DxOMarkにトキナーAT-X M100 PRO D のスコアが掲載

DxOMark に、トキナーのマクロレンズ「AT-X M100 PRO D(100mm F2.8)」のスコアとレビューが掲載されています。 

Tokina AT-X M100 AF Pro D 100mm f2.8 Nikon mount lens review: Excellent all-round performance

 (テスト機はD800)   AT-X M100PROD  N105mmf/2.8GVR  Sig105mmF2.8OS
DxOMarkスコア 31 32 28
解像力 19P-Mpix 16P-Mpix 17P-Mpix
透過 3.2T 3.3T 3.3T
歪曲 0.1% 0.2% 0.1%
周辺光量落ち -0.9EV -1.6EV -1.4EV
色収差  7μm 7μm 6μm

 

  • DxOMarkのスコアは31点に達しており、解像力は19M-Pixと高い。中央は開放から解像力は良好で、1段だけ絞ると画面全域で良好になる。解像力のピークはF8だがF11でもまだ高い解像力を維持している。
  • 周辺光量落ちは開放からとても低いレベルで、F4でほぼ消え、F5.6では完全に解消する。歪曲と色収差も、この種のレンズとしては良好に補正されている。
  • トキナーのこのレンズは2006年(※日本では2005年)からアップデートされていないが、絞ったときには899ドルのマイクロニッコールよりもシャープで、今でもなお競争力のある性能だ。

 

トキナーの100mm F2.8 は、発売から8年以上が経過して、少し古くなってきましたが、解像力はより新しいライバルをしのぐ値で、光学性能はまだ十分通用しそうです。トキナーは、現在、超音波モーターとレンズ内手ブレ補正を開発しているようなので、後継機ではライバルと同等の仕様になることを期待したいところですね。

2013年12月24日 | コメント(7)

コメント(7)

このレンズ、ニコンF4に付けてフィルムで使っていました。シャープネスもボケも満足で、とくに逆光耐性が高くて使いやすかったです。不満点といえばタム90に比べて絞り開放で口径食が少し目立つのと、フォーカスリングがクイックでMFが難しい(最近のレンズよりはだいぶましですが)ことでした。あとは中身が同じはずのペンタックス純正レンズとの大きさの差が納得いきませんでしたね。デザインはニコン純正より純正らしいので良かったですけど。
デジタル移行時に100ミリだとちょっと長すぎるので、Ai55/2.8Microと交代してしまいましたが、手放したことはいまでもやや後悔しています。

Pentax版で使ってます150mm相当で科学写真,物理実験用に良い.絞りがあるのもありがたい.
安いのに銘レンズと言ってもいいかな.
開放での口径食は鏡筒が細いためしょうがないかも.

ペンタの100mmWRを使ってます。
トキナーのレンズと構成は同じですね。
*FREEシステム採用なのでペンタが設計??

シグマ70mmを持っていたのですが
どうせシグマの方が高性能だろと思いながら
100mmWRを入手してチェックした事があります。

理由はわかりませんが100mmWRの方がファインダー内が明るく
ピントのヤマもつかみ易かったです。

画質は開放はシグマに軍配で
ペンタはフリンジ(軸上色収差の影響かも)が出やすいです。
F4でも出やすいのかな?と感じました。
シグマの方は目立たないけどわずかにグリーン系が出てました。

5.6まで絞るとシグマは画質的に開放とほぼ変わらずで
ペンタはフリンジがかなり少なくなりますがそれでもシグマよりも多いという結果でした。
でもシャープネスはほぼ同等かペンタの方がややコントラストが高く
カリっと写っている印象を受けました。

ボケは両方ともキレイですが
色ノリが良く円形絞りで純正の100mmWRを残してしまって
当初の予定と違っちゃいました(苦笑)

紫系のフリンジが目立つときは目立ちますが
被写体によって出ない事もありますし
逆にそれが色を演出してくれている感じもしてまして
不思議と手放す気がおきないレンズです。

何と言うか、黒がわずかに青みがかって
光沢や艶を与えてくれるという感じでしょうかね。
*収差に対して少しばかり考えを改めさせられたレンズかも(笑)

イブにデジカメinfoさんからトキナーマクロの記事を取り上げてもらえるなんて
トキナーの人は素敵なプレゼントがもらえましたね。

私もフィルム時代の広角レンズをデジタルで使って
頻度は少ないながらもモノクロ撮影で楽しく遊んでいます。

このレンズは前玉径が小さく,
5cm角の工業用フィルタ(有効径φ40mm)を装着しやすい.
f=100mmあるので小面積の受光素子なら干渉フィルタもいける.
応用範囲が広いんです.

photozoneのテストでは
解像No.1がトキナーの35mm macroだったような?
なので100mmがすごくてもあまり驚きがないですね。

地味にすごいのよ。トキナーさん。

ニコンの105マイクロも2006年3月発売で、ほぼ同時期のレンズですので「新しいライバル」と形容する程の差は無いと思います。一応ナノクリレンズなんですが、筐筒のVRロゴが赤で見た目も古くさく、高画素では物足りない写りの面も含めて、リニューアルが待望されてるレンズの一つでしょう。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年9月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

このブログ記事について

このページは、2013年12月24日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「富士フイルムが防塵防滴の新型カメラを3週間以内に発表?[内容更新]」です。

次のブログ記事は「シグマは現時点ではXマウント対応レンズをリリースする予定はない?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る