富士フイルムの新製品と新レンズロードマップに関する情報

読者の方から、富士フイルムの新製品と5本の新しい交換レンズに関する情報を提供していただきました。
  • X100Sのブラックモデルが1月の初めに海外で発表される。
  • 1月の初めにレンズロードマップが更新される。
    - XF 16-55mm F2.8
    - XF 50-140mm F2.8
    - XF 18-135mm F3.5-5.6
    - 大口径広角レンズ
    - 超望遠レンズ(200mm以上?)

  • X30(X20後継機)は2月から3月くらいになりそう。

 

以前にX-M1の情報が的中している方からの情報です。富士フイルムはカメラ雑誌(デジタルカメラマガジン)のインタビュー記事で、大口径ズームの登場を示唆していましたが、この情報はそれに沿うものとなっているようです。また、X-S1の後継機も登場する可能性があるとのことです。
-----------------------------------------------------------------------
情報送ってくださった方、ありがとうごうざいました。

2013年12月30日 | コメント(22)

コメント(22)

ちょ...超望遠って...300mmF4とかでしょうか?
やはり一眼レフスタイルのモデル登場の布石となるのでしょうか。
フォーカスリングがバイワイヤでないことを祈ります。

欲しいレンズのツボをついてくるなんて
さすが富士フィルムさん
大きくなるでしょうが画質の為なら仕方ないか
NEXユーザーで キタムラでXーE2を触ると欲しかったがガマンしたけど
レンズのロードマップを見ると.....
EマウントからXマウントに変更決定です

X30どうなるんでしょう。
センサーサイズが1インチセンサーになるんでしょうか?
それかレンズが明るくなるんでしょうか?

両方だと大きくなってしまいますが、多少大きくなっても十分魅力的に思います。

パララックス補正もついてたらいいなぁ~。
ハイブリッドマルチビューファインダーは大きさ的に無理があると思いますが、その分に外付けのEVFが出れば面白いのですが・・・。

いずれ、X-M1やX-A1の後継機でも使える的な!

マウント問題は悩ましいよね。

例えば(自分はFマウントだけど)ずっと寄り添ってきたマウントあるとしますよね。
それでもたまには浮気がしてみたくて、他のマウントをしばらく使ってみる。
やはり「本妻」にはかなわないなと。それならいいんです。

でも、もしかしたらこっちにも自分の未来があるかもしれない。そう思える。
ここで問題は、両方を維持していく資金力も、時間も、体力も無いこと。
自分に残された人生を過ごす伴侶は、どちらかに決めなければならない。

Xマウントとしばらく付き合ってみて、次々に更新されるロードマップを見て、
いまそんなことを考えています。

「XF 16-55mm F2.8」「 XF 50-140mm F2.8」、すごですねー。でも、「R」がついてないってことは、絞りリングないとか?或は、絞り値が記入されてないとか? いずれにしても、価格と重さも気になります。でも、すごい、グレート!!!

富士は光学性能を犠牲にした無理な小型化をしないだけに、F2.8通しのレンズがどれぐらいのサイズ(本体とのバランス含めて)になるか見物ですね。
「大きいNEX」「トータルではレフ機と大きさ変わらないじゃん!」なんてことにならないことを祈ります。

超望遠というと最低 400〜500mm 域なのでサンヨンあたりですかねぇ。もしくは、80-400/100-400 に相当するあたりのズームか。

50-140mm F2.8 もそうですが、最初のレンズロードマップから現状までかかった(延期しまくった)時間を考えると、上記のレンズが揃うのも気長に待っていた方がいいかも。

高倍率ズームレンズには否定的な人もいましたが、あくまで一般層を狙うなら必要でしょうね。

X20と類似機のXQ1をフジが出してきたので、X30はAPS―CのX100Sのズームレンズ版に一気にスペックアップするという見立ては如何でしょうか(型番はX300とかで)。フジならやってくれそうな気もしますが。

レンズは防塵防滴なのでしょうか。
フジカSTライクの機種が発売だそうなので。
あと、カールツアイスも新しいレンズは予定しているのでしょうか?
気になります。

全部期待しちゃいますね。
特にレンズは防塵防滴シリーズが出てくるのでしょうね。
PENTAXがAPS-C専用のレンズをだしているけど、
その防塵防滴の☆レンズのズームと同程度の大きさか、もっと小さいのなら買いかな。
フジにはXマウントのレンズで2014年もワクワクさせて欲しいですね。

F2.8と高倍率は防塵防滴仕様な気がします。超望遠もそうかな。防塵防滴のない高倍率はXCで来るのかも。

個人的には、旅行に最適な
18-135mmに注目しています。
でもXCでは無くXFだと値段が高そう。。

待望の広角ズームが発売される前に、また欲しいものリストに追加されました。多少、大きくなってもF2.8通しは気になります。便利ズームもどうなるか?今後もフジは目が離せないですね。

ミラーレスとはいえAPS-Cでの2.8通しズームレンズならそんなに小型にはならないんでしょうね。

ペンタックスを始めシグマ・タムロンにAPS-Cフォーマットで同じ様な焦点距離・F値のレンズがありますからそれらと同じぐらいのサイズになるのかな?
レンジファインダータイプのボディ形状だと保持し難そうではありますが・・・。

これまでのレンズから考えて、この16-55f2.8かなり期待できそうです。勿論その他のレンズも。これらのレンズを活かす為には、やはらレフタイプの機種が登場しそうですね。大きなレンズはpro1とe2には似合いませんから。しかし防塵防滴の新型機種といい、富士は本当にやってくれますね。

X30、本当だとしたら早いリリースですね。電池サイズが大きくなって、レンズ根元にコントロールリングが付いて、28mm時の周辺の変な流れが無くなったら買い増ししますよ!フィルター径はそのままでいいです(笑)

X100Sブラックバージョン、やっぱり海外のみですか。海外では大人気なのですが日本では今ひとつといった印象でちょっと残念。大好きなカメラだけに、こっちでも発売されたら買い替えちゃうかも!いや、買い増しで!

16-55は絶妙な焦点距離ですね
間違いなく常用になりそうです

ミラーレスの中ではフジのレンズが最も刺さります。
品質ももちろんだけど、作り込みとかデザインとかの統一性とかがね。

X30が1inchセンサーだったら買いだなあ。
もちょっと待つとするかな。

X30が1インチだったら大歓喜ですね。

フルサイズで人気のズーム域のひとつが70-200mmだけど、
APS-C専用のレンズなのでフジは50-140mmをリリースということですね。
フルサイズ換算すれば70-200mmをちょうどカバーしますもんね。
フルサイズでは70-200mm F2.8は1kgオーバーになるけど、APS-C専用の50-140mmレンズもF2.8なら700g前後でしょう。
(PENTAXの☆レンズの50-135mmは手ぶれ補正非搭載で685gですから。)
フルサイズ用に比べてもふたまわりくらい小型軽量化できるのがいいかな。
かさばる重いレンズを振り回さなくとも、開放F2.8で換算70-200mmクラスが使えることになるのはいいですよ。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2017年9月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

このブログ記事について

このページは、2013年12月30日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ニコンD4の後継機はD4S?」です。

次のブログ記事は「富士フイルムの防塵防滴の新型機はX-E2をしのぐ高速AFを採用?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る