲載」です。

次のブログ記事は「ツァイスが来年に一眼レフ用の高性能な28mm F1.4 と85mm F1.4を発表?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る