ライカがMacro-Elmar-M 90mm f/4を発表

ライカが、Macro-Elmar-M 90mm f/4 と Macro-Adapter-Mを発表しています。また、Summilux-M 28mm f/1.4 ASPH.も展示しています。

Macro-Elmar-M 90mm f/4 (公式サイト)

  • Macro-Elmar-M 90 mm f/4 は、コンパクトな90mm の望遠レンズとして使用することができ、また、Macro-Adapter-Mとの組み合わせで、倍率1:2のマクロ撮影を行うことができる。この組み合わせは、LEICA M Typ240のライブビュー機能を使った、近接撮影に便利なソリューションだ。
  • Macro-Elmar-M 90 mm f/4 は沈胴式で、沈胴の位置を利用することで、Macro-Adapter-M に取り付けた場合でも、アダプターを外すことなく、無限遠から最短(41cm)までの全域にピントが合う。

New Leica Summilux-M 28 mm f/1.4 ASPH. (L・Camera Blog)

  • ライカはライツパーク(ライカの新社屋)のオープニングセレモニーで、Leica Summilux-M 28mm f/1.4 ASPH. をLeica M Edition100の一部として一緒に展示している。

 

ライツパークで開催されたイベントで、ライカがいくつかのレンズや特別仕様のボディなどを発表・展示しています。

Macro-Elmar-M 90mm f/4 は、内側の鏡筒が光沢のある金属製で高級感のある仕上げですね。マクロアダプターを取り付けたまま無限遠までピントが出るので、通常のマクロレンズ並みの使い勝手が期待できそうです。

また、Summilux-M 28mm f/1.4 は、記念モデルである「ライカMエディション100」に含まれているもので、これまでに登場していない新設計のレンズのようです。

2014年5月23日 | コメント(12)

コメント(12)

レンジファインダーのマクロ撮影って、やりにくいと思うけどね。LV必須なら他のカメラでも一緒かも。
ライカらしさってなんでしょうね。

LVが前提でいいなら、ってノリでこのまま200mmとかの望遠玉やズームまで出てきそうな嫌な予感。

銀座でRX100M3の試作機を見てきて、LV前提のコンデジにいくら頑張って内蔵EVFを付けても、ファインダー前提のコンパクトフィルムカメラが持っていた利便性には勝てないんだって認識して帰ってきたところでした。その逆をやって、ファインダーカメラがいくらLV前提の利用法・利便性を推し進めてもミラーレスには勝てないんじゃないか、と。

まあ非常時でも使える一応の利便性ってことで一つ。

ライブビューができないTyp240以前のM型はマクロ撮影ができないってことでしょうか?

ライカレンズは数字フォントが安っぽいのをどうにかして欲しいです
それとオレンジ色も

わあ! いいなあ

小さい マクロよし 写りよし(多分)
三拍子揃った望遠 欲しいですが 高いのでしょうね・・

個人的に沈胴レンズは見直されるべきと思っていましたが
こんな商品を待ってました。

LV機(ライカM・ライカT)だとマクロ撮影が可能で、そうでないレンジファインダー機では中望遠レンズとして使用可能という意味だと思います。TTLでないレンジファインダーでのマクロ撮影は無理なのでしょうか(その為に昔からビゾフレックスがあったのかな)。

オフィシャルに、use with the Live View function of the Leica M
とあるのでLV必須でしょ?

L型ライカには接写アダプタなる、レンジファインダーの距離補正、パララックスを補正するフレームのついた物がありました。
あと、マミヤ6MF用に補正フレーム付きのクローズアップレンズもありましたね。(マミヤ7のは、被写体フレーム付きの有る意味豪快な作りでしたw)

今でこそ一眼レフが極普通にありますが、レンジファインダー時代は本当に大変だったのでしょうね。望遠ともども。

現行マクロエルマーは本当に使いやすいレンズで、あのでかいメガネもM typ240になってからはLVを使ってしまって余り意味がないと思っていましたので、これは非常に興味があります。たしか現行は倍率1:3だったと思いますので、そういう意味でもちょっと心が揺らぎます。

本日、韓国RRAにM Monochrom (Typ 230)が登録されましたね
http://rra.go.kr/board/device/view.jsp?app_no=201417100000106922

>AAさんへ
情報ありがとうございます。記事で紹介させていただきました。

これ、レンズ部分は現行のMacro-Elmar-M 90mm f/4 と同じように見えますのでアダプター(ヘリコイド接写ですね)外すと通常の距離系連動になるのだと思います。現行でもマクロ域だとLV使った方が良いので(ただし、実絞りなので絞るとピント合わせ大変)、この方式が正解と思います。


コメントする

※コメントは承認後に表示されます。初めてコメントされる方はこちらをご一読下さい。
※同じ記事にハンドルを変更しながら投稿された場合は、コメントを削除します。
※記事の内容を無視したコメント、煽り・いやみ・皮肉・感情的なコメントは承認いたしません。

スポンサーリンク

月別アーカイブ

2018年
1月 2月 3月 
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2010年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2009年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
2008年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 

2018年3月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

このブログ記事について

このページは、2014年5月23日 に公開されたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「富士フイルムXF18-135mmは5月26日に発表?」です。

次のブログ記事は「韓国の公的機関RRAのサイトに「LEICA M Monochrom Typ 230」が登録」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

デジカメinfo topに戻る