キヤノンの7D Mark II とKissシリーズの新型機は第3四半期に登場?

Northlight Images に、キヤノンの7D Mark II とKiss X7/X7i の後継機に関する噂が掲載されています。

Canon Rumours + General camera rumours

  • デュアルピクセル設計の70DのAPS-Cセンサーの製造問題(イールドが示唆されている)によって、7D Mark II と750D後継機(Kiss X7i 後継機)と100D後継機(Kiss X7後継機)の発売が遅れているという興味深い一連の情報を聞いている。

    7D Mark II には、70Dのセンサーのより高性能なバージョンが使用され、一方で、750Dと100Dの後継機には70Dのセンサーのより安価なバージョンが現れるだろう。

    これらの情報は、いくつかのヨーロッパの販売店に伝えられており、3機種のカメラはおおまかに第2四半期の発売が予定されていたが、現在では第3四半期になっている。高画素機に関する新しい情報は無い。

 

噂の信憑性はよく分かりませんが、Kiss X7/X7i の発表は昨年の3月なので、リニューアルが通常よりも少し遅れているのは事実ですね。この噂通りだとすると、キヤノンの新型一眼レフはフォトキナの前あたりにまとめて発表されるのでしょうか。

この噂では、デュアルピクセルCMOSの高性能バージョンと廉価バージョンが登場すると噂されていますが、センサーの読み出し速度で差をつけるのでしょうかね。

2014年4月14日 | コメント(26)

コメント(26)

となると少なくても今年中にレフ機APS-Cはデュアルピクセルで統一という形になりますね。
ミラーレスもM3あたりで乗せてくるでしょう。
7D2はもう多少の遅れも関係ないくらい待たされていますがKissがホワイトくらいで発表がないのも気になってました。
Kissが去年は前年とほぼ変わらず出したので今年も同じというわけにはいきませんから遅れている理由としては考えられますね。

明確な基準は持ちあわせていませんが、
ここ2,3年のキヤノンは、発売日変更&開発遅延が多すぎる気がします。

実際は関係無いのでしょうが、スチルユーザーとしては
「シネマ機&シネレンズにマンパワーを割きすぎているのが原因では」
と勘ぐってしまいます。


最近携帯会社の長期契約者が、短期で乗り換えを繰り返すユーザーの
キャッシュバック分を負担をしていて、不公平だという問題が取り上げられていますが、
キヤノンのスチル一眼にコンスタントにお布施している身としては
同じ様な不公平感を抱かずにはいられませんね・・・

あまりに、後継機のスパンが短いことにヤキモキしていたので、このくらいのスパンは、かえって歓迎です。

スチルメインで仕事してますが、現場では、スチルしか出来ないカメラマンは仕事がなくなってきているのが現実です。とはいえ、AFの出来ない動画はうまく使いこなせません。

なので、現場でしっかり使えるAFを乗せた機種が出てくることを、願ってやみません。


ただ、EOS7Dを使ってきている人にとっては、MarkⅡまでの期間が長すぎるので、もう我慢の限界といったところでしょうか?(多くの方は5D3に流れてるようですけど、、、)

画像品質だけ見るとフルサイズは5Dmk2、APSCサイズは7Dでほぼ完成しているのに、地道な品質追求にこだわっている。デュアルピクセルCMOSもいいけど、他社に比べてカメラを所有する喜び、遊び心、驚きが少なく、残念な気がする。品質に加えて(私が買替えたくなるような)ビックサプライズも欲しいね。

製造問題はデュアルピクセルCMOSの方ではなく新プロセスの方かも知れませんね。

センサーの製造技術の次世代化をまだまだ進める可能性もありますし コスト的にもお金がかかっているだろう7D2のセンサーには期待しています。

ニコンを始めシグマやソニーなどなど他のメーカーの勢いがある中キャノンだけはここ最近パッとしないイメージです。
7D2の性能次第では一発大逆転の可能性がないとも言い切れませんが逆に発表発売の時点で周回遅れになってしまわないかとも思ってしまいます。
APS-Cフラッグシップ機は長いこと空白状態なのでニコン共々頑張ってください。

景気が良くならないと売れるカメラを出して来ないキヤノンなので、今年の後半には景気が良くなると予想されているのかもしれません。

スパンがない方が開発コストは低減できますもんね
でもなによりも、
3年前の機種がそこそこ売れてるからですかね
画質はあれで十分と思う人もいいんでしょう。

一眼システムの商売は
一度シェアを取ってしまうと
殿様商売ができるんでしょうか。

依然として、販売店では7Dは安定的に売れていますよ。

もう、スチルに関しては技術進化はあまりなさそうなので、本来の製品スパンではないでしょうか。

それよりも今年はレンズの更新をお願いしたい。

なんだかんだで結局キヤノン(とニコン)は売れています。

後継機はのんびりで全く問題なしです。

それよりレンズだよね。

近所の北村店では

店頭扱い終了のため

展示品を割安販売してました

一昨年のnabは凄かったですが、それ以来、動きが少ないですね。
キヤノンは業務機でもいまだに1080/30pまでの機種がワリとメインなので
dslrでの4kのような目立つ動画機能搭載は遅れるかもしれません。。。

5d2は、はやりでしたが、当時使ってたひとも、今はバラバラですね。
レンズはともかく、ここ数年の本体は残念な印象のほうが強くなってます、、、
フォトキナまでに逆転もあるかもしれませんが。。

第2四半期発表で第3四半期発売ということは、以前の話もあったので、逆に遅れるというより信憑性が高まったのではないでしょうか?楽しみに待ってます。

センサーの歩留まりで四半期も遅れる何てことあるんでしょうか?利益要求か数捌けないと踏んで目標ラインが相当高いのかな?
最近のキヤノンの開発ペースは、後だしというよりも、自信のなさから来る尻込みにも思えますね。
他社が比較的イケイケなだけに。

未だに
7Dの後継機は出さない
というキヤノンのインタビューを
信じてます。
それ以降、出すという記事を見て
いないから。開発はしてるでしょう。
しかし出さないのも今出す理由が
ないから。そこそこ7D売れてるし。
但しXシリーズの新型は歓迎です。
裾野を広げファンを増やすのは
大歓迎ですね。

>バンバンさん

出さないというインタビューは有りましたか?
出すというインタビューしか見てないのですが。

キヤノンEOS 7D後継機はある種の革新的技術を入れた製品になる
http://digicame-info.com/2013/01/eos-7d-12.html

最近のキヤノンの開発速度の遅さは、ちょっと心配です。

センサー性能はソニー製に大きく後れをとり、商品企画も焼き直し(特にkiss)でお茶を濁しているように感じます。

収益性も新製品を投入した方が売り上げが上がると思いますが、開発コストを絞っているようにも感じます。

最近のレフ機(TLMのAマウント機含む)は各社停滞気味ですね。 
リコーのペンタックスがカメラは最も着実に進歩を重ねている印象ですが、中判を除くフルサイズ機やレンズの話に進展は無し。
ソニーのAマウント機はA77IIが出るとの噂がありますが未だ姿を見せず。Aマウントレンズの拡充もほぼ無し。
ニコンもキヤノンも機能改善程度のアップデートか既存カメラの組み直し程度。

時にキヤノンは数年停滞中。
レンズの年といわれて幾年月。
もう第一四半期も終わりますし、どうにかして欲しいですね。
復帰した御手洗氏がコンシューマーではなく産業分野や企業相手の商売を重視する方針のようですからその影響かもしれませんね。
先日報道のあった産業用カメラ(http://monoist.atmarkit.co.jp/mn/articles/1403/20/news012.html)
やムービー業界に注力してキヤノン内で優先順位が下げられていそうです。

そろそろ次でソニーセンサーとの差を埋めておかないと、ここから次の3年間に想像を絶する厳しい状況が待っているのではないのでしょうか。
今の状況だと同クラス同士はもちろん、より小型のセンサーからの追い上げもすさまじく、なんだか心配です。

超高感度が常用できると、少々機械的・光学的な差があっても、だいたいのユーザーのニーズは、力技で(おまけに撮り手にとっても極めてイージーかつチープな方向で)カバーできてしまいそうな気がします。

M上位機のタイミングとKiss系のタイミング、
先にKissで後にM そして7D後継機が妥当だと思うのだが?

Kissに関してはDual Pixel CMOSの製造云々は関係ないと思われます。そもそもセンサーの部品コストが下がったところで要求される処理能力は変わらない訳で、Kiss系に載せられない理由(=潰していくと70Dになっちゃう)はクリアできません。

Kiss系の毎年恒例的な入れ替えが無いのは、昨年から成長が停滞している国外市場に合わせた動きと見た方が良いと思います。様子見には最適なX70を早々に出してますしね。

まあ、待った分だけ熱いKissが来そうですから気長に待ちましょう。

みんなが待ち望んでいる7DMark2の発売時期の話題ですが、思ったほどコメントが伸びませんね。

7DMark2のタグをクリックすると、発売時期のスレッドが経ったのが2011年8月、ユーザーが勝手に噂しているだけと言えばそれまでですが、正直待ち疲れた感は、ありますよね。メーカーさんには、何らかしらのアクションを出して欲しいところです。

ウーン、7DMkIIが6月のワールドカップまでに間に合わないとなると、Canonとしては大きなビジネスチャンスを逃すことになると思うんだが。。。
高速連写撮影の需要はここを逃すと次はリオ五輪までないですよ、Canonさん。

稔田さん

> Kiss系に載せられない理由(=潰していくと70Dになっちゃう)はクリアできません。

KissやMには、当面、DPは載りそうにないのですね。
Mでも上位機種に搭載とかのサプライズがあればうれしいのてすが。

これまでは新製品が出る度に買い換えてきましたので、嫁からは散財だと叱られていましたが、7Dを買って使っている人は、使い込んで7Dもへたれてきて、そろそろ新しいものに交換したくなる時期ですよね。7DⅡの発売がまだとなると、また7Dを買うしかないという選択肢しかなく、そういう意味ではそろそろ7DⅡが出てきて欲しいです。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年10月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

このブログ記事について

このページは、2014年4月14日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「Leica T Type 701 のアルミニウムユニボディの画像が掲載」です。

次のブログ記事は「ソニーの次の新製品発表は5月1日か2日?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る