オリンパス・パナソニックからフォトキナまでに登場する新製品はE-PL7とコンパクトカメラ?

43rumors に、オリンパス・パナソニックのフォトキナまでに登場する新製品に関する噂が掲載されています。

What's coming the next months before Photokina: Just compact cameras and one MFT (Olympus E-PL7).

  • これまでに信頼できるソース達から聞いた噂では、フォトキナの前にはE-PL7以外のマイクロフォーサーズ機は登場しないことが示唆されている。パナソニックもオリンパスも、9月のフォトキナに意識を集中しているようだ。

    とはいうものの、両社とも、いくつかのコンパクトカメラを1-2ヶ月以内に発表するだろう。この中に、噂されているオリンパスのTRIP-D(オリンパスの有名なフイルムカメラTrip35のデジタル版)が含まれているかどうかは分からない。

 

オリンパスのTRIP-D は、以前に一度噂が流れて以来続報がありませんが、どうなっているのか気になることろですね。

m4/3機では、E-PMやG、GFシリーズの後継機が当分の間登場しないという噂が流れているので、これまでよりも新製品が登場するペースが少し遅くなるかもしれませんね。とは言え、フォトキナに注力しているということなので、フォトキナでの新製品には期待したいところです。

2014年5月26日 | コメント(7)

コメント(7)

パナソニックのコンデジだとLX7、FZ200の後継機が見たいです。
以前プレスリリースであったマイクロ分光素子がものになったらCCD機の復権もあり?

オリンパスのTRIP35のデジタル版ですか。懐かしいですね。
ペンのフルサイズ版そのものと言って良いカメラで、目測式で確かセレン式露出計がついていました。レンズを囲むように。
どんな、センサーサイズ、造り、デザインで登場するのか楽しみです。

ちなみに、ジャーニーコニカやピッカリコニカは出ないでしょうね…(笑)

昭和元禄と云われた、高度成長期の末期の大阪万博の頃でした…。

Rx100の取扱説明書見る限りカスタマイズの自由度はlumix lxの方が上だと認識。mirrorless rumorsでlx8の第一報が来てますけど、続報が楽しみでございます

カメラカプセルXA-1デジタル版を期待しています。

トリップの名称なら、
ペンの2倍サイズのフォーマットにすると、
良いのかも。
センサーの大きい廉価なコンデジって
新ジャンルになったりして。

少しタメを作ってフォトキナでドカッと発表してきますかね。
それならオリンパスはE-M5後継機でしょう。
E-M1ユーザーですがE-M1に遠慮せず、持てるだけの連写や動体AF性能を注ぎ込んで欲しいです。
このところミラーレスのAF性能向上は目を見張るものがあり、
E-M1でさえスペックではライバルに見劣りします。実践では大変優秀ではありますが。

パナソニックはG7でしょうか。
GX7と同じボディ内手振れ補正と空間認識AFがあれば十分魅力的なモデルになります。

TRIP-Dの噂はSH-1の事だったような気もしますが、実際はどうなんでしょうね。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年3月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

このブログ記事について

このページは、2014年5月26日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「LEICA T シリーズのフルサイズ機が登場する可能性はある?」です。

次のブログ記事は「キヤノンと富士フイルムがミラーレス分野で提携を検討している?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る