α7SのISO1600-409600で撮影されたサンプル動画が公開

dpreviewでソニーα7SのISO1600-409600で撮影された高感度のサンプル動画が紹介されています。

Sony Alpha 7S in low-light: See video at ISO 409,600

  • ソニーは、今週初めに4K動画とISO409600の12MPフルサイズミラーレス機α7Sの発表で注目を集めた。実際の性能はどうなのだろうか? ソニーが、α7Sの高感度性能を示す動画を公開している。動画は1分半で、ソニーAマウントの16-35mm F2.8 が使用されており、ISO1600から開始して段階的にISO409600まで変化させ相違を示している。

 

ISO1600では、中央の炎がわずかに見えるだけで画面はほとんど真っ暗ですが、ISO409600だとまるで昼間のような景色になって驚きですね。α7Sの動画は最高感度のISO409600でも、結構使いものになりそうです。

これだけ高感度に強いと、星景動画などでどのような写りになるのか興味深いところですね。後は、α7Sのスチルの感度別のサンプルも見てみたいところです。

2014年4月12日 | コメント(94)

コメント(94)

まるで軍需用の暗視スコープの領域ですね・・・

いったいどの辺の感度が肉眼に近いのでしょうか?
人物がわりとスタスタ歩いているので12800くらいでしょうか?
だとしたら409600は完全に別世界ですね。

凄い!
ISO12800が常用できれば、もうなにも要らないと思ってましたが、やはり性能はあって悪いものじゃないですね。


スチルでどんな絵が出てくるかも気になります。

こりゃ凄い・・
ペンタはこのセンサーを搭載したカメラをこの機種より安く出すべき・・
キャラクターも他とかぶらないし、タイミングとしてはこのセンサーが出ている今しかないような気がします。

やっぱりすごいですね。
もはやシャッタースピードなんて気にせず夜でも思いのまま撮影できるなんて
すごい時代になったものですね

高感度の化けもんですね。
スチルではノイズもシビアに見られるんでしょうけど、
これは高感度番長の称号が与えられるでしょう。
ダイナミックレンジも期待できそうですね。
やっぱり欲しくなるなぁ。。

12800以上はもはや別格過ぎて単に時間経過で夜明けになっただけなんじゃと思うレベル
技術の進歩スゲー

どの感度が実際の明るさか分かりませんが
最高感度でも炎が白飛びしてないのはslog
の恩恵なんでしょうか。

すごいですね。あと炎が飛んでないのもスゴいと思いました。

さらに明るい単焦点レンズを使えば、本当にそれだけで星景動画が撮影できそうな感じがしますよね。

肉眼でどの程度見えているのかが知りたいところですが、凄いのーひとことです。こうなってくるとフルサイズだのAPSだの、f1.4がと言っていたのが・・・・。組み合わせの妙になりますね。どんな画像が出てくるのか?新しいもの作品が出てくるのでしょうね。

これは、凄すぎますね!!
早く低廉なモデルにもこの能力が搭載されると良いのですが。
こういうところは、さすがSONYと感心してしまいます。

SONY凄すぎます!!!
このボディーなら暗い場所でも手持ちで速いシャッタースピードで綺麗な写真が撮れますね!!!このレベルの機能をα99後継機に内蔵してもらえば、絶対に2〜3台買います!!!
それからこの動画、EマウントではなくAマウントレンズを使っているのが面白いですね♪Aマウントレンズの素晴らしさが感じられます♪

これは、驚きました。
超高感度の撮影もさることながら、
他の方も仰られてるように、炎の表情が
あれだけゲインを上げてもちゃんと残っているのが
ちょっと信じられません。これは、動画だから
できることなのでしょうか。
スチルで考えてしまうと次元が違うダイナミックレンジだと
思うんです。動画に詳しい方如何ですか?

化け物ですね・・・12800からは別世界としか、
軍用の暗視ゴーグルのようだ。
夜中に撮影する条件下ではダントツの性能なのでは??
これで蛍とか撮影したら楽しそうです。

以前ニコンのD3S(ISO 102400相当)でホタルの動画撮影をした事があります。
それは1280×720/24 fpsでしたし、ノイズも盛大な物でしたが、ホタルが動画で撮れる事に感動しました。
このカメラで撮影したらと考えたら・・・もうホタルでも星景でも今まで見た事のない映像が撮れそうです!

「これまでにない新製品」って噂は嘘じゃなかった!

凄いですね。30万程度なら夏のボーナスで買っちゃおうかな
これに合う明るい広角単があるといいですが…

スゲー以外の言葉が出ないですね

α7シリーズはデザインが好みではない上、α7sは価格面でも手が届かないのですが、このセンサがα99後継のAマウント機に搭載されようものなら、かなりの無茶をしてでも買ってしまいそう…

おったまげました

 確かにこれは凄い。
 ISO1600では真っ暗で何も見えなかったものが曇り位の明るさになるし、火の明るさも不自然に明るくない。
 AFがこの性能に見合う物であれば、相当な商品力だと思います。

これは凄いですねー。
夜が昼間になるとは。

スゴいです!
これはまさにソニーの真骨頂ですね!!

スチルの性能もどれくらいかわかりませんが、
これを手に入れたら動画も撮りたくなりますね
夜の祭りなんかこれで撮ったら最高でしょうね!

凄いですね。
409600までいけば流石にノイズは載ってますけど、でも画として成立してますよね。芝生とか、みなさんおっしゃているように、炎がとんで無いし。認知がゆがむというか、単に夜が明けただけにしか見えないのが凄すぎ。

動画だと加算処理でノイズを抑えてダイナミックレンジを広く出来てしまうので、早くスチル画が見たいですね。
新規にセンサー開発することも馬鹿にならない費用がかかるはずなので、単一機種だけに載せるメリットはあまりないはずです。7sが発売された半年後くらいにセンサーを流用したスチル機登場を期待。

以前ソニーのゲームのCMみたいに「スゲェ」という感想しか出ません。すごすぎます・・・
実際の明るさは12800か25600くらいなんですかね
409600は昼みたい
しかし単純にすごいのに頑張れば誰でも買うことのできる製品にしたのがすごい

ヘッドマウントディスプレイのHMZ-T3はα7と接続して映像を映し出すことができるそうですが、このα7sと接続すれば仰るとおり暗視ゴーグルのような使い方ができそうですね。

ちょっとやってみたい。

圧巻ですな。

あまりにも明暗差がありすぎるので40万で日中のようにならないのは仕方ないでしょう。ソフトで処理するしか。

凄いですねこれ。
スチルでも誇張無しに「ろうそく一本で撮影きる」を実現してそうです。

エポックメーキングと言うか、昔のソニーが戻ってきた感じです。この感度で実用的な画質と言うのは本当に凄いです。

キヤノンユーザーですが、センサー性能はソニーが圧倒的なリードをした感があります。

いいですね、高画素化と高感度化で選択肢が生じるのはどのユーザにとってもプラスになると思います。割と細かい作業をしているようなので、肉眼ではISO10万〜20万くらいの明るさに見えているんじゃないでしょうか。

たしかに凄いんだけど、これってスチルのα7系で出す必要あったのかなあ?
ビデオカメラのNEX-VG系の方が良かったような・・・

男性が足場の悪い浜辺で懐中電灯なしで作業をしてるので、完全に真っ暗じゃないと思いますが、いずれにしても凄いですね。

すごいですね。早くスチル見たいです。
今後の展開が楽しみなセンサーですね。

SLog-2のワイドレンジ化された記録方式で撮られていることには要注意ですね。

他の製品と比べたサンプルが見たいですが 流石に低画素に振っただけはある高感度性能で良い感じです。

ISO1600が真っ暗なので相対的に明るく映っていますが、コントラストも落ちているような...。画質も動画で見るのと静止画で見るのとでは、やはり違いますからねぇ。動きものだと脳が補正掛けちゃうし、ともかく静止画を等倍で見てみたいです。
それから、撮れてはいるけどファインダーも暗視カメラ並に見えてるんでしょうか。見えなきゃ意味無いから見えるんでしょうね。
それと、動画撮影に7や7Rと同等のファインダーのフレームレートなら嫌だなぁ。動きものを追ってパンすると気持ち悪くなっちゃう。もうOVFじゃなくても良いかもって思わされるX-T1並になってたらCanonやNikonの脅威になりそう。

>へうげもの さん
>夕方日没直後の景色に、NDフィルターを付けたように見受けられます。

言われると、少し???
観察力が鋭い!ですネ。

それでもすごい!
昔々、ヤシカ エレクトロ35という電子シャッターを初めて?搭載したカメラが、ロウソク一本の光で写真が撮れますと売り出しヒットしましたが、それどころではありませんね。
スチルを早く見てみたいですね。

これなら、オーロラの撮影もできそうですね。
超高感度カメラで数百万円ださなくても、個人でぎりぎり買えそうですし。

皆さんのコメントを見た後だったので
どれほど凄いのかと期待したのですが…

上にも書かれている方も居ましたが
これは真っ暗闇で撮られたものでは無いでしょう。
人間の、焚き火に照らされた背中とそうでない部分の差が
余りにもなさ過ぎるでしょう。

高感度で星と一緒に風景を撮ることがありますが
何度見ても違和感しか感じません。

これがsLog2の力だと言うなら、
夜景でsLog2を利かし過ぎると違和感が強過ぎるという事が
よく分かる動画ですSONYさんありがとうございます。

映像見ました。
ぜんぜんノイズが目立たないのには驚かされました!

写真でどんなものが仕上がるかが楽しみですね。でもやっぱり、せめて『α7』と『α6000』には低画素・高感度耐性を極めたものにしてほしかった・・・。そうすれば『α6000』はいっそうバカ売れしたかもしれないのに!いつもながらソニーさんはツメが甘いからもったいないなと思います。

確かにすごいのですが、これISO51200の後半まで圧縮率が高い低画質な
動画なのはなぜでしょう?炎のジャギーとかいたるところでモザイク画
みたいになって目立ってます。
でISO51200の後半部分から急に高解像度になって
改めてビックリではあるのですが...
さすがに拡張範囲にはいるとノイズも出くるものの、
思ってた以上に良いかもしれません。
前半が低画質なおかげで判断にこまりますがそれでもすごい印象。

>夕方日没直後の景色に、NDフィルターを付けたように見受けられます。

なるほど違和感に納得しました。
鋭いですね。

2CF2Eさん nagawaさん に賛成

α99後継機の「s」バージョンでも出してほしい。
量産効果もあるし、2マウント体制のシナジーも出るでしょう。

Aマウントの場合、電子手ブレ補正で周辺の画角を切るので
1400万画素ないと4kは作れないけど、

4kどうのよりボディ内手ブレ補正が使えレンズも豊富な
Aマウント高速連写機として出してほしいですね。

Aマウントは、基本は動画撮るためのマウントじゃないんで。
逆にTLM付きで秒10コマとか、そういう尖り方を望んでます。

今のα99でも、-5EVで手持ち撮影したものをA4プリント
したり価格.com板に投稿して驚かせていますが、
α99のボディにα7sのセンサー入れてBIONZ Xというのは
考えただけでもワクワクしますね。

あと、マルチショットノイズリダクション 819200も、
是非α7sの製品版に投入してほしいです。

折角だから、マルチショットだけ1024000とメガにして
もらったらモチベーションさらに上がるかも。

なるほど
そう言われてみれば、男性を照らす光源が、炎じゃない気もするし・・・
素人だからよくわからんけど、NDフィルタ説すごいね

少しだけこの映像のmakingありますね。

http://vimeo.com/91114458

普通、闇夜の暗さの中で昼間の明るさに写すような写真表現をするでしょうか?

同じ明るさでの出力を求める場合で低感度、長時間露光→高感度、高速シャッター
にシフトして、ノイズや階調を見る方が正解かと思います。

長時間露光で何らかの問題がないのならわかりやすい比較だとは思います。

NDフィルタ云々と言うより、シャッタースピードを1/60とかに固定しているため(たぶん絞りも)なのではないでしょうか。

だから低ISOではドアンダーでISO10万かそこらで適正(?)露出になる感じ(状況から言ったらオーバーでしょうが)。

そうしないと比較になりませんよねと言うか、こんな比較を行えるという事の方が珍しいんでしょうけど。

フォレクトゴンさんのリンクをたどったら、
他にもありましたね。

http://vimeo.com/91574107

こっちの方は、ノイズがちゃんと出てるようです。

何より暗所中でも、光源の色のりを失っていないのはびっくり。
普通に夜が明けた感じしかしないじゃない。とても同じ暗がりを撮っているとは思い難い。
最新の技術で低画素数のカメラを作るとどうなるかよくわかりました。
動物など、動く被写体にフォーカスを合わせ続ける事例も見て見たい。

こりゃ道楽の道具にとどまらず、この技術は間違いなく防犯カメラにも応用されていくに違いないや。

私としては、NDフィルターを付けていようが、夕まづめ〜日没の時間帯を撮影してようが、40万というISO感度でこれだけの動画を撮影することが出来るという事が、素直に凄いと思いますけどね。
しかも30万円前後の価格帯で。 もちろん、上でコメントされている方は批判したいわけでは無いことは十分に分かってるつもりです。

スチルでこれが出れば願ったり無かったりですね!
α900やα77,NEX7であれだけ高感度が弱かったSONYがここまで造ったのですから。是非ともスチルの画像をみてみたいものです。

ただ拡張の40万で撮影したものを等倍で見ることの意義が私にはわかりません。

私は高感度よりも炎が飛んでないのが不思議だったのですが、もう1つの映像見て納得しました。

この動画、編集されていていまいち信頼性に欠ける。
夜明けに合わせてとれば同じような動画が撮れる。

ユーザーの意見を取り入れたモノはカリスマにはなりえない。
もっと本当の性能が見れるサンプルを真正面から出してください。

さすがにすごいな。
S-Log2に明るくない人間ですが
ここまで撮れたら値段相応ではないかと思います。

ハムスターyouさんのリンクのやつは記載見当たらないので
S-Log2以外ですかね?

日本は何時でるかなぁ。センサー次第では日本発売
遅くなる気がしますが・・・

資金・・・捻出・・・


コンデジから6Dに乗り換えたとき以上の衝撃…。

これに触発されてCANONとかもこういうの出してくれないかなぁ…。

HDRのようなS-Log2を使うと「超高感度でも暗部にノイズが出ないよ」という動画が初めに出ていた動画サンプルという事でしょうか。

ISO409600でSS1/50の動画なら、ISO6400でSSを1.3sにして撮った写真と同じ明るさになるってことでしょうか?

試しにやってみましたが、深夜の地方都市でもこの動画の何倍も明るい写真が取れますので、この動画は相当暗い場所で深夜なんじゃないかと思います。

写真だとこうはいきませんよね?

>いちろべえさん

うーん、静止画の比較ならそれもありでしょうが、動画ではシャッタースピードを保てることが重要では?

凄いですね…たまげました…
本物だと信じたい気持ちとフェイクなのではと勘ぐってしまう自分がいますが、右奥の灯台の光が最高iso値でも点滅して見えるのでやはり正真正銘の本物かもしれません。
だとしたら後は静止画でどんなサンプルがみれるかですね。すぐには手が届かない製品ですが続報が非常に楽しみな機種です。

撮影された時間帯ですが、こちらを見る限り日没後、すぐといった感じですね。

http://vimeo.com/90739453

最初に見た動画とハムスターyouさんのリンク動画の差にビックリ。
ある意味、素人が何も考えずに撮るとこうなるという見本なのでしょうか・・・

ノイズはのってもそれでもディティール再現がいいですね~。
ここまで高感度耐性があるのなら一気に暗所撮影でのバリエーションが増えますし、撮影可否はわかりませんが氏神様で毎年祇園祭最終で行われている御霊移しも綺麗に撮影できそうですね。

敢えて否定的な意見を書きますと、
スチルにおいては今迄のISOのノイズの概念が吹っ飛んでしまい、粒状感のない写真の出来上がりになりそう。
ただ、普通はISO情報を載せないからはISO幾らで撮影したかわかりませんから。

肯定的な意見としては、
スマホやコンデジでは絶対的に撮れないような品質のスチル/動画になるのでかなりの差別化になるのではないかと思います。

ペンタトニックさん

>確かにすごいのですが、これISO51200の後半まで圧縮率が高い低画質な
>動画なのはなぜでしょう?炎のジャギーとかいたるところでモザイク画
>みたいになって目立ってます。

映像のビットレートが2,493Kbpsしかないからですね。
生ファイルが見たいところです。

高感度はすごいんですけどローリングシャッター歪みは酷いですね。
http://www.eoshd.com/content/12631/sony-a7s-rolling-shutter-test
画素数が少ないので高速読み出しが出来るのかと期待したんですが、AX100同様に一昔前の酷さです。

後半の、明るくなってからの空の様子は少なくとも「夜」のものじゃないですよね。左にインポーズされてる「真っ暗なISO1600」が極端にアンダーなだけでしょうね。

でもまあこの動画は「こんなに広いレンジで撮れるよ」っていうアピールでしょうから。

周囲の明るさとかNDがどうのとか関係ないですよ。
ISO以外の撮影条件(周囲の明るさ、絞り、SS、NDの枚数)が同じなら、
センサーに届いている光の量は変わってないんですよ?わかります?
真っ昼間に同じテストしていたとしても「すごいこと」ですよ。
もし撮影条件を変えてたら詐欺ですけど、さすがにそんなことはしないでしょう。

NDフィルタの件は、ダイナミックレンジが広いセンサーだから撮れた映像なのか?が問題なのだと思います。
低コントラストの被写体を撮ったのか?高コントラストの被写体を撮ったのか?では、カメラに必要な性能が大きく違いますよね。

まったくの暗闇を昼間に見せるほどのセンサーではないにせよ、今まで難しかった領域の被写体が撮れるセンサー性能はありそうですね。

見えなかったものが写る

ではなくとも

肉眼で見たまんまに写る

ということは凄いことだと思います。
ホタルや星、オーロラのサンプルが見てみたい。

この7sの紹介VでS-log2gammaでDレンジが1300%まで拡大
できる事が説明されてますね。
http://youtu.be/LSwoaY9Xg9g
動画は、よくわからないのですが、1300%の数字で今までの私の常識では信じられなかった炎の表情と周囲の明るさとの両立が納得出来ました。実際どのような設定で撮影されたかはわかりませんが(^_^;)

こうみーさん
>高感度はすごいんですけどローリングシャッター歪みは酷いですね。

 写真撮影の画素数が減っても、動画の画素数が減ったわけではない(4Kの時は増える)ので、動画の読み出し速度を大幅に向上するのは難しいようです。
 HDでも、全画素読み出しの高画質(画素加算で感度も向上します)で撮る場合は4Kと同じ30pになるようですから、ローリングシャッター歪みは深刻になります。将来の改良機で4Kでも60pが撮れるようにならないと、4K動画は普及しないでしょう。
 その場合、高速化によるセンサーの発熱が深刻な問題になりそうで、フルサイズセンサーによる超高感度の利点と、相反する弱点になりそうです。読み出し速度の高速化は、フォーサーズの小型センサーの方が有利なので、大型センサーはグローバルシャッターで歪みを解決するべきだと思いますよ。

 今回のセンサーを業務用に使う場合、メカのロータリーシャッターを付けたシネマカメラを作らないといけないと思います。そう考えると、α7Sは動画の高感度より(メカシャッターが働く)写真撮影の高感度がメインの用途になりそうです。(とすると価格の問題が・・・)

すさまじいですね。色まで出るんですね…
なんというか、ソニーの誰もやらないならオレがやるよ的なアプローチは大好きです。
特に技術的な方向でそれが発揮されるのが凄い。

これは....すごく欲しくなります...。
Sonyおそるべし。

掲載された動画みてなかったのですけどすごい性能です。。。

肉眼だとisoいくつくらいなのかわかりませんが
作業できる程度の明るさだとすれば12800から25600くらい?

と思っていたらNDフィルタ説・・・鋭いですねorz
確かにおじさん・すぐ後ろの船やその近辺・煙
を照らす光に焚き火の揺らめきが感じられません。
火よりも明るい光源があるのでは?というご意見はなるほどと思いました。

映画でもシーンは夜明けに近い時間帯に見せてるけど
はっきりと影が映っていてあれ?っと思う事もありますからね。
iso1600が真っ暗だから夜だろうと
多少なり見る側の先入観を利用しているというのもあるのかもしれません・・・

とはいえ最高感度の画質がスゴイのは変わりません^_^A
Aマウントなど他社よりもまず自社製品に搭載して
アドバンテージを取って欲しいなぁ。。。

素人考えですけど、これが本当なら、映像の方々は撮影スケジュールがかなり楽になるとかあるんじゃないでしょうかね。
これまでだったらもう「昼間の場面」は撮れなかった時間帯に昼間っぽい映像が撮れる訳ですから。

iso40万といっても、Canon1DCで拡張iso20万なので、業務系のひとにはさほど驚きではないのかも、、、ですが、一般向けの価格でサイズ感で出るとなれば話は別でしょう。

1dcはアマチュアにはデカすぎ重すぎ高すぎですが、こちらなら値段が50万とかでなければ、数も出るはず。5d2以来の"game changer"になるでしょうか。

絵と操作感、ワークフロー情報待ちですね。

使い方次第では格安の暗視カメラになりますね。
となるとより過酷なフィールドを想定したボディであってほしかった…

なぜVG系のビデオカメラとして作れなかったのか…

今後スチルに関しても高感度に強くなれば、
部分的にではありますが他社に勝てますね

強みがあればαユーザとしてうれしいです。

”照明さん”というお仕事が、将来、無くなるのでしょうか?

>今後スチルに関しても高感度に強くなれば、
>部分的にではありますが他社に勝てますね

 今まで通り、他社にも同じセンサーを供給すると、勝てなくなりそうですから、今回のセンサーぐらいは自社専用にするべきだと思います。
 NikonのD4Sは、D4とほぼ同等の感度のセンサーで、画像処理の改善で感度を大幅に向上させました。もしNikonがこの1200万画素センサーで高感度一眼レフを作ったら、JPEGの高感度画質でNikonが勝つことも有りうると思います。

スチールが本当に気になります

D4Hで採用してくれないかな?

スッゲー・・・

こんな高感度性能あったら、昼夜関係無くスナップ撮れるのになぁ~
1200万画素あれば、A3伸ばし程度までなら全然問題無いし、最新高級レンズでなくても、良質な画を出してくれそう!

α99後継機に是非採用して欲しいなぁ~♪
α77Ⅱにも、この素子や画像処理の機能をフィードバックして入れてて欲しい!
そしたら絶対に買うのに!!

センサーはより高い値がつくタイミングでどんどん
売るべきでしょう。
工場を回さないことには儲からない事業ですし・・・
ここで部門が儲けないとあとに続きません。

それに最終的にjpeg 画質で負けても、
RAW現像くらいは使いこなすレベルのユーザーに
訴求している製品なので
同等センサーで小型で安いアドバンテージは大きいかと

もし、小型化でEマウントに勝てない他メーカーが低価格帯で
フルサイズ高感度勝負仕掛けてきても、トレンドの
中心にいるのはソニーで、天王山を抑えた戦場に思えます。

結局あとはFEレンズを充実ってとこに帰結しますね(笑)

>α77Ⅱにも、この素子や画像処理の機能をフィードバックして入れてて欲しい!

 APS-Cで2400万画素のままでは、高感度化は無理なので、APS-Cも1200万画素の高感度センサーを新規開発しないと・・・
 せめて、1600万画素に戻して、最新技術でα57より感度を向上していただければ良いのですけどね。

照明屋の仕事は無くなりませんが、趣旨が変わるでしょうね。
従来の撮影現場では明度を全体的に上げて低感度でも明るい画が撮れるライティングを組んだ上で、その明るさを維持したままコントラストを加える必要がありました。
もちろん予算が無い場合は明度の確保しかできません。
しかしこのカメラを使えばそんなことを悩まずとも、コントラストのライティングだけに取り掛かれるのです。

それは例えるならば、ピザ作りにおいて技術と時間が必要な生地を作る過程をツールに任せて、盛り付けだけをアーティストが専念することができるように。

凄すぎて、もはや別の用途で使えそう。

このような撮影領域が機能にどんどん取り込まれていくことを考えると、EVFはデジタル一眼にとってますます必要不可欠なものになっていくように思えます。

これだけの人がすごいと言っているのがすごい。

動画見ました。
大きな可能性を感じるものでしたね!

低画素数(と言っても12MPもある)ゆえに実現する高感度なのであれば、高画素数を求める時代に一石を投じるような製品だと思います。

それでもせめて16MP欲しいなって思ってしまう自分は高画素数が優れていると刷り込まれてしまっているのでしょう。

肉眼で見えないものがEVFで見えるようになれば
それだけで大きなアドバンテージですね
センサーが同等のOVFが出ても被写体の細かい所が見えない位
暗ければ意味がないですもんね
でもこういうのが出たら
フラッシュのモデリングテストみたいなAF補助光が出来そう(笑)

あとスチルの場合、暗部のAFはどうなんだろ
Iso上げて細かいところ写ればAFも大丈夫なんですかね…?

動画機能は普通でいいので、ぜひA7R程度の値段で出してほしいですね。しかしこういうものが出てくるとCanonとNIkonはロードマップを変えないといけない必要に迫られますね。

センサーの革新は凄まじいですね
ミラーレスが出て5年、ハイエンドカメラの勢いは留まることがないようです

もう、「動画切り出しで静止画」の時代もすぐそこなのかもしれません

>それでもせめて16MP欲しいなって思ってしまう自分は高画素数が優れていると刷り込まれてしまっているのでしょう。

 元々、NikonのD3が1200万画素で、もっと高解像度化してほしいというユーザーの希望に答えて、D4から1600万画素に増やしたわけです。
 Sonyは、Nikonが撤退したフルサイズ1200万画素センサーという隙間を狙って、世界一の高感度を達成したわけです。画素数を増やすのではなく、同じ画素数のままセンサーを改良して感度を上げていく、という新製品の開発方針も悪くないという手本になると思いますよ。Nikonの真似をして1600万画素で開発していたら、画像処理技術の差の分、高感度画質がNikonに負けていたかもしれないです。

 昔のFUJIFILMもコンパクトデジカメの600万画素時代に頑固にそういう改良を重ねて、今なお伝説的名機と称賛されているF31fdを作りました。が、他社の真似をして1200万画素に移行してから、高感度画質が低下して、長い低迷期に入りました。
 今でも、1/1.7インチ以下の小型センサーは、600~700万画素くらいが、画質とのバランスで適していると思います。1200万画素のF100fdと600万画素のF31fdの両方を持っていますけど、動画が高感度なF31fdの方が実用的でよく使いますね。
 Sonyの720万画素CCDの名機DSC-H5も(1/2.5インチセンサーで感度は低いけど)驚くほど高画質ですよ。

 暗所での撮影は、高速シャッターで被写体ブレを防げる高感度機の方が、結果的に、高画素機よりきれいな写真を撮れる場合が多いですよ。
 それに、家庭用プリンタのA4サイズの印刷なら、600万画素でも十分きれいです。一般向けカメラの方が、画素数控えめ、高感度機が適していますよ。
 フルサイズ1200万画素で、これだけ騒がれているなら、最新技術でフルサイズ600万画素、夢の超超超高感度カメラを作ったらどんな騒ぎになるのだろう?

このセンサーの技術でAPS-Cセンサーを作ってほしいです。600万画素でかまいません。このISO感度でAF能力が高ければ室内スポーツ撮影が無敵になりますね。キットレンズでもかなり撮れちゃいそうですね。

へうげものさん
>>夕方日没直後の景色に、NDフィルターを付けたように見受けられます。
なるほど、そのとおりですが、出来上がった映像から実際の撮影現場の明るさを
知る由もないってわけですね。
昔、『アメリカの夜』(La Nuit américaine)というフランソワ・トリュフォーの映画がありました。アメリカ映画の夜のシーンは、実際には昼間カメラにフィルターをかけて撮っているという逸話からうまれたものです。
↓↓↓↓↓
http://ja.wikipedia.org/wiki/アメリカの夜
でも、α7Sみたいな暗視カメラのような装置ができると、撮影の可能性が増えるから、結構おもしろい表現にもつながるのではないでしょうか。
エグルストンが撮影した映画「ストランデッド・イン・カントン」は初期のソニー製ポータブル白黒ビデオカメラで、アメリカ南部の真夜中のバーとか撮ってましたが、いい味でてましたね。

5d2の登場で今ではハリウッド映画も一眼で撮られているわけですが、映画だと暗所の場面もたくさんありますからね。そういう時に低ノイズで撮れたら、やはり非常に助かるのではないでしょうか。
ちなみにライブビューで暗視スコープとして使えるのも間違いないでしょう。
置きっ放しにして動物の生態などの撮影にも使える。

これ本当に夜中にやるとコントラスト差の少ない随分とつまらない映像になってしまうのでこの時間帯で作ったのは良い判断だと思います、
これとは別に使い方の提案として、本当に夜間でのサンプルは欲しいと思いますが、
プロモーションの一発目?としてはこれは正解でしょう。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年9月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

このブログ記事について

このページは、2014年4月12日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「シグマの50mm F1.4 DG HSM のサンプル画像が多数掲載」です。

次のブログ記事は「PENTAX 645Z の詳細スペックが掲載」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る