富士フイルムがXシリーズ用の最新のレンズロードマップを公開

富士フイルムが、Xシリーズ用の交換レンズの新しいレンズロードマップを公開しています。

デジタルカメラ「Xシリーズ」用交換レンズ 最新ロードマップを公開

  • 富士フイルム株式会社は、デジタルカメラ「Xシリーズ」用交換レンズの最新ロードマップを公開する。4本のズームレンズを含む5本の新しい高性能レンズをラインアップに加える。
  • 今回のロードマップでは、高性能なズームレンズを中心にラインアップを拡充。ズーム全域で開放F値2.8の明るさを実現する大口径標準ズームレンズ(XF16-55mmF2.8 R OIS)、大口径望遠ズームレンズ(XF50-140mmF2.8 R OIS)、高倍率ズームレンズ(XF18-135mmF3.5-5.6 R OIS)に加え、超望遠ズームレンズや、豊かなボケ味で多彩な写真表現を可能にする大口径広角レンズをラインアップに加える。

 

富士フイルムの新しいレンズロードマップには、以前からの噂通り、大口径ズームレンズと高倍率ズームが追加されましたね。超望遠レンズと噂されていたレンズは、単焦点ではなくズームレンズでしたが、これは画像から見て望遠端が300mm程度(?)のレンズでしょうか。

 

fuji_lensroadmap_201401.jpg

 

2014年1月 6日 | コメント(14)

コメント(14)

ロードマップの画像からではサイズ等詳しい事はわかりませんが、見た感じレフ機の2.8通しズームレンズと左程変わらない感じですね。

16-55はまだ良いですが、それより上の2.8通しズームはサイズ的にレンジファインダースタイルのXマウント機には保持し辛そうに思えます。

超望遠は結局ズームですか...
ズームレンズを否定しているわけではありませんが、単焦点を期待していただけに残念です。
まぁマウントアダプタ経由でサンヨンやゴーヨンを使えば、要望はほぼ解決しますけどね。個人的にはフジノンの超望遠単焦点を見てみたかったのです。

後発の利点を活かしてツボをおさえた、しびれるようなラインナップ。
どのレンズも使用するシチュエーションがすぐに思い浮かぶような仕様です。
望遠が使えるボディに期待が膨らみます。

スーパーズームの大きなコンデジの方もよろしくお願いします。

大口径ズームのこの感じのラインナップだと、オリンパスがOM-Dを出したように、グリップの良い一眼レフスタイルのボディも登場しそうですね。今度発売になる広角ズームもフジのこのシリーズにしては少し大柄ですし出てくれたら楽しみです。

平成表記なんですね(笑)今度の広角で一通り、広角から望遠まで完成するなと思ったら、F2.8が来ちゃいましたね。価格的に今度は簡単には手を出せないかもしれないですが楽しみです。今年は財布と相談の日々になりそうです。

XF18-135mmは旅行用に良いですね。
でもXFレンズなので高価なんでしょうね。。
XCの廉価版もあると嬉しいです。

単焦点の大口径口角レンズとは、24mm相当でしょうか。Fは1.4?
だとすれば私としてはかなりツボです。

大口径広角レンズは位置的に換算24mmあたりでしょうか。

23mm F2か23mm F2.8あたりを期待していたのですが、x100/x100sと食い合いになるので換算35mmはしばらく出ないんですかね。

換算50mmだと普段使いにはちょっと狭いので、早めに換算35mmの交換レンズを出して欲しいです。もしかして余り需要がない?

換算35mmはもうとっくにでてますよね。

F2.8通しの望遠ズームは三脚座付きですかー。
自社レフ機との差別化を気にしなくてもよい分、小型化よりも画質だ!という富士フイルムならではの思い切りですね。

> 換算35mmはもうとっくにでてますよね。

すみません、書き漏れです。
23mm F1.4だとちょっと大きくて重いんですよね、あと何より高い。。
もうちょっと安くて気軽につけておける感じのF2〜2.8くらいのレンズがあるといいなーと。

さてこまった。
全部ほしいけどきっとどれも結構なお値段なんだろうな。
XF16-55mmF2.8 R OISは今度出る一眼レフタイプとレンズキットにならないかな。

このロードマップだけを見ると,F2.8通しは今年の下半期になりそうですね。
一眼レフスタイルと言われているXマウントの防塵防滴モデルが発表されるとすれば,このF2.8通しズームレンズが防塵防滴になるかと思っているのですが。もしそうなら,防塵防滴のボディも下半期の発売になるのかな。

山登りもする私にとっては,軽さと全天候型であることを考えるとNikon AW1が魅力的に思えてたのですが,もし防塵防滴モデルがXシリーズで出るならそちらを選びたいところなので悩ましい。センサーサイズも違いますし,用途が重複するカメラではないですから,両方買えればいいんでしょうが。

私も300mmクラスの単焦点を期待していただけに、あれれ?という感じです。
しかし、メーカーインタビュー通り、来年度中にツアイスも含め20本レンズが揃う計算で、フルサイズの噂を吹き飛ばす内容ですね。

XCレンズは前回もロードマップに載っていませんでしたので、後出しで出てくるのかもしれませんが、高倍率ズームはXCでよかったんじゃないかな?かなり画質は良いんだろうけど・・・
でも、登場すれば4/3のパナライカ14-150mmF3.5-5.6のような大きく重くでも描写最高の銘レンズになりそうな予感ですね。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2017年9月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

このブログ記事について

このページは、2014年1月 6日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ニコンがCESでD4後継機の開発を発表?」です。

次のブログ記事は「富士フイルムが海外で XF 56mm F1.2 R を正式発表」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る