富士フイルムXQ1の画像と簡単なスペック

読者の方から、富士フイルムのコンパクトカメラ「XQ1」の画像といくつかの情報を提供していただきました。
  • 富士フイルムXQ1のスペック

    - AFは0.06秒
    - 起動時間0.99秒
    - シャッターラグは0.015秒
    - 撮影間隔は0.3秒
    - センサーは2/3型のX-Trans CMOS II
    - ローパスレス
    - レンズは換算25-100mm F1.8-4.9 の4倍ズーム
    - 水中ハウジングが用意される

 

富士フイルムのXQ1は、シルバーとのツートンカラーだったXF1に比べるとレトロ調が抑えられていて、普通のコンパクトのデザインに近付いているという印象です。特にシルバーモデルはレトロ調のデザインが苦手な方でも全く問題なさそうですね。

内容的には、センサーがX20と同じ像面位相差AF付きのセンサーに換装され、AFが高速化されているのがXF1との最大の違いのようです。
------------------------------------------------------------------------------------
画像&情報を送って下さった方、ありがとうございました。

 

fuji_xq1_black.jpg

fuji_xq1_silver.jpg
2013年10月18日 | コメント(17)

コメント(17)

Excellent!!
DSC-N1以来APS-Cでしたが、久々に「コンデジ」を買うことになりそうです。
端整なブラックが胸のポケットに忍び込ませてさっと出して取るというのに似合いそう。
X20の画力が気になっていましたが、サイズや価格からAPS-Cミラーレスのほうが・・・となっていて結局買えませんでしたが、
日本での実売価格によっては十分購入もありえますね。
¥39800くらいで出して欲しいです。

CarlZeissmanさんが貼ってくれたURLにある
背面画像を見ると、上部に「ON/OFF」らしい
文字が見えますね。

やはりXQ1には手動式電源はなさそうですね。
あとはズーム機能が手動か自動のどちらかが
気になります。

シャッターボタンの前に爪があるので電動ズームの気がします。
ただレンズ周りのリングがキヤノンのS100シリーズのようにステップ・ズームとして使えるなら嬉しいですね。

今日量販店で在庫処分のXF1がまだ35000円代で売られてましたが、正直あの引き出して回して電源ONのギミックはやり難いです。耐久性も不安だし、普通に鏡筒繰り出しでレンズバリアがある方が使い易いですね。センサーも画質では定評のものを搭載するようですから、XF1はスルーして正解だったかもですね。

正面からの意匠がパナGM1とソックリですね。結局、誰もが好む形に各社とも収斂するということでしょうか。但し、パッと見の個性はなくなりましたね(XF1は個性的)。これからは外見より中身で勝負ということでしょうね。

X-Trans CMOS IIへのセンサー変更はともかく、描写の甘いレンズをXF1から引き継いでいるのかな?
レンズ変更ないならX20とは同列に語れないし…

XF1はサイズ感はぴったりだったんですが、細かい操作感の不満がありました
コンデジはコンパクトでこそだと思っているので、今回のがどれだけ良いものになっているか気になります

背面ダイヤルなくなってしまったのでしょうか?

全体的なデザインはシンプルで好ましいのですが、「1.8」や「Q1」を赤くするとか、なんでこんな余計なことするんですかねえ。

S95持ちとしてはキヤノンには食傷気味だったので、
XQ1には惹かれます。
X-TransⅡなら画質は良いし、富士なので発色は上だろうし。
サイズはどうなんでしょうね。
横幅は95mmくらい?
2-3ヶ月後に値段が4万円以下になると嬉しいのですが。

レンズはリニューアルしてほしかったですね。
相変わらずちょっと悲しい画質にしかならないかも・・・

XQ1のズーム機能は電動式で確定ですね。
これでレンズ周りのリングでもズーム
できたらかなり惹かれます。

usaさん、URL貼り付けありがとうございます。

水中ハウジングがあるということは、
電源もズームも電動の可能性は高いですよね。
あとはAF精度がどの程度向上しているのか。
水中でも問題なく使えるレベルなら購入検討です。

おお~コントロールリングでズームできるなんて、
物欲センサーが上昇してきましたよ。

CarlZeissmanさんありがとうございます。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2019年
1月 2月 3月 4月 5月 
2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2019年5月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

このブログ記事について

このページは、2013年10月18日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ソニーが新型のAマウント機を開発していることを明言」です。

次のブログ記事は「富士フイルムX-E2 のシルバーボディの画像と簡単なスペック」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る