富士フイルムFinePix S1 はクラス初の防塵防滴を採用した高倍率ズーム機

 Photorumors に、間もなく正式発表されると噂されている富士フイルムFinePix S1 のニュースリリースが掲載されています。

Fujifilm FinePix S1 camera specifications

  • 以下は、CESで発表される富士フイルムの高倍率ズームカメラFinePix S1 の詳細なスペックだ。
  • 換算24-1200mm F2.8-5.6の高倍率ズーム。レンズ構成はEDレンズと非球面レンズを含む11群13枚。レンズシフト式の3段分の手ブレ補正。レンズ先端から1cmまで寄れるスーパーマクロ。
  • このクラス初の防塵防滴構造。
  • 100倍のインテリジェントデジタルズーム。
  • 新開発の画像処理エンジンによって高感度でも低ノイズ。
  • 動画は1080p /60fps のフルHD。動画はminiHDコネクタを使って大型モニタで表示できる。
  • 新開発の5軸手ブレ補正を搭載。ピッチ、ヨーの2軸は光学式で、水平シフト、垂直シフト、回転の3軸は電子補正。
  • 高速で正確なAF。ウィンドフィルター。H.264フォーマット。ワンタッチ録画ボタン。480fpsのハイスピードムービー。

 

ソースは富士フイルムヨーロッパのフライングとのことです。富士フイルムのFinePix S1は、このクラス初の防塵防滴を採用しているということで、雨やしぶきのかかる場所等の悪条件で撮影するユーザーには歓迎されそうですね。

2014年1月 6日 | コメント(11)

コメント(11)

雨の中も大丈夫!
ハイスピードムービーもOK!
ってことで、アマチュアの
ムービー作成にはいいかもしれませんね。

でも、1200mmがあり、
高感度も良いということは、
メインターゲットは運動会や学芸会狙いの
パパさんなでしょうね。

電動ズームが残念ですが、動画もキチンと追従AFするなら良いかも。
300mmまでの開放F値と高感度のノイズ耐性がどの程度かによって、屋内学校行事や屋内スポーツで使えるか決まりそうですね。F4.0程度でISO3200がまともに使えれば合格点?
まさか、防塵防滴なので屋外専用品で300mmでF5.6ってことはないですよね…。
どうせなら、F2.8通しにすれば良かったのに。X-S2までお預けですかねぇ。逆に、ちょっと期待しちゃいます。

オホーツクでアザラシ撮りを計画しているおれには、何という朗報!

センサーサイズが2/3inchの実質的動画特化機なら大歓迎です!マニュアルズーム機だと片手で撮影できなくて不便な思いをしてきましたから。

フルハイビジョン60P、防塵防滴とかなり力の入ったカメラですね
日本ではあまり売れないかもしれないですけど、アメリカとかでは
かなりいけるのでは

600辺りでf4、AF連写が5コマ
、連写バッファー20位希望パナソニックFZ200位の連写出来れば最高なんだけど。

こんなの待ってました。
個人的には望遠側1200mmまではいらないので
ボディー、レンズともコンパクト化して24-200mmあたりで
動画にも色々なお遊び機能をつけたものをお願いしたいです。

私的にはコンデジはポケット(上着の)に入る大きさでお願いしたいです。

でも、望遠1200mm、高感度の写りがいいって。。。
これが現実だったら財布の紐を管理できなくなりそう…。

センサーサイズはいくつでしょうか?

広角端の実焦点距離が4.3mmで換算24mmですね。
HS50EXRでは4.4mm、X-S1では6.1mmでした。
まさか、1/2型をやめて1/2.3型でしょうか…。

FinePix S1、がぜん気になってきました。
無骨なスタイルも好印象。
フジの色が出ていたら嬉しいなあ。

50倍望遠は魅力。RX10狙いでしたが、望遠はこちらにまかせて、上質なコンパクトを別に買うというのもありかも。
センサーサイズ、大きければ嬉しいですが、1/2.3型でしょうね。

フジフイルムグローバルサイトの製品ページ来ました。
センサーは

「1/2.3-inch CMOS with primary color filter
Total number of pixels: 16.8 million pixels」

だそうです。

FinePix S1 Fujifilm Global
http://www.fujifilm.com/products/digital_cameras/s/finepix_s1/


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2019年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 
2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2019年9月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

このブログ記事について

このページは、2014年1月 6日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ニコンAF-S NIKKOR 58mm f/1.4G はボケが非常に魅力的なレンズ」です。

次のブログ記事は「ニコンがCESでD4後継機の開発を発表?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る