タムロンSP AF10-24mm F3.5-4.5 Di II は隅の解像力が期待はずれ

photozoneに、タムロンSP AF10-24mm F3.5-4.5 Di II LD Aspherical IF のレビューが掲載されています。

Tamron AF 10-24mm F/3.5-4.5 SP Di II LD Aspherical IF - Review / Test Report

  • 鏡筒の造りは他のタムロンのレンズと同程度だ。鏡筒はプラスチック製で十分しっかりとしているが、絶賛するほどではない。フォーカスリングとズームリングは、どちらもスムーズに回転する。ズーミングで鏡筒は若干伸びるが、ガタつきは見られない。前玉は回転しないので、偏光フィルターの使用に問題はない。
  • AFは古典的なDCモーターで作動音は目立つ。AF速度は問題なく超広角レンズとしては十分な速さだが、実写ではAF精度は不足していた。
  • 歪曲はワイド端で2%のタル型で、ライバルと比べると目立たない。しかし、残念なことにこのレンズは、広角端以外でも、歪曲は広角端に比べて若干改善するだけだ(14mmで1.9%のタル型、18mmと24mmで1.6%のタル型)。
  • 周辺光量落ちは10mm開放では1EVを超える値(1.30EV)で、絞っても1/2EVを余裕で超える値(F5.6で0.89EV、F8で0.75EV)だ。しかし、広角端以外のズーム域では、周辺光量落ちはよく補正されている。
  • 解像力は10mmでは中央部は開放から既にとても良好(very good)で、絞ると素晴らしい値(excellent)になる。周辺部は中央には大きく遅れを取っており、開放ではまずまず(fair)だが、絞るととても良好な値(very good)まで改善する。四隅は期待はずれで開放とF5.6では非常に甘く、F8とF11まで絞って良い(good)のレベルになる。
  • 14mmと18mmでも似たような状況だが、中央の解像力が落ち、(14mm F8時を除いて)絞っても素晴らしい値(excellent)にならない。14mmでは四隅は絞ってもまずまず(fair)の解像力にしかならない。
  • 24mmでは他のズーム域よりも良好で、(開放から)中央は素晴らしい値(excellent)、周辺部はとても良い値(very good)だ。隅は絞れば良好な値(good)になる。
  • 倍率色収差は10mm開放では3ピクセルに近い非常に大きな値だが、絞れば色収差は改善する(F8で1.86ピクセル)。より望遠側では色収差は良く補正されているが、14mmでは絞ると色収差は再び増す。
  • このレンズは性能面ではあまり関心しない。ズーム全域で歪曲が目立ち、ワイド側では色収差と周辺光量落ちもかなり大きい。解像力は周辺部はOKだが、隅は少なくとも開放付近では期待はずれだ。しかし、周辺部は水準に達しており、多くのケースでは十分かもしれない。このクラスではかなり低価格であることを考慮すれば、それでもなおタムロンは魅力的かもしれない。このレンズは値段相応だ。

 

光学性能は5点満点中1.5点~2点のやや厳しい評価となっています。解像力は特に隅が低めですが、F8まで絞ればそこそこの値になるようです。とは言え、10mmスタートで24mmまでのズーム域なので、トキナーの12-24mmやシグマの10-20mmよりも使い勝手はよさそうですね。

2013年3月 2日 | コメント(7)

コメント(7)

あー、私の実際使ってみての印象とほぼ同じ感じですね。全然ダメというほどじゃないんだけど、なんかぱっとしない、というか。だったら純正12-24mm(ペンタックスです)買っとけよって突っ込まれそうですが、つい安さにつられて・・・。タムロンを売却して純正買うか、と考えたりもしたけれど、使用頻度を考えると躊躇していたり。でも10mmの画角は楽しいんだよなあ。結構寄れるし。うるさいことを言わなければ楽しいレンズかと思います。でも画質を考えると、高くても各メーカーの純正買っといた方がいいよ、とも言えるかな。

値段なり・・・と思いましたが、タムロンにしては、ちょと高いかな

ちょっと前からのユーザーです。このレポートに限らず、以前からのネットでのその不評ぶりには閉口します(^_^)。しかしながら、安価だし、この画角はとっても素晴らしい。魚眼では得られない迫力です。特に、接近戦(笑)、狭い道などで建物全体をとらえるようなケースでは重宝します。まあ、自分はレタッチ三昧でいじくり回しますから、それほど画質は気にしていないので、こんな脳天気な事を言うのかも知れません。

このレンズをペンタマウントで使ってます。
トキナー12-24をEFマウントで使っているので、ペンタ純正だとほぼ同じレンズだし、どうせなら違うレンズをと思って選びました。
(タムロンさんのキャンペーンで貰ったものですが)

10ミリ域だと、画面隅が流れる感じがしますね。
12ミリくらいにしていたほうがまとまったんでしょうが、それでも10ミリスタートにしたことで写るものもあるという考えかもしれませんね。
貰ったものだから誉めるということではありませんが、価格からすると十分なレンズだと思います。

Aマウント A77、A100で使用しています。
画質のクオリティーは値段と比較して充分すぎる出来ではないかと思います。
ハワイで使用していますが、海、山のワイド感が伝わってきます。
愛用レンズの一つです。
難点は他のタムロン製のレンズ同様 望遠一杯に回すとフォーカスが定まらない現象が起こります。

全てにおいてごもっとも、なまっとうな内容ですね。
先代に当たる11-18mmがD5100ではAFが使えないので買いましたが、ズームレンジの割に安いというだけが売りで、久々に新品で買って失敗したなぁと思わされたレンズです。

掲載されている評価を見ると「見るも無残」という感じですが、昨年7月に購入して以来、このレンズに不満を感じたことは一度もありません。
10ミリの超広角は私に写真の新分野を教えてくれましたし、とかく評判の悪い24ミリ域もソニーのスマートテレコンの2倍で中望遠としても常用しています。
「どんな写真撮ってるの?」と言われそうですが、6月のイタリア旅行の際は、バリオゾナー16~80ミリとどちらを携行しようか散々迷って、この10~24ミリにしましたが、このレンズを持って行って良かったと思ってます。
ちなみに、このレンズで撮ったヴェネチアの写真をA3にして写真クラブの作品展に出展しましたが、出来映えには満足しています。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2019年
1月 2月 3月 4月 5月 
2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2019年5月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

このブログ記事について

このページは、2013年3月 2日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「シグマ17-70mm F2.8-4 DC MACRO OS HSMは手頃な価格で良好な性能」です。

次のブログ記事は「ライカM(type240)のサンプル画像が掲載」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る