LEICA T のサンプル画像が多数掲載

Photography Blog に、LEICA T とVario-Elmaer-T 18-56mm F3.5-5.6による89枚のサンプル画像が掲載されています。

Leica T Sample Images

  • フルレビューに先立って製品版のLeica T とVario-Elmaer-T 18-56mm F3.5-5.6 で撮影した、ISO100-12500までの全てのISO範囲を含む89枚のサンプル画像を公開する。

 

Vario-Elmaer-T 18-56mm F3.5-5.6 は柔らか目で雰囲気のある描写という印象です。標準ズームとしてはボケ味もなかなかよさそうですね。

高感度はISO1600辺りで既にノイズが目立ち、ISO3200でかなりザラついてくるので、国産のAPS-C機と比べると強いとは言えませんが、ディテールがよく残っていて自然な描写なので、これはこれで有りかもしれませんね。

2014年5月 8日 | コメント(7)

コメント(7)

なかなか柔らかくて国産デジタルとは違った良さがありますね。
強いて言えばやはりフジがこれ路線ですかね。
キリッとしたシャープさはありませんが、丁寧な画作りに感じます。
ただやはりもう一息感は拭えませんね。
高感度はこの際どうでもいいとして、あと少しだけ懐の深さを感じる描写が欲しい所でした。

色調、シャープさ、柔らかさ、バリオの描写に似た傾向かと。
これなら引き続きバリオでいいかな。せめてMマウントで
出してもらいたかった。

LEICAブランドマジックかもしれませんが、
国産カメラの画作りとはかなり違いますね。
確かにノイズが多めなんですが、フィルムっぽいのか、
そのノイズがじゃまにならないんですよね。
フジとも違うような気がします。

モノクロ調の写真での暗部の階調が大変良いと思います。おそらくデジタルMライカでモノクロ調写真を撮影するユーザーが多いことを意識した結果だと思います(国産ミラーレスの描画とは相当異なると思います)。但し、CCD機の特徴でもある(DR不足による)色転びが無いのは安心でもあり且つ楽しみが無いことでもあると思います。これなら欧州の旧来からのライカユーザーから描画のついての不満が出ることはなさそうだと思いました。とてもLEICAらしい良い写真だと思います。

良い意味でも悪い意味でも、EPRの写りを思い出しました。

レンズがデジタル補正なのをあまり感じさせないでスッキリとしたところがさすがライカでしょうか。ソニーセンサーですから色は国産でもソニーやニコンなどでRAWで撮れば簡単に同じになりそうですが、JPEGシューターにはデフォルトでこういうコダック調設定なのは便利ですね。フジはまさにフジカラー、ライカはコダック調ですみわけでしょう。

サンプル画像のノイズの多さを見ると、費用対効果があっていると思えないですね。
LEICAブランドでないとこの価格では売れないでしょうね。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年9月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

このブログ記事について

このページは、2014年5月 8日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「キヤノンがフォトキナで3本のTS-E レンズを発表?」です。

次のブログ記事は「ソニーα7Sの感度別と自由作例のサンプルが掲載」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る