Zeiss Touit 2.8/50 Macro の店頭価格は1000ドル前後?

SonyAlphaRumors に、ツァイスTouit 50mm F2.8 Macro の価格と発売日に関する情報が掲載されています。 

Zeiss Touit 50mm macro to ship from February 27.

  • B&H Photo(※北米の販売店です)によると、ソニーEマウントAPS-Cカメラ用のツァイスTouit 50mm F2.8 Macro は、2月27日に発売される。

    この販売店では、予約受付も価格の提示もまだ無いが、PhotoPlus Expoでツァイスの担当者と話した人によると、価格は1000ドル前後ということだ。

 

ツァイスTouit の店頭価格は1000ドル前後ということで、富士の60mm F2.4 と比べるとかなり高めの価格設定ですが、Touitは等倍マクロのようなので、ハーフマクロの60mm F2.4と同列には比べられないかもしれませんね。発売日は来年の2月27日なので、まだまだかなり先のことなりそうです。

2013年10月31日 | コメント(4)

コメント(4)

マクロレンズは普通のレンズより高価になりがちなので15万くらいするのかと思ってましたが、1000ドルならばリーズナブルだと思います。形が水道管みたいだと前記事でおっしゃった方がいましたがインナーフォーカスのマクロレンズなので仕方ないことだと思います(キャノンのEF100mmマクロLも細長いのは同じです)。それよりもTouitはAFが遅いとのことなので、そちらの方が心配かと(バイワイヤーのピントリングもイマイチですし)。

コシナの
SLR用マクロプラナー50mm F2と
ほぼ同じ価格設定ですね…
APS-C専用レンズとしてはやはり高価な気がします。
ましてやMFで使うことの多いマクロとなると…
迷いますね。

ミラーレス一眼用レンズとしては当たり前ですが、マクロレンズぐらいはもう少しマシな操作ができるピントリングが欲しいものです。

何かバランス悪そうですね。ツァイスだから重量もそれなりにあるんでしょうね。デザインも最悪。どんなカメラを念頭に作ったんだろう。これで写りが悪かったら×だけど・・・よほどブランドに惚れない限り、買う人はいないんじゃないかな。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2019年
1月 2月 3月 4月 5月 
2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2019年5月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

このブログ記事について

このページは、2013年10月31日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ソニーα7Rとα7のサンプルが多数掲載」です。

次のブログ記事は「リコー(ペンタックス)が「HD PENTAX-DA 20-40mm F2.8-4 ED Limited DC WR」を近日中に発表? [内容更新]」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る