ソニーが2014年にAマウント・フルサイズ用の24-105mm F4を発表?

SonyAlphaRumors に、ソニーのフルサイズ対応のAマウント用の24-105mm F4 に関する噂が掲載されています。

(SR4) 24-105 f/4 FF A-mount coming end 2014.

  • ソニーは、新型のAマウントフルサイズ機と共に、フルサイズAマウントレンズの24-105mm F4 も発表する。このレンズは新型カメラのキットレンズとしても販売される。シグマの新しい24-105mmの性能を打ち負かすのは、なかなか難しいだろう。シグマの24-105mmはAマウント用も販売される。

 

来年に、ソニーユーザー待望の24-105mm F4 が登場する可能性があるようですね。このレンズを希望する声はかなり多いようなのので、噂が事実なら、多くのユーザーに歓迎されそうです。

レンズの詳細は不明ですが、ツァイスブランドの高価なレンズになるのか、FE28-70mmのような比較的手頃なキットレンズになるのか気になるところです。後から出てくるレンズなので、他社のこのクラスのレンズの性能を超えて欲しいところですね。

2013年12月 3日 | コメント(25)

コメント(25)

以前、α900で使っていたSAL24105はF3.5-4.5でした。周辺減光がありましたが、軽くて旅行のお伴にぴったりのお気に入りレンズでした。ようやく後継レンズが出るのですね~。

シグマのOEMだったりして

AマウントFF機にずっと欠けていたメインとなるズームレンズの発表、
ようやく現実味のある噂が出てきましたか、
しかし好評のシグマと発売が同時期になりそうで悩ましいですね。
多少値が張ってもGが付くかと言うほどの出来で、
あまり重くなり過ぎないようなら当然買いですがどうなるかな?
次のAマウントFF機と共に期待してます。

Aマウントは画質最優先とのことなので、そんなに軽くはならなそうですね。この焦点距離は便利ズームの性格が強いですし、かつてのSAL24105がその小型さで好評だったことを考えると、700gを超えるくらいになってしまうと「帯に短し襷に長し」なレンズになってしまいそうです。
個人的には28-105・F3.5-4.5で400gくらいのレンズが欲しいです。24mmは広角レンズに任せるということで。(ホントはEマウントに欲しい)

軽量化を測るためのF4通しじゃないのかな?*_*;。
シグマのOEMなんて書いてる人も居るけど、過去ソニー製はタムロンのOEMはあったけどシグマは無かったはず。
実際同じ焦点距離のFF用レンズがシグマから出るんですから、マウント代えてソニー用も売るはずなんでわざわざOEMまでしないでしょ。

シグマのそれはかなり評判いいみたいですが、
対抗するレンズを出すのでしょうか。
それとも小型軽量で差別化を図る?

Aマウントで出すのであれば、
やはり画質には妥協してほしくないところです。

でも、遅いですよね。

オリンパス製なら期待できそうだけどw

Sigmaの24-105(Sony用)が発売される前の意図的なリークかな?

開発陣にとってはSigmaの24-105がひとつのベンチマークになるはずなので、画質で上回って欲しいですね。

Gでもズイコーでもロッコールでもいいんで
高CPなレンズになることを期待したい

手ブレ補正レンズ抜きで作れるんだからシグマとタメ張るぐらいの描写はお願いしたいところ

ΣのOEMもそれはそれで初になるので歓迎

AマウントのF4通しってソニー製では記憶にないので
どの立ち位置、コスパで出すか楽しみ。

α7/7Rの出現によって、同じ焦点距離ならシグマの寒色系の写りより
各社純正レンズを使い回したほうが発色が安定することが分りました。

私の場合、どうせ買うなら純正品かな。
(他社メインならそこのを移設)

やっと待ち望んでいたレンズが発売されるようです。
24-105と28-200が出ればSONYのフルサイズ機を買う気になるでしょう。
後は、廉価版のフルサイズ機(α90またはα79希望)が出れば本格的に購入する気になるかも。

望遠のワイド側が70mmで始まる(70-200,70-300)ので
普通レンズは85mmまででもいいので、その分小さく軽く作ってほしいです。
もちろん画質が優先で、ツァイスかGで出てほしいです。

F4通しもいいけどMINOLTA時代の銘レンズを復活指せてほしいな
金属側の軽量な単焦点希望

早く実物見たいですね。シグマに負けないいいレンズであることを期待してます。まあ純正はボディ内で収差補正が効くので、それだけでもシグマを越えてますね。ただ白くなりやすいピントリングのゴムをなんとかできないでしょうかね。

嬉しいですね。待ちに待ったという感じです。
他メーカーと違い、高額なレンズはあるけど普段使いのレンズが不足してましたからね。
24-105f4SSMを切に希望します。
願わくば28-300SSMも欲しいです。

これでようやくα99を買えそうです。

やっとの24-105ですね。
是非手に入れたいです。

やっとAマウントレンズも充実させていくのかな。
評判は良くないけどSEL2870なんかは後ろを削ればすぐにAマウント用として出せそうと何かの記事で見たので、計量のものや便利ズームも欲しいです。

>シグマの新しい24-105mmの性能を打ち負かすのは、
なかなか難しいだろう。

とありますが、シグマの24-105mmF4は
24mmではっきりとした周辺減光とタル型歪曲があり、
解像力の低下もそれなりに見られます

http://digicame-info.com/2013/11/24-105mm-f4-dg-os-hsm-1.html

キヤノンEF24-105mmF4Lも含め、
フルフレーム用でこのスペックのレンズを作るのは難しい。
従ってソニーが無理に作る必要は無いというのが個人的見解でした

それでもなお作るのであれば、各種デジタル補正を適用させる。
アナログだけで作ろうとしないことが必要条件になると思います

希望としてはGレンズで充分な性能の製品を期待します。シグマ製を云々する方がいますが、やはりROMデータを持っていないあたりがいろいろと使い勝手の面で引っかかります。
このところのシグマのレンズ性能へのこだわりが尋常ではなく、いい性能のレンズを続けて出している点はよく承知しています。

キットレンズにもなるようなので、シグマとは違う路線になるのではないですかね
適度な大きさに留めて、周辺減光等はボディ内の補正で対応という感じでしょうか?

正直な処、24-105を多少良い性能で出す位でしたら、もっと尖ったレンズを出してほしいですねぇ。
具体的には、24-50mm/35-70mm f2.0とか。
これで価格が今の2470ZA並で、重量が1.5kg以下、画質は単焦点並なら、25万までは出すのですが。

なるべく早く開発発表だけでもして欲しいですね。
でないとシグマ24-105F4を買ってしまいそうです。
F4レンズで出すのであればGレンズになるのでしょうね。
Zeissは最高性能のレンズに与えられる称号と理解しています。
ただ、パワーズームだけは止めて頂きたいな。

やっと新型が出ますね。
すでに、製造終了していたSAL24105は、軽量小型で、f5.6以上に絞るとSAL2470Zより周辺の解像度は高くなりますので、非常に重宝していました。
SAL24105より性能が向上していて、SAL2470Zより小型軽量で、SSMになっていれが、早速、買い換えたいですね。

補正無しの純粋な光学性能でシグマの上を狙うとGレンズになって大きさも重さもお値段も結構なものになりそうです
F値通しですし補正前提でコンパクトにしてPZもあり?

ところで長年の疑問なのですが、一部の絞りを連動させた通しズームはわかりますが、メカニカル的にも開放固定となっているズームってどういう原理なのでしょうか
前玉の口径は変わらないので焦点距離を変えればF値は変わる気がします

今度こそ本当に出るのでしょうか?噂は以前にも上った事がありましたが。
α7(銀塩)時代からSAL24105を使っていて、α900でも使っています。旅には非常に重宝していますが、画質は今となってはそんなに良いとは思いません。同一条件で撮り比べると、SAL70300Gがこんなに良かったっけ?となります。SAL2470Zとは、わざわざ同一条件では比べた事はありませんが、価格ほどではないけど、SAL24105よりはかなり画質は良いです。本当に出るなら、シグマを買わずに待ち、比較して良い方を買いますが、ツァイスだと手が出ないかも。Gで出して欲しいですね。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年9月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

このブログ記事について

このページは、2013年12月 3日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「富士フイルムX-Pro1の後継機はX-Pro1S?」です。

次のブログ記事は「ライカの独自マウントの新システムにパナソニックも参加する?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る