Zeiss Otus 1.4/55 のサンプル画像が多数掲載

flickr に、ツァイスOTUS 55mm F1.4 の公式サンプルが多数掲載されています。

Otus 1.4/55 (via NikonRumors

D800/D800Eによる撮影ですが、Otus 1.4/55 は、36MPの画像をピクセル等倍で見ても驚くほどよく解像していますね。中央だけでなく、四隅まで解像力が落ちないのも見事です。

画質はカリカリっとしていて、レトロフォーカスを採用したためか、これまでのプラナー50mm F1.4とは少し趣きが異なるという印象です。Otusは風景に良さそうなレンズなので、このシリーズの広角レンズが出てくるのも楽しみですね(価格が高いので個人的にはなかなか手が届きませんが・・・)。

2013年10月24日 | コメント(10)

コメント(10)

ゆがみが補正しやすい焦点距離とはいえ、まっすぐな線ですね。
写りも良いですし、Zeiss版のNikror 58/1.4みたいな感じですね。

重さ、お値段アマチュア用の域を超えてますので夢のレンズですね。もっともニコンさんもソニーさんもこれほどではないまでも高額の58mm、55mm出してきましたし、50mm周辺はもう昔の標準レンズではなく、その他の交換レンズと同じ扱いになって、標準レンズはズームと言う事なのでしょう。

たぶんもう「レトロフォーカス」設計に変な偏見を持つ事自体が無意味に思います。

プラナーにはガウス系の良さは良さでありますが、それ自体ミラーボックスの出現でゾナーが使えなくなった結果の進化ですから、テレセン問題出現でのディスタゴンの進化が現在のステージでしょう。

描画の質というか品の違いを感じるレンズですね。

いや~、迷わせますね。
(自分の中での)標準レンズの決定版として、この55かNikonの58を迷っています。
買うなら一方…
さぁ、どっちだ!?

いや、意外と向こうではこのぐらいカリカリしている方が、ポートレートでもウケます。良いレンズですね。

私はツァイスのレンズが大好きです(Y/CやGツァイスを多数所持しています)。それでもカリカリ追及のこのディスタゴンよりもニコンの佐藤主幹が設計されたAF―S NIKKOR58mm f1.4Gの方により興味があります。買えるかどうかという意味ではなく、日本の技術で実用化したダブルガウス型の究極のレンズだと思うからです。言い換えれば日本人好みの味のある(=残存収差を活かした)最高のレンズだと思うからです。あくまでもごくごく個人的な意見ですが。

日常をスナップするのにはあまりに冷徹で親近感が欠如していますが、ブツ撮りやハイファッション、アートなど、今まで中判主流だったプロの現場でも使えそうな35mmレンズでしょう。中判に比べてどうなのかこれだとよくわかりませんので中判との比較を見たいですね。階調は負けてしまいそうですが、他はいい勝負じゃないでしょうか。

ニューヨークのハドソン川寄りのミッドタウンの風景は、とても懐かしい。
こんないいレンズ持って、また行ってみたいです。

空気が透き通っている
の一言

すばらしい

最近のデジタル用のレンズは歪曲補正を前提として設計されてる物も有るみたいですが、究極のレトロフォーカスのこのディスタゴンならば補正なぞ全く不要で隅まで歪曲が出ないのだと思います。逆に考えると補正の出来ないフィルム時代のレンズの方が素の性能は良かったりしてね。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2019年
1月 2月 3月 
2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2019年3月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

このブログ記事について

このページは、2013年10月24日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ニコンが公式サイトで新型機(レトロ調カメラ?)のティーザー動画を公開」です。

次のブログ記事は「ソニーから2014年に登場するEマウント機とAマウント機に関する噂が掲載」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る