ライカが間もなく「Leica T typ701」と「Vario-Elmar T f3.5-5.6/18-56mm」「Summicron T f2/23mm」を発表?

読者の方から、間もなく発表されるライカの新製品のリストと画像を提供していただきました。
  • ライカが間もなく発表する新製品は次の通り。
    - Leica T Typ 701 (センサーはAPS-C)
    - Vario-Elmar T f3.5-5.6/18-56mm ASPH.
    - Summicron T f2/23mm ASPH. (換算35mm)
    - ライカTシステム用の角度調整可能な外付けEVF「Visoflex typ020」(GPS内蔵)
    - ライカT用Mレンズアダプター(Mレンズのコードを読み取るセンサーを内蔵)
    - ライカT用バッテリーBP-DC13

 

LeicaT Typ 701 は、最近リークされていたいくつかの画像のカメラと同じデザインですね。このボディは、総金属製のようで質感はかなり高そうです。レンズは標準ズームと準広角の単焦点レンズの2本ということなので、EOS M の立ち上げ時と同じようなラインナップになりそうです。
--------------------------------------------------------------------------------------
情報&画像を送ってくださった方、ありがとうございました。

leicaT_typ701_f001.jpg

leicaT_lenses.jpg

2014年4月23日 | コメント(37)

コメント(37)

実物は質感いいのかもしれませんが、なんだか安っぽく見えちゃいますね,,,サムスン、ソニーのエントリークラスのボディ形状に似てるせい?

ソニーとパナを足して割った感じですねえ。

ブラック仕上げ待ちですかね

これいいわ~
あとは値段だけです

狙いはミーハーなお金持ち?
しかしカメラ市場が縮小してる所にこれでいいのだろうか?
最近のマーケティング手法的にも最初はもっと
趣味人向けのカメラをつくるべきじゃないのかな。
成功は中国頼み?それとも次のカメラまで待つ必要があるのか?
これで破綻寸前まで追い込まれないと良いけど。


ミニマルな感じでいいデザインだと思います。EVFにGPSを搭載したのもいいですね。V3にも欲しいものです。

レンズ名からするとズームレンズも手ブレ補正は非搭載なんですかね?ライカが手ブレ補正にどういう名前を付けるか楽しみだったのですが。

日韓のミラーレス機とあまり変わらない雰囲気。

ちょっと保守的に見えます。

X1・X2のほうがのびのびデザインされていて、
ファッショナブルです。

写真愛好家がターゲットだろうし、
ブラックボディのほうが似合いますね。

パナライカのAPS-Cミラーレス?
それともM8をCMOSで再設計したのかな?だとしたら欲しいですね、レンズの値段次第ではありますが。

これだけで判断できませんが、たしかにビミョーですね。レンズと本体がちぐはくでいきなりサードパーティレンズなのかと思いましが。ライカの23mmは期待ですね。

真鍮削り出しで黒塗装だったら良かったかも…

Mなら黒と銀が同時発売。
でもXシリーズは黒が出てしばらくして銀。
だとすると...
Tは銀が先に出て数ヶ月後に黒が出ると読んだ!

自動車メーカー(アウディ)にデザイン依頼したらしいけど、、、
自社デザインのほうが良かったんじゃないかな。>X2、X-Vario
本当にこのまま出るんだったらブラック仕上待ちですね、自分は。

アルミ削りだしボディなので実機は良いんでしょうけどこの不鮮明な写真だけで見ると最悪ですね。
レンズの製造元には興味があります。

今段階では、なんとも言えない印象です。外見からは「ライカっぽさ」は感じられません。黒ボディを見たら印象が変わるかもしれませんが。
それより、中身ですね。X2と同じ写り、加えてAF性能と動画性能が分かりやすく向上していたら選択肢に入ります。一方で、X2並みの写りが犠牲になっているようならば...。
期待したいような、したくないような(笑)

とても購入できない価格設定でしょうからアレですが、このレンズはパナソニックのOEMッポイですね。鏡筒も金属よりプラを使ってそうだから軽量に仕上がってるように見えるし、マウント付近の焦点距離数字のオレンジがパナの赤に変えたらまんまパナレンズかと^o^/。

Nikon J1にボタンの位置が似ていますね。

っと見ているとレンズまで似通って見えてきます。

もともとNIKKOR1の数字はLeica文字に近いデザインでしたので
なお更です。

レンズがパナソニック製との噂があり、気になります。マイクロではなくて、
フォーサーズの、L1と同時に出たパナライカの
レンズ並に高性能なら興味ありです。

あとは価格が2000ドル以下でありますように。

レンズが小さく感じますね。
(本体が予想より大きいとかでなければ…)

Sonyもこれくらいのレンズ出してくれないかなぁ。

レンズだけ見たら普通にパナ製m4/3レンズの新製品かと思うようなデザインですね。

レンズのデザインがどことなくパナらしいですね。あ、いや、パナがライカらしいのか。
パナソニックブランドで出ることを期待してます。

まるっきりパナソニックのm43用レンズに見える。
高級志向でいくならせめてフォントを別にしてほしかった。

フォントはライカのMマウントレンズと同じだと思いますが・・
パナライカが本家を踏襲しただけでしょう。

まあ、質感はいまいちっぽいですけどね。

無難にシステムを纏めたなという印象です。
レンズはパナソニックっぽく、ボディは没個性的な感じがします。皮ケースも売れるから作ったのではないでしょうか。
個人的にはGM1の方がライカっぽい感じがしますね。

23mm summicronとzoom。メモリーはインターナルで15G持っているようです。書き込みtime lagを意識したのでしょうか?富士の23mmとの直接対決が見ものです。後、panaのsummiluxがわざわざ15mmになったのもこういう事情だったのですね。

普通にXシリーズのデザインでレンズ交換式でよかったのに。
廉価版NEX(α)にしか見えません

Leica rumorsやPhoto rumorsには別な画像がアップされていますね。
ボディカラーにはブラックやイエローもあるようです。
背面は液晶パネルだけでボタン類が見当たりません。タッチ操作がメインなのでしょうか。
EVFは丸型。光学ビューファインダーのイメージを模したようですね。

Photo Rumoesにブラックとイエローの鮮明な画像が掲載されています。
http://photorumors.com/2014/04/23/leica-t-type-701-mirrorless-camera-announcement-tomorrow/

EVFのないNEX-7に見えますね。
案外、Eマウントかもしれません。

Lcamera blogによれば,touch AF採用なのだとか.ダイアルが少ないのが扱いずらいようですね.ISOは3200までノイズレスとのことです.三脚派にとってtouch AFは便利ですよ.Mamiya 7とかレンジファインダー機を使っていると一寸いらいらいたしますから.M8よりは扱いやすいのでしょうか?

自分が贔屓にしているメーカーを持ち上げる訳では無いですが、これなら富士フイルムの方がハイスペックで高級感があると思います。
凡庸なスペックで絞り環がないとなると、このカメラの「売り」はライカのロゴだけですね。

leica rumorsに写真沢山でましたが、
なんか薄型カバーで黄色や赤のカラバリを
演出するみたいですね。

どうやら、ボディに手ぶれ補正機能がないのに、ワイド単焦点レンズはともかく、標準ズームレンズにも手ぶれ補正機能がついてなさそうですね。
さすがにこれではセレブな中年女性にはお薦めしにくいかなぁ・・・
(「買えない」のを「買わない」と発想転換する根拠になるのは間違いない。)

決して安くないカメラでしょうが、他のこのタイプのカメラと同じように見えてしまうのが残念ですね(少なくてもこの画像からでは)。

>>hi-lowさん
マウント何なんでしょうね??
Eマウントだったらそっちの方が衝撃的ですね。
SONYのEマウントレンズ群使えたり、
逆にこのレンズをαシリーズで使えたり。

薄型カバーなのかな?白色いいなぁ。

ボディだけ見たら高級NEX-5?(サイズ的には7?) 富裕層向けでしょうけど、いまさらAPS-Cだと絵的に新しい要素はなさそうな。これがAPS-HでデザインがX1/X2のレンズ交換式版だったら、今年の購入計画が大幅改定確定なんですどね~。

Eマウントボディーはソニーしか作ることが出来ないように制限されていると記憶しています。
APS-Cミラーレスのオープンフォーマットは今だに無いんですよね。

http://vimeo.com/92062924

ここに動画がアップされました。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年9月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

このブログ記事について

このページは、2014年4月23日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「Lytroが新型のライトフィールドカメラ「Lytro Illum」を発表」です。

次のブログ記事は「Leica T type 701 の鮮明な画像とスペックに関する追加情報が掲載」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る