富士フイルム XF 55-200mm F3.5-4.8 R LM OIS はしっかりとした性能だが価格が若干高い

ePHOTOzine に、富士フイルムXF55-200mm F3.5-4.8 R LM OIS のレビューが掲載されています。

Fujifilm Fujinon XF 55-200mm f/3.5-4.8 R LM OIS Lens Review

  • 重さは580グラムで大きさの割に軽いが、鏡筒の造りはとても良好で、しっかりとしていて頑丈な感触だ。ほどほどの重さなので、テスト機のX-Pro1とのバランスは良好だった。
  • フォーカシングはインナーフォーカスなので、前玉は回転しない。レンズは望遠端にズームすると約6センチ繰り出す。フォーカスリングとズームリングは十分な重さがあり、細かな調整も用意に行うことができる。
  • AFは新しいリニアモーターと改善されたファームウェアのおかげで、明るい場所ではまずまず速く、迷うのは暗い場所で望遠端で撮影する場合だけだ。
  • 手ブレ補正は、注意深く撮影すれば200mmで1/8秒でシャープな画像が得られる。これは驚きの5段分の効果だ。
  • 解像力は55mmでは中央は開放から既に際立った値(outstanding)で、隅は素晴らしい値(excellent)にわずかに届かない。F4からF8に絞ると、解像力は向上し、隅も素晴らしい値(excellent)のレベルになる。一方で、中央は際立った値(outstanding)を維持している。
  • 100mmでは、全体に解像力は低下するが、中央はそれでもなお開放からとても良好な値(very good)で、隅は良好な値(good)だ。解像力のピークはF8で、このとき画面全域で素晴らしい値(excellent)になる。
  • 200mmでは、更に少し解像力が落ちる。開放では中央の解像力はとても良い値(very good)に近い値で、隅は良い値(good)だ。解像力のピークはここでもF8で、ことのき中央は素晴らしい値(excellent)に若干届かない値で、隅はとても良好な値(very good)だ。
  • 色収差は200mm開放で1/2ピクセルをわずかに超えるのみで、非常によく補正されており、大きなプリントやトリミングでもほとんど問題にならないはずだ。
  • 周辺光量落ちは、55mmでは1.5EV、200mmでは1.9EVで良く補正されている。55mmではF5.6、200mmではF8に絞ると見た目に均一になる。
  • 逆光ではフードがあっても無くても、コントラストは良好に維持されており、フレアも大きな問題はない。
  • このレンズの性能は決して悪くはないが、600ポンドに近い価格なので、もう少し高い性能を期待しても許されるだろう。それでも、このレンズはしっかりした画質を得られる以上の能力があり、手ブレ補正の効果は極めて良好だ。
  • 良い点: 55mmでの素晴らしい性能、歪曲が小さい、造りの良さ、とても効果的な光学手ブレ補正、高速なリニアフォーカシングモーター。
  • 悪い点: 望遠側にズームすると解像力が落ちる、他社の同等のレンズと比べると若干高いかもしれない。

 

解像力は広角側は見事な値ですね。中間域から望遠側は広角側に比べると解像力は低くなりますが、望遠端でも開放から周辺部までgoodのレベルを超えているので、比較的廉価な望遠ズームとしては良好な性能と言ってもよさそうです。

あと、手ブレ補正は公称4.5段分ですが、実測ではそれを超える5段分の効果ということで、他社のレンズを含めてもトップレベルの性能ですね。

2013年7月 9日 | コメント(9)

コメント(9)

全焦点域で安定した性能、色収差の少なさなどから非常に使いやすく、かつ高画質で気に入っています。
確かに手ぶれ補正も良く効きますね。
ズームレンズのフジノンに恥じないレンズだと思います。

手ぶれ補正ですが、1/8で5段分だと1/256ではないですか?
そうすると公称4.5段は正しいと思います。

ニコンの70-200 F4もそうですが、手ぶれ補正もどんどん進化していますね。


私の場合、被写体を追いかけたり構図を気にしたりで、しっかり構えることが疎かになりがちのため、なんでこのSSでぶれてるの?と言うことが多々あります。

基本はしっかり守らないといけませんね。

35mm換算だと300mmですので、5段分のSSは1/9.375となります。1/8でぶれないということは本当に5段分の効果があるようですね

シャッター速度一段分って何分の何秒ですか?

キューさん

ご指摘の通り焦点距離換算していませんでした
ISO自動制御時のSS下限設定するときも…

勉強になりました。
ありがとうございました。

 このレンズまだ購入していませんが、小さなボディに長い望遠レンズは似合いませんね。望遠は、一眼レフの方がぶれにくいし使いやすそうです。

X-Pro1にぴったりですね!
それにしても5段分とは驚きです。
フルサイズ一眼のほうでも、この価格と望遠で5段のものはないのでは?

X-E1に別売りのグリップつけてこのレンズ使うとかっこよさそうです。
5段分もブレ防止効くのであれば大きなボディいらないですね。

欲しいけど、使用頻度を考えると躊躇しちゃうなあ。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年9月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

このブログ記事について

このページは、2013年7月 9日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ソニーの今後の新製品に関する噂のまとめが掲載」です。

次のブログ記事は「ソニーのフルサイズNEXは2ヶ月以内に登場する? [内容更新]」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る