ライカのミラーレスカメラ(Leica T Type701)の新しい画像が掲載

Leica News & Rumors に「Leica T Type 701」の新しいリーク画像(?)が掲載されています。

Another picture of the Leica T type 701 camera

  • この写真は元々はLeica T の最新の記事のコメントに投稿されたもので、既にネット上に出回っている。これは、Leica T とマウントアダプタの組み合わせにツァイスMレンズが装着されているように見える。

 

この画像のカメラは、装着されているレンズは異なっていますが、以前にstevehuffphotoに掲載されていた画像(こちらの記事を参照してください)と同じカメラのようですね。このカメラは、あまりライカらしくないデザインなので、フェイク画像ではないかという声が多かったような気がしますが、本物なのでしょうかね。

leicat_type701_003.jpg

2014年4月 5日 | コメント(32)

コメント(32)

フェイクであって欲しいです。わざわざドイツ製のプレミアム価格のカメラが日本製と同じようなチープなデザインを採用する必然性が無いからです。ライカバッジの為のみに高額を支払える方は流石に、もはやいないと思います。X2のバルナックライカの形か、或いはM型ライカの形になるものと勝手に想像しております。

これは・・・NX2000?

第一印象はなんだかサムスンみたいですね(笑)
ライカのこれを買うなら国産ミラーレスかMライカ買いますね。
ライカモノクロームはスゴく欲しいので、
それくらいの物欲が刺激されるカメラを期待してます。

この画像のレンズは、ツァイスレンズ with マウントアダプター?

正直、がっかり。

M9-P持ちですが....
Mレンズをマウンドアダプターでたまにミラーレスに着けることもありますが、はっきり言ってこれは全然欲しくないですね。デザインと使いやすさによっては買ってもいいかなと考えていましたが、デザイン的にアウトです。
外付けEVFはOlympusのVF4相当が使えるといいと思いますが、この薄くてツルっとしたボディに着けるとシンプルで美しいデザインも何もあったもんじゃないと思います。

レンズはCarl Zeiss Biogon T* 2.8/25mmのシルバーですかね?丸いフードあるんですね。
レンズの大きさからすると、ボディはそれほど小さくはないかな?

フェクであって欲しい。
3000ドルでこのデザインはないな。

レンジファインダーという独自性もなく、
かといって最高性能を誇るブランドでもなく、
このデザインで3000ドルでは結局ユーザーの裾野は広がらないような。
ハッセルブラッドよりはマシですが、根源は変わらないかと。

私も一目みて、samsungに赤バッチかと思いました。もしそうであれば、まぁ、それも時代でしょうか?

これは、かなり前の予想画像がリーク画像だったと受け止められないかのような

これは先日の発表会招待状の画像と合わないので
フェイクかプロトタイプなのでは?
そうであってほしい。

フィルム・ライカ Mシリーズ形状とまでは行かなくとも、もう少し夢のあるデザインになりませんかね、デジタルライカは?
比較して、日本カメラのデザインは国民性のように繊細で優雅ですね。だから世界で売れているのでしょうけれど・・・。

最近デザイン良かったので油断していましたが
本当だったらこれは悪いパターン…
このOEM機種を下回る感じフェイクと信じたいです

プロトタイプにしても、ライカの新製品にツァイスレンズが着いてる時点でフェイクだと感じます…。もしこれが本当だとしたら…ハッセルの次に残念な老舗が増える事になるかと…。

外観がこれだとすると、材質は何だろう?
ライカの革はどれも滑りにくくて持ちやすかったのに、
これはどう見ても樹脂か金属。
安心して持ち歩けるのだろうか?
...でも買ってしまいそう...

20通のコメントほぼ全部が駄目だしですね、私もそう思う。
フェイクならば良いですが。
デジタルカメラと言えどもライカでこれはないのでは?一見、裸の真鍮ボディそのまんまの様。

ライカらしくないデザインと言えばそうですが質感はチープには見えませんね。

金属削り出しから研磨を掛けたような質感ですから結構コストが掛かってるのでは。

薄板プレスではこのような質感にはならないですしマグネシウ合金のダイキャストとも違いますね。

マウント面とボディ前面が面一か段差が有ってもかなり薄く見えます。
(ボディ前面が構造的に強く作ってある感じです)

ボディの剛性が高ければ研磨掛けてつるつるでも指に張り付くので案外持ちやすいかも。

ドイツデザインのポルシェなども伝統を捨てて新しいデザインにした結果、人気が出なくて原点回帰するパターンでしたからこのモデルも短命で終わるかも。

デジカメの場合、マウントが同じならボディデザインは結構自由度が有るので原点回帰し易いですけど。

新しいレンズが付いた状態で見ないとデザイン的にはちょっと判断し難いですね。
個人的にはそんなに悪いとは思いませんが…

ライティングの問題でチタンボディなら買う人多そう。
性能10万、所有する喜びとやらに20万とみた。

チタンボディのコンタックスG1とT2を所持していますが、加工の難しさと強度という意味では意義があるかもしれませんが無垢の金属として美しいとは思いません。チタンは所謂機能性金属だと思います。私が無垢の金属として美しいと思うのは強度は低いですが錫が美しいと思います(酒器や仏具に使われています)。マグネシウム合金の骨格に錫の外装であれば無垢の金属でも美しいと思います。但し、ボディの両サイドにアールをつけるくらいは最低限のアイデンティティとして引き継いで欲しいですね。

化粧箱に入った新品なら高級品に見えるけど、持ち出して傷が付く度に愛着が薄れていく感じのデザインかな。

これは安いコンデジのラインのデザインですね。ライカはX1、X2にしても、もっと物としてしっかり作られてて愛着がわくデザインじゃないですか。そもそもこんなツルツルしたボディでレンズ交換式なんて使いづらそうで、とても買う気になりません。M型のようなデザインである事を願います。

カメラデザインは突き詰めればこの様な形も有るだろうけど、LEICAがやる必要ないですね。もっと趣味性のある宝物の様なデザインを期待します。

ライカにしては悪趣味なデザインですね
所有欲が満たされる感じもしないし、どのユーザー層に向けて作られているのやら・・・
ライカブランドのカメラが30万で手に入るとしても、こんなのを持ち歩く気にはなりませんね
フェイクであることを願います

ライカならこれも許せるって気がします。C/P重視派なので買うことはありえませんが。

GX7によく似ていますね。

これは逆ティーザーではないでしょうか?
あらかじめ期待値を下げておくという。

私としてはコダックのDC4800を洗練させたようなデザインになるのではないかと勝手に想像しています。
http://www.dpreview.com/reviews/kodakdc4800/3

普通にMFTなんじゃないか、これ?
しかしフェイクと断言してたのは単なる希望的観測だったのか・・・

元記事のコメントでも書かれてるけど、アップル製品でおなじみのアルミユニボディのようですね。

地金むき出しなのでライカらしくないですが、皮を張ったら案外ライカらしくなるのかも?

ボディサイドの大きめのrと上下面のエッジは最近のライカデザインと共通ですから最終仕様では貼り皮になるのでは。

私もX2のようなバルナック型が良いですが、この写真は良く見るとMacBook
に似ているような…ジョナサン・アイブが絡んでいたりして。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年9月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

このブログ記事について

このページは、2014年4月 5日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ソニーα7sは新型の12MPフルサイズセンサーを搭載する4K動画機?」です。

次のブログ記事は「パナソニックGH4のサンプル画像・動画が多数掲載」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る