パナソニックNOCTICRON 42.5mm F1.2は見事な解像力だが周辺光量落ちが大きい

LensTip に、パナソニックの「LEICA DG NOCTICRON 42.5mm F1.2」のレビューが掲載されています。

Panasonic Leica DG Nocticron 42.5 mm f/1.2 Asph. P.O.I.S.

  • フォーカスリングは幅17mmで、サーボ機構(モーター駆動)が採用されている。フォーカスリングには十分な重さがあり、スムーズに回転する。
  • 絞りリングはちょうど幅6mmで、スムーズで十分な重さがあり、1/3EVステップで絞りを調整することができる。
  • 手ブレ補正の効果は3.5EV前後で、良好な結果だ。
  • 解像力テストは、オリンパスE-PL1のRAWファイルで行った。これまででベストの単焦点レンズの解像力は80lpmm前後(最高記録はフォクトレンダー25mm F0.95の82.6で、オリンパスの75mm F1.8もそれに近い値)で、良像の基準レベル44-45lpmm付近だ。
  • 42.5mm F1.2の中央の解像力は開放から既に48lpmmの実用になる値で、F2.8では80lpmmを超え、ピークのF5.6で82lpmm近くになる見事としか言えない性能だ。これはセンセーショナルな結果で、フォクトレンダー25mm F0.95やオリンパス75mm F1.8 と同等の解像力だ。
  • 隅の解像力もなお非常に肯定的なものだ。隅は開放でさえ47lpmmの実用的な値で、レンズの明るさを考えると、とても良好な結果だ。絞ると最初はゆっくりとしか解像力は上がらないが、F2.8からは素早く解像力が上がり、ベストのF4では67lpmmでとても高画質になる。
  • このレンズは軸上色収差はあまり得意科目ではなく、サンプルでは開放だけでなく、1段絞った場合でも目に付く。倍率色収差は、0.03から0.05%の非常に低いレベルで、とても良好に補正されている。
  • 球面収差は十分によく補正されている。
  • 歪曲はJPEGで-0.09%、RAWで-0.05%で、どちらも誤差の範囲内でゼロと言ってよい。
  • 周辺光量落ちは開放では54%(-2.23EV)で、かなり劣っている。F1.4に絞ると49%(-1.95EV)になるが、これはまだかなり大きな値だ。F2では周辺光量落ちは22%(-0.73EV)で、穏やかになり、F2.8では10%(-0.29EV)で完全に解消する。周辺光量落ちは大口径のフルサイズ用レンズと同等で、評価は肯定的なものではない。
  • 逆光では絞って光源を画面内に入れた場合にのみ、いくらか問題があった。光源が隅にある場合や、開放付近で撮影した場合にはゴースト・フレアの問題はなかった。逆光耐性は良好と言える。
  • AFは最短から無限遠までG6では0.4-0.5秒、E-PL1ではそれよりも0.1-0.2秒余計にかかるが、どちらのボディでも速い。AF精度はどちらのボディでも1つのミスもなくパーフェクトだ。
  • 私はこのレンズに編集者賞を授与したかったが、主に周辺光量落ちの激しさからこれを思いとどまった。小型センサー用に設計された高価なレンズなので、周辺光量落ちはもっと高性能であるべきだ。
  • 良い点: ハイクオリティな造り、中央の見事な画質、隅のとても良好な画質、倍率色収差がとても少ない、歪曲が実質的にゼロ、コマ収差の補正が素晴らしい、非点収差が少ない、ボケが目に快い、静かで正確で高速なAF、効果的な手ブレ補正、良好な逆光耐性。
  • 悪い点: 周辺光量落ちが大きい、軸上色収差が少々目立ちすぎる。

 

42.5mm F1.2は、大口径レンズにもかかわらず開放から周辺部まで十分に実用になる解像力ですね。絞れば周辺部まで非常に高い解像力になるので、ボケを活かした撮影だけでなく、風景の切り取りなどにもよさそうです。

このレンズは大口径にもかかわらずAF精度が非常に高いので、開放でも安心してAFで使うことができそうです。あと、周辺光量落ちはもう少しがんばって欲しかったところですが、これは自動補正が前提なのかもしれませんね。

2014年1月12日 | コメント(16)

コメント(16)

軸上色収差が少々目立ちすぎる。
という表現ですが、少々なのか少々とはいえないか分かりませんね

>DDLさん
元記事の別の部分に「軸上色収差は目立つがそれほど過剰ではなく許容できる」とあります。軸上色収差のサンプルも掲載されているので確認してみてください。
http://www.lenstip.com/394.5-Lens_review-Panasonic_Leica_DG_Nocticron_42.5_mm_f_1.2_Asph._P.O.I.S._Chromatic_and_spherical_aberration.html

とても気になるレンズです。
オリの40-150mm f2.8 に備えて貯金中ですが、ついうっかり手が出てしまいそうです。
もう少しお値段が安ければ迷わず突撃出来るのになぁ。
でも欲しいなぁ。(よだれ

周辺光量落ちは次世代機の有機センサーで克服してくるのかな。

光量落ちというより口径食が目立つ、
翻訳ミスかな。
予約しました。初日デリバリーでくるかな。

パナソニックは周辺光量落ちは割り切ってる所ありますね。
簡単に補正できるんで問題ありませんが・・・

>ぽん太さん
Vignettingは周辺光量落ちと口径食のどちらの意味でも使われますが、ここでは玉ボケが猫の目状になること(vignettting effect)ではなく、周辺部が-2.23EV落ちることが問題とされているので周辺光量落ちとしています。

フォクトレンダーのF0.95のレンズの場合、電子接点が付く部分まで後玉が広がっているせいか、周辺光量落ちはこのレンズより良いようですから、AFができるF1.2のレンズを製造するには、マウントの口径が小さすぎたと言うことでしょうかね。
ソフトで補正すると画面の中央と周辺で2EV以上感度が違うわけですから、色味が悪くなるように感じています。
ボケが汚くなるのも嫌ですし、できるだけ丸くして欲しいのですが…
TVのCMで、背景の光源がぼけている画像をよく見ますけど、口径食がひどかったり、ひどい場合は上下が欠けたようになっていることがあり、気になっています。
パナソニックも4Kのカメラを出すわけですし、PLレンズに匹敵するレベルのレンズを出しても良いのではと思っています。

E-PL1でのテストなので、デジタル補正を前提とする
パナソニックレンズはやや厳しい評価となるのは仕方ない
のかも・・・?
E-M1+補正ありで撮影すると、また違う結果になると思います

解像は良さそうですが口径食が目立ちますね
周辺光量は補正できても口径食は無理ですからね
2.8まで絞らなきゃならないなら大口径の意味がない気が、、、

先に出たCAMERA LABSのE-M1での実写を見ると周辺光量低下より口径食の方が目立ちますね。

口径食はF1.4でエッジの無い卵形になって、F1.8でほとんど気にならない程度になってます。

口径食の出ない背景なら開放からきっちり使えるみたいですね。

このレンズの一番の売りは素直で癖の無いボケ味と開放から使える解像感ですがデジタル補正の効くパナボディやオリンパスのE-M1以外の機種とは相性が良くないのかも。

フルサイズ85mmF1.2やF1.4に比べて絞らずに使えるのはμ4/3の大きなメリットですね。

ただ、このクラスの明るさになると日中屋外だとNDが必須なのでND内蔵のボディが欲しくなりますね。
(ミラーの無いミラーレスなら可能だと思うのですが…)

できればE-PL1ではなく、相性の良いパナソニック機でテストして欲しかったところです。
最近のパナレンズは補正前提のものが多いので、一番実力を発揮できる状態での評価が気になります。

開放から使えず、絞らないと使えないレンズになりそうですね。
せっかくのマイクロフォーサーズですから、開放で使えないレンズは残念。

フルサイズのF1.2よりは使える画像なのは間違いないですよっと。
例えばCanonの50m F1.2よりは解放の画質は癖がすくないでしょう。好き嫌いは別として。
http://www.photozone.de/Reviews/158-canon-ef-50mm-f12-usm-l-test-report--review?start=1

開放から使えないという意見があるけど、その方からすれば開放で撮られているサンプル写真(このサイトに限らず)は価値の無い写真ということになるのかな?
あと、手振れ補正が付いていたり、ミラーレスのメリット(AF精度、EVFなど)などの特徴もあるわけだから、シチュエーションによっては使い勝手の良いレンズになるのではないかと思うけど。

新しいサンプル画像がありました!

興味の尽きないレンズですので、次世代センサーの登場を切望いたします。

http://www.photographyblog.com/previews/panasonic_leica_dg_nocticron_42_5mm_f1_2_asph_photos/


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2019年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 
2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2019年9月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

このブログ記事について

このページは、2014年1月12日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「キヤノンEOS 7D後継機はソチオリンピック・CP+のタイミングで発表?」です。

次のブログ記事は「ソニーα7Rは非常に高画質でコストパフォーマンス抜群のカメラ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る